日本で使われている検索エンジンの比率

日本国内の検索エンジンではYahoo!とGoogleが大半のシェアを占めるということはほとんどの方がご存じと思いますが、業種や業態によってその比率も異なります。

検索エンジンの種類

日本で使われている代表的な検索エンジンにはGoogleやYahoo!が挙げられますが、他にもMicrosoft社が提供する検索サービスの「Bing」(元Live Search)や、gooやinfoseekなどがあります。しかし実際に使われているのはほとんどがYahoo!とGoogleです。

日本国内の検索エンジンシェア

比較的新しいデータ(2010年4月調査のもの)では下記のようなデータがあります。

検索エンジンの使用状況

参照元:http://www.netratings.co.jp/news_release/2010/05/Newsrelease20100527.html

このデータでは、検索結果のページビュー数で考えるとYahoo!が約57%、Googleが約34%、残りが約9%となっています。

もちろんこのあと2010年12月にYahoo!がGoogle検索エンジンを採用したり、各社サービスや利用者の環境も変化しているため、これはあくまでも当時の参考データとして捉えて下さい。

実際のアクセス解析の検索エンジン別流入状況

実際には全体の平均をとることよりも業種やターゲットとするユーザーによって流入元の検索エンジン比率は全く異なります。

アクセス解析からみる検索エンジン比率

※リスティング広告の流入を含まない、Yahoo!のGoogle導入後の流入データです。

左上:金融商品に関するWEBサイト
左下:飲料水を販売するWEBサイト
右上:SEOに関するWEBサイト
右下:企業向け販促支援サービスに関するWEBサイト

少し小さくて申し訳ありませんが、左側の2サイトについてはYahoo!が約6割以上を占めているのに対し、右側の2サイトについてはGoogleがYahoo!よりも優勢、特に右上のSEOに関するWEBサイトに至っては約7割ものユーザーがGoogleからサイトを訪れています。

このように扱っているコンテンツの種類によっても全く検索エンジンからの比率は異なるのですが、少なくとも現時点ではYahoo!とGoogleは基本的には同一の検索結果が返ってきている状況で、Yahoo!とGoogle以外の検索エンジンシェアについてはどのサイトを見てもおよそ2~4%程度ですので、敢えてその為に個別のSEO施策を講じる必要はないと言って良いでしょう。

ですので今の日本においては、Google検索エンジン向けの最適化のみを行えば95%に対してアプローチの改善が出来るということですので、Google対策をどこまで実践できるかがSEOのカギになります。

少人数でSEO業務を担当されている方へ

社内外の関係者へ報告するためのレポート作成業務や日々の状況把握に追われ、施策の実行がおろそかになってにいませんか?Refractなら1つの画面で重要なデータを全て把握でき、その上ワンクリックで詳細なレポートを作成することが可能です。

SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中!

ワンクリックでレポート作成可能。SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中、15日間無料でお使い頂けます。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×