信頼できるSEO会社と悪質なSEO会社の見極め方!実績と見積もりを要確認

信頼できるSEO会社はどのようなポイントを確認すればいいのでしょうか。悪質な業者も存在するため、信頼して自社のSEOを任せられる会社選びをすることが大切です。この記事ではSEO会社の選び方について詳しく解説します。

要点は以下です。

・SEOは守るべきルールがある。そのルールを知っている会社なのか見極める
・SEOは成果がでるまで時間がかかるケースが多い。長期的な付き合いを視野にいれて、選定をする

「SEO業者選定」のスクリーンショット

ウェブサイトのパフォーマンスの高さが企業の集客率や売り上げに影響を与えるため、SEOは非常に重要なもの。大規模サイトの多くが、SEOによる検索結果の上位表示に力を注いでいます。

なかには、思うようにSEO施策の成果が得られず、頭を悩ませている方もいるのではないでしょうか。SEOのトレンドはどんどん進化しており、準拠すべきルールにもさまざまなものがあります。そうしたSEOの知見を得るためには、自社でSEO担当者を育成するか、SEO会社にサポートしてもらうかの二択となるでしょう。しかし、SEO初心者がインターネットや書籍などでSEO対策について調べても、その正誤や、自社のSEO対策に取り入れるべき施策などをすぐに見極めるのは難しいものです。

そこで、SEO対策に成功している多くの企業が、SEOの専門家としてサポートしてくれるSEO会社と契約を結び、さまざまな施策を講じています。SEOはある程度の期間をかけて施策を継続することで成果を得られるケースがほとんどですから、SEO会社とも中長期的な契約を結ぶ場合が多くなります。ただし、なかには悪質な業者も存在するため、信頼して自社のSEOを任せられる会社選びをすることが大切です。

SEOとは「検索エンジン最適化」のこと

SEOとは、”Search Engine Optimization”の略で、日本語では「検索エンジン最適化」と呼ばれています。特定のキーワードの検索結果に表示される、自社サイトなどの上位表示を目指すというものです。

SEOは、日本国内の検索エンジンのなかでも圧倒的なシェア率を誇る、Googleのアルゴリズムに準拠した手法で実施されています。Yahoo!の場合も、採用されているアルゴリズムはGoogleのものとなっています。

Googleは「ウェブマスター向けガイドライン」や「検索エンジン最適化スターターガイド」といったガイドラインを公開しており、SEOではこのルールに沿った施策を講じていくのです。

冒頭でも触れたように、SEO会社はSEOの専門家として、Googleのガイドラインに準拠したサイト設計にするための施策を教示してくれたり、実際に施策を講じてくれたりします。SEOのガイドラインは内容のボリュームが膨大な上、ある程度の知見がなければ適切な施策に移すことが難しい部分もあるため、SEOの専門家である業者に頼る企業は多いのです。

SEOについてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

SEOとは?SEO対策を仕組み、技術対策、コンテンツまで徹底解説!

SEO会社選びで注目すべき3つのポイント

数多く存在するSEO会社ですが、当然良い業者もあれば、費用だけかかって成果が得られなかったり、Googleからペナルティを受けるリスクが高い施策を講じたりする悪い業者もあります。SEO会社選びで最低限注目すべき3つのポイントを見ていきましょう。原稿20

どんな実績があるのか

どんなサービスを利用する場合にも共通していえることですが、実績の豊富な会社を選ぶことは非常に大切です。SEO会社の場合、実績があればどこでも良いわけではなく、SEOを依頼したいウェブサイトと同じ業種やジャンルで実績があるところを選ぶ必要があります。

具体的な施策を打ち出しているか

SEOを行うにあたって、具体的な施策について明記されているかどうかもチェックしてみましょう。施策内容が不明瞭で、抽象的な内容ばかりの場合、信頼できない業者である可能性が高いため要注意です。

また、「SEOは簡単」「Googleをだます」といった文言でアピールしている会社も避けたほうがいいでしょう。SEOはある程度の期間をかけて地道なサイト改修を行うケースが多く、短期間で簡単に成果を得られるものではないからです。

見積もり内容に納得できるか

契約を結ぶ前に見積もりを出してもらい、その内容に納得できるかどうかも重要です。見積もりに金額のみ記載されている場合、実際にどんな施策を行うのかを確認しておきましょう。

それでは、以上3つのチェックポイントについて、良いSEO会社か悪質なSEO会社か見極めるためには具体的にどのような点を確認すべきか、より詳しく見ていきましょう。

1.どんな実績があるのか

SEO会社の実績を確認する際は、どのような点に注目すべきなのでしょうか。

信頼できるSEO会社の場合

「信頼できるSEO会社」のスクリーンショット

・実績ページが充実している

まずはSEO会社のサイトへ行き、これまでのSEOの実績がどれくらいあるのかを確認しましょう。多くのSEO会社が、コンサルを実施してきた企業名などの実績を公開しています。実績数が多いかどうかもポイントです。少数しか載せていない場合、たまたま成功した事例だけを公開している可能性もあります。

特に信頼できるのは、コンサル担当者とクライアントの顔写真や、アクセス推移といった具体的な数字を、事例ページで公開しているSEO会社です。クライアントと良好な関係を築けていることがわかります。

・自社サイトの業種で実績がある

実績が豊富なSEO会社はそれなりに存在しますが、自社サイトの業種で実績があるかどうかも重要です。目的の業種やジャンルでSEOの成果を得るためにも、業界の知識および実績を持つSEO会社を選ぶことをおすすめします。

<悪質なSEO会社の可能性がある場合

・実績が公開されていない

「クライアントは機密上公開できない」としているSEO会社は、信頼できる要素が極端に少なくなってしまうためおすすめできません。

また、実績を公開していたとしても、知っている会社がまったくないという場合も避けるべきでしょう。

SEOサービスに特化した会社なら、一定以上の知名度のある企業やウェブサイトのSEOを担当した実績があるはずです。同業界の会社や知っている企業を担当した事例があるだけでも、ひとつの安心材料となります。

2.具体的な施策を打ち出しているか

SEO会社の提供する施策内容も、信頼できる会社かどうか判断するためのポイントとなります。

信頼できるSEO会社の場合

"anaylytics"の検索エッカのスクリーンショット

・実際の施策内容を詳しく提示している

SEO会社は通常、SEO対策をするにあたって最初にサイトの調査を行います。この内容について、具体的にどのようなことを行うのか質問をしてみることもおすすめです。このサイト調査は、「内部要因分析」や「内部調査」などと表現されます。SEOを専門としている会社であれば、具体的な施策内容を教えてくれるはずです。

ほかにも、SEO会社の提供するサービスには次のようなものがあります。より詳しく実際の施策内容を提示している会社は信頼できるといえるでしょう。

  • 対策ページのHTML編集
  • SEOライティングの提供
  • サイト全体や対策ページのコンサルティング
  • 被リンク設定 など

SEO会社によって、提供するサービスもさまざまです。そのため、まずはSEO会社との初回相談などを通して、SEOを実施したいサイトでどのような施策が必要かを提案してくれる会社を選ぶことが大切です。

<悪質なSEO会社の可能性がある場合

悪いSEO会社のイメージ図

・古い手法のSEOを実施している

SEO会社は、日々進化するSEOのトレンドやGoogleのアルゴリズムに関する研究を重ねて、施策内容をアップデートさせています。しかし悪質なSEO会社の場合、内部対策を実施するといっても、現在のGoogleには通用しない古い手法を用いるケースもあります。特に、SEOコンサルティングを専門としない制作会社やサーバー会社などは、どうしてもSEOの分野の情報のキャッチアップが遅れてしまう傾向がある印象です。最新情報をどのように追っているのかは確認するようにしましょう。

・Googleガイドラインに準拠していない

SEOではペナルティを受けずに確実に成果を得るためにも、Googleのガイドラインに準拠した手法を実施することが求められます。そのため、「Google準拠」や「ユーザビリティ、コンテンツの質が重要」といった表記のみで、具体的な施策内容を示していない会社には注意が必要です。

「外部リンクの実施」や「アンカーテキスト完全一致」など、Googleからペナルティを受けるリスクが高い施策を打ち出す会社も避けるべきでしょう。

・説明がわかりにくい

専門的な表現や抽象的な言葉だけで説明しているSEO会社は、契約後のコミュニケーションでも苦労する可能性が高いです。わからない点があれば、踏み込んで質問してみましょう。それでも不安な面が残ったり、内容が理解できなかったりする場合は、契約は避けたほうがいいかもしれません。

3.見積もり内容に納得できるか

見積もりを出してもらったら、契約期間や施策内容に対する費用がすべて明確に記載されているかどうかを必ず確認しましょう。

信頼できるSEO会社の場合

・費用が明確に提示されている

SEO会社のなかには、サービス内容に見合わない高額な料金を請求する悪質な会社も少なからずあります。見積もりでは、具体的に何をするからその料金になるのかが明記されていることが大切です。費用の部分が「コンサル費用」のみとなっているなど、不明瞭な場合は明細を出してもらいましょう。

・契約期間や料金体系について記載されている

契約期間に対する料金設定や料金体系は、SEO会社によって異なります。「途中解約すると違約金が発生する」というケースや「初期費用が必要」といった場合もあるため、確認漏れがないようにしましょう。

<悪質なSEO会社の可能性がある場合

・「外部施策費用」や「外部リンク費用」の記載がある

現在のSEO対策は、自社サイトに対して実施する「内部施策」の手法をとるパターンが多いです。

一方、見積もりに「外部施策費用」や「外部リンク費用」などの施策内容が記載されている場合は、詳細を確認することをおすすめします。これは、Googleが禁止している「有料リンク」の施策を実施しようとしている可能性があり、ペナルティを受けるリスクが非常に高いためです。もちろん、正当な手法である「自然リンク」を獲得するための施策であれば問題ありません。

SEO会社選びで失敗しないために

ここまで解説してきたように、SEO会社選びで失敗しないためには、「実績・施策内容・費用」の3点をよく確認し、いくつかの会社を比較検討することが大切です。信頼できる会社からのサポートできちんとSEOの成果を得るためにも、料金の安さや評判だけで決めてしまわないようにしましょう。

初回相談を無料としているSEO会社がほとんどですから、具体的な施策内容や費用について、一度詳しく話を聞いてみることをおすすめします。

関連記事

Webサイトの運用・集客でお困りではありませんか?

デジタルマーケティング全般についてのご相談はこちら

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら