【SEO×UX】UX最優先がベストなマーケティングとは限らない、他 (Web担当者Forum掲載)

【SEO×UX】UX最優先がベストなマーケティングとは限らない、他 (Web担当者Forum掲載)
画像引用:UX最優先がベストなマーケティングとは限らない/SEO土居氏×UX枌谷氏(前編) | Web担当者Forum

はじめに

こんにちは、ナイルでSEOマネージャーをやっている渡邉です。公開から少し時間は経ってしまいましたが、先日弊社役員の土居と、弊社UX戦略顧問であり株式会社ベイジ代表の枌谷氏による「SEO×UX」の対談が、3回に渡ってWeb担当者Forumに掲載されました。

「SEOではユーザーにとって役立つコンテンツを作っていかないといけない」という考え方が当たり前のものとなったものの「じゃあ実際ユーザーにとって役立つコンテンツってどうやって作ればいいの?」とお悩みの方や、今後スマートフォンを主要(Primary)な評価とするモバイルファーストインデックスが今後導入されることで「スマホ優先のSEOって何をどこまで対応すればいいの?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

今回の3段に渡る対談では、

  • 第1弾:SEOとUXの関係をどう捉えるか
  • 第2弾:リニューアルの際にSEOやUXで失敗しないためには
  • 第3弾:Web担当者に求められる知識や行動とは

といったテーマを掲げ、これからのSEOやWebサイト運用のあるべき取り組みについてそれぞれお話しておりますので、ぜひ上記のようなことでお悩みの方には読んで頂きたいです。

第1弾:UX最優先がベストなマーケティングとは限らない/SEO土居氏×UX枌谷氏(前編)

▼記事本文

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2017/07/11/26175

▼記事見出し

  • SEOの「検索体験」もUXのひとつ
  • 「ベストなUX = ベストなマーケティング手法」ではない
  • UXのトレンドは「表面的なデザインから構造としてのデザインへ」
  • SEOのトレンドは「モバイル」

この記事ではSEOにおける「検索体験」を考える上でもUXの考え方が欠かせないものではあるが、ベストなUXを突き詰めてユーザーサイドに偏り過ぎることが必ずしも企業のマーケティング活動においてベストな選択というわけではないということ、またそれぞれのトレンドとして「UX=表面的なデザインではなく構造的なデザインへ」、「SEOにおいてはモバイルを無視することはできない」ということについて語っています。

第2弾:なぜSEO、UXを考えないとサイトリニューアルは失敗するのか?/SEO土居氏×UX枌谷氏(中編)

▼記事本文

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2017/07/13/26126

▼記事見出し

  • まだまだ見た目で判断する会社が多い
  • 検索意図に応えられなければ顧客との接点は生まれない
  • お客様の「やりたい」から本来の目的を導き出す
  • 手段が目的になっているケースも多い
  • SEOは小手先のことをやっても変わらない
  • マーケティングの基本は誰も教えてくれない

こちらの記事では、SEOやWeb制作でクライアント企業様から日々相談を頂く立場として、実際によくある問い合わせの中でもまだまだ見た目の情報で判断して上手く行っていないケースが多いことや、クライアント様の成果を出すために小手先の手法論ではなく、本来クライアント様が求めているゴールから逆算してその実現のために依頼される立場としてどういった考えをもっているのかについて語っています。

第3弾:UX、SEO、Webも良い発注先を見つけるには、業界の仲間を作れ!/土居氏×枌谷氏(後編)

▼記事本文

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2017/07/18/26127

▼記事見出し

  • Web担当者はイベントに足を運ぼう
  • イベントに参加して慣れてきたら、懇親会に参加する
  • インプットして、アウトプットを繰り返すことで使える知識となる
  • お客様には「本業」のビジネスに専念していただきたいが、丸投げされては困る
  • 土居氏からWeb担当者に「SEO」に関するアドバイス
  • 枌谷氏からWeb担当者に「UX」と「Web制作」に関するアドバイス

最後の記事では、Web担当者が正しい取り組みを学んだり、信頼できるパートナーを探す際にイベントや勉強会、SNSをどのように活用するのが良いのかといった情報のキャッチアップの仕方やコミュニケーションの取り方、依頼される立場として「依頼主であるお客様にもって頂きたい考えや姿勢」についてお話しております。

まとめ:これからのSEOの取り組みとは

以上、3弾に渡ってナイルとベイジの考えるSEOやWebサイト制作の取り組みについての対談した記事の紹介でした。これらの記事が今後Webサイトを運営していく上でのヒントや、取り組みを改めるきっかけとなるとうれしいです。

▼参照

もっと詳しいナイルのSEOの考え方や取り組みについて知りたい方はこちらの記事を読んで見て下さい。

SEO=「ユーザーにとって役に立つコンテンツを作る」に対する違和感

終わりに:マーケター、ディレクター募集!

ナイルではこれまで培ってきたSEOの技術力と、コンテンツの企画/編集力を活かした企業のWebサイト支援を行っております。クライアント様からのご相談内容は「SEO」や「コンテンツマーケティング」などが入り口となることが多いですが、実際にお取り組みを進めると、クライアント様の抱えている悩みはSEOやコンテンツマーケティングの施策の云々ではなく、ビジネス自体をどうやって大きくしていくのか、ユーザーにどうやって価値を届けるのかといったより根幹にあるケースとても多いです。

そういったクライアント様の課題を解決するには、SEOやWebの手法論に留まらない幅広いマーケティングの視点や、実際にプロジェクトを回せるディレクション能力が必要になってきます。そういった知識やご経験を活かしてみたい方、ナイルの考え方や取り組みに共感して下さった方、本質的なWebマーケティングに取り組んで行きたい方など、より良い事業を一緒に作っていって下さる方を募集しておりますので、ぜひこちらの求人をご覧下さい。

この内容に関連する
無料のeBookがあります

コンテンツマーケティング基礎

コンテンツマーケティング基礎

無料のメルマガを
配信しています

実務に役立つ情報を無料のメルマガで配信しています。ぜひご登録ください。

著者紹介

渡邉 慎平(わたなべ しんぺい)
渡邉 慎平(わたなべ しんぺい) ユニットマネージャー(SEO・サイト運用コンサルティング)

慶應義塾大学卒。技術論だけでなくユーザー目線のコンサルティングに定評があり、これまでに150サイト以上のSEO設計や運用改善を手掛ける。SEO HACKSでの執筆やセミナー実施、各種メディアへの寄稿や他社との共催セミナーなど、コンサルティング以外にも幅広く活動している。コンサルティング事例に、グリー株式会社や住友商事株式会社がある。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

関連記事

サイト内検索

SEOニュースでお困りの際にはぜひお気軽にご相談ください

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×