モバイル(スマホ)のURLが別に存在する場合のSEO上の対策は?

同一のコンテンツに対して、デスクトップ向けとモバイル(スマートフォン)向けでそれぞれにURLを用意しているウェブサイトにおいて、モバイル向けにSEO上の施策を行う必要があるかどうかを解説します。

モバイル(スマートフォン)のためだけのSEOは存在しない

スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末のためのURLをデスクトップ向けのURLとは別に用意しているウェブサイトは広く存在しますが、「モバイル向けのSEO」というものは存在しません。なぜなら、モバイルのためだけの検索アルゴリズムが存在しないからです。

デスクトップであれスマートフォンであれ、検索対象となるウェブサイトを集めたデータベースであるインデックスは同じです。したがって、同じコンテンツに対しデスクトップ向けのURLとスマートフォン向けのURLでそれぞれにURLを用意にしている場合にも、モバイル向けのURLにおいて特別な施策が求められることはありません。

双方のURLの関係性を正しく伝えることが必要

ただし、同一コンテンツに対しデスクトップ向けとモバイル向けの異なるURLを持つウェブサイトでは、検索エンジンが正しくクロールし、インデックスできるようにするため、URLの関係性を検索エンジンに正しく伝える必要があります。そのための手順が次の3つです。

  1. デスクトップ向けURLにrel=”alternate”を記述する
  2. モバイル向けURLにrel=”canonical”を記述する
  3. UAに応じた302リダイレクトを設定する

1. デスクトップ向けURLにrel=”alternate”を記述する

まず「このコンテンツに対応するモバイル向けのURLが別に存在すること」を検索エンジンに伝えるため、デスクトップ向けURLに新たに次のHTMLを追記する必要があります。

<link rel=”alternate” media=”only screen and (max-width: 640px)” href=”http://www.example.com/sp/” />

なお、上記のhrefのURLはあくまで仮のものであり、本来であればそのコンテンツに対応するモバイル向けのURLをここに記述する必要があります。

2. モバイル向けURLにrel=”canonical”を記述する

次に「このコンテンツに対応するデスクトップ向けのURLが別に存在すること」を検索エンジンに伝えるため、モバイル向けURLに新たに次のHTMLを追記する必要があります。

<link rel=”canonical” href=”http://www.example.com/” />

上記でも同様に、そのコンテンツに対応するデスクトップ向けのURLをここに記述する必要があります。

3. UAに応じた302リダイレクトを設定する

加えて、デスクトップのユーザにはデスクトップ向けURLを、モバイルのユーザにはモバイル向けURLにそれぞれアクセスしてもらうために、対応するURL同士でユーザエージェント(UA)別に302リダイレクトを設定することが必要です。

具体的には次のとおりです。

  • デスクトップがモバイル向けURLにアクセスした場合は、デスクトップ向けURLに302リダイレクトで転送
  • モバイルがデスクトップ向けURLにアクセスした場合は、モバイル向けURLに302リダイレクトで転送

ただし、Googleのクローラーである”Googlebot”がアクセスした場合には、302リダイレクトを設定しません。UAがGooglebotであるアクセスには、対応するURLのどちらにもアクセスさせ、2つのURLの関係性を適切に認識してもらう必要があります。

参考情報:Googlebotのユーザエージェント(UA)

Mozilla/5.0 (compatible; Googlebot/2.1; +http://www.google.com/bot.html)

引用:Google crawlers – Search Console Help

対応方法まとめ

上記を図にまとめると、次のとおりです。

160229_seohacksnet_8

最後に:下記3点を対応するURL間で行うこと

  1. デスクトップ向けURLにrel=”alternate”を記述する
  2. モバイル向けURLにrel=”canonical”を記述する
  3. UAに応じた302リダイレクトを設定する

上記を押さえて、検索エンジンから適切に評価されるモバイルフレンドリーなサイトにしましょう。

少人数でSEO業務を担当されている方へ

社内外の関係者へ報告するためのレポート作成業務や日々の状況把握に追われ、施策の実行がおろそかになってにいませんか?Refractなら1つの画面で重要なデータを全て把握でき、その上ワンクリックで詳細なレポートを作成することが可能です。

SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中!

ワンクリックでレポート作成可能。SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中、15日間無料でお使い頂けます。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×