モバイル(スマホ)用のURLが別に存在する場合にやるべき3つのSEO対策

同一のコンテンツに対して、デスクトップ向けとモバイル(スマートフォン)向けでそれぞれにURLを用意しているウェブサイトにおいて、モバイル対応をどのように行うかを解説します。

モバイルを取り巻くSEOは、当記事が最初に書かれた2014年頃に比べて大きく状況が変わっています。「モバイルSEOとは」「モバイルフレンドリーとは」「AMPとは」「MFI(モバイルファーストインデックス)とは」などの記事もぜひ合わせてご確認ください。

双方のURLの関係性を正しく伝えることが必要

同一コンテンツに対しデスクトップ向けとモバイル向けの異なるURLを持つウェブサイトでは、検索エンジンが正しくクロールし、インデックスできるようにするため、URLの関係性を検索エンジンに正しく伝える必要があります。そのための手順が次の3つです。

  1. デスクトップ向けURLにrel=”alternate”を記述する
  2. モバイル向けURLにrel=”canonical”を記述する
  3. UAに応じた302リダイレクトを設定する

1. デスクトップ向けURLにrel=”alternate”を記述する

まず「このコンテンツに対応するモバイル向けのURLが別に存在すること」を検索エンジンに伝えるため、デスクトップ向けURLに新たに次のHTMLを追記する必要があります。

<link rel=”alternate” media=”only screen and (max-width: 640px)” href=”http://www.example.com/sp/” />

なお、上記のhrefのURLはあくまで仮のものであり、本来であればそのコンテンツに対応するモバイル向けのURLをここに記述する必要があります。

2. モバイル向けURLにrel=”canonical”を記述する

次に「このコンテンツに対応するデスクトップ向けのURLが別に存在すること」を検索エンジンに伝えるため、モバイル向けURLに新たに次のHTMLを追記する必要があります。

<link rel=”canonical” href=”http://www.example.com/” />

上記でも同様に、そのコンテンツに対応するデスクトップ向けのURLをここに記述する必要があります。

3. UAに応じた302リダイレクトを設定する

加えて、デスクトップのユーザにはデスクトップ向けURLを、モバイルのユーザにはモバイル向けURLにそれぞれアクセスしてもらうために、対応するURL同士でユーザエージェント(UA)別に302リダイレクトを設定することが必要です。

具体的には次のとおりです。

  • デスクトップがモバイル向けURLにアクセスした場合は、デスクトップ向けURLに302リダイレクトで転送
  • モバイルがデスクトップ向けURLにアクセスした場合は、モバイル向けURLに302リダイレクトで転送

ただし、Googleのクローラーである”Googlebot”がアクセスした場合には、302リダイレクトを設定しません。UAがGooglebotであるアクセスには、対応するURLのどちらにもアクセスさせ、2つのURLの関係性を適切に認識してもらう必要があります。

参考情報:Googlebotのユーザエージェント(UA)

Mozilla/5.0 (compatible; Googlebot/2.1; +http://www.google.com/bot.html)

引用:Google crawlers – Search Console Help

対応方法まとめ

上記を図にまとめると、次のとおりです。

160229_seohacksnet_8

補足: モバイルファーストインデックス後はモバイル向けURLを正規にするべきか?

上記のcanonicalとalternateの処理については、モバイルファーストインデックスの適用後にも変更する必要はありません。検索エンジン側で適切に解釈されます。

参考: Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA]: モバイル ファースト インデックスに向けてサイトを準備するためのヒント

 

とはいえ、そもそもPC版とモバイル版のURLが別々になっている仕様自体が、上記のような対応が必要になったり、アクセス情報の解析の際に紐付けが必要になったりなど、様々なコストやリスクが生じる割に、得られるメリットが乏しいです。

そのため、基本的に今後新しくサイトを作る・大幅なリニューアルを行う場合はレスポンシブウェブデザインか、URLを変えずにUAに応じてデータを出し分けるようなダイナミックサービングで構築することが望ましいです。

最後に:下記3点を対応するURL間で行うこと

  1. デスクトップ向けURLにrel=”alternate”を記述する
  2. モバイル向けURLにrel=”canonical”を記述する
  3. UAに応じた302リダイレクトを設定する

上記を押さえて、検索エンジンから適切に評価されるモバイルフレンドリーなサイトにしましょう。

参考: URL正規化とは | SEO用語集:意味/解説/SEO効果など [SEO HACKS]

 


◎SEO戦略設計・運用コンサルティング
ナイルのSEOコンサルティングは戦略立案~運用改善~コンテンツ制作まで、コンサルタント・編集者がお客様に伴走し、全体を通して支援します。

ビジネスの成果に繋がるSEO450

経営直下のプロジェクトでSEO改善、昨対比売上71%増を実現した事例《株式会社鎌倉新書》

コンテンツのリライトで検索流入を700%に改善した事例《freee株式会社》

BtoB向けサービスサイトへの自然検索流入を40倍にした事例《ちきゅう株式会社》

SEO事例一覧へ


Webサイトの運用・集客でお困りではありませんか?

デジタルマーケティング全般についてのご相談はこちら

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら