SEOでは文字数の多い長文コンテンツが有利ですか?

更新日: 公開日:
SEOでは文字数の多い長文コンテンツが有利ですか?

SEOというと、コンテンツの文字数は多ければ多いほどいいというイメージがある方も多いでしょう。実際のところはどうなのでしょうか。

結論からいうと、文字数そのものが検索順位に影響を与えることはありません。文字数が多いと検索順位が上位に表示される傾向はありますが、文字数が与えるのはあくまで間接的な影響です。この点を誤解すると、「とにかく文字数を増やせばいい」という間違ったSEO対策をしてしまい、場合によっては検索エンジンからの評価が下があることもあります。

文字数をただ増やしても効果はない

では、SEO観点では文字数をどのように捉え、どういった点を意識する必要があるのでしょうか。これまでのSEOの歴史における文字数の重要性の変化と共に説明します。


◎SEO戦略設計・運用コンサルティング
ナイルのSEOコンサルティングは戦略立案~運用改善~コンテンツ制作まで、コンサルタント・編集者がお客様に伴走し、全体を通して支援します。

ビジネスの成果に繋がるSEO450


Googleは文字数とランキングの関係を否定している

文字数は順位に関係ない

 

文字数が検索順位に与える影響について、Googleはどのように表明しているのでしょうか。

文字数とコンテンツの評価の関係については、Googleのジョン・ミューラー氏が「無関係」だと、2016年にウェブマスターハングアウトでのやり取りで言及しています。ミューラー氏は、次のように述べています。

例えば、100語に満たなければダメで、100語から500語程度ならよくて、500語以上でさらによいというアルゴリズムはない

つまり、文字数が多いからといってGoogleはそのページを高く評価するわけではないということです。この回答はSEOの専門家に大きな衝撃を与えました。それまでは文字数が多ければ多いほどSEO的に有利だと思われていましたし、そのために1万字も2万字も書いた記事があふれかえっていたからです。

文字数と情報の網羅性の関係で順位が上がることがある

情報の網羅性が評価されることはある

しかし、実際に検索上位に表示されるページをチェックしてみると、文字数が多いページのほうがより上位に表示される傾向があるようにも思えます。これはどういうことなのでしょうか。実はここに冒頭で述べた「間接的な影響」が表れているのです。

Googleは文字数ではなく、コンテンツの内容を見て品質を評価します。そして高い品質のものを上位に表示します。「品質が高い」というのは、ユーザーの知りたい情報を網羅していて、読んだ人が理解しやすいように丁寧な解説がなされているということです。ユーザーが求める情報がすべて網羅されている高品質なコンテンツは、結果的に文字数も増える傾向があります。ミューラー氏が言うように文字数が多いから評価されるわけではありませんが、Googleが評価するようなコンテンツは結果として文字数が多くなるのです。

つまり、文字数を増やすことを目的にしてはいけないということです。例えば、コピペで文字数を稼いだとしても、Googleのロボットには見抜かれてしまいます。また、テーマによっても適切な文字数があることには注意しなければいけません。重要なのは「品質が高い」ことであり、文字数が多いことではないのです。シンプルに説明できるキーワードについてだらだらと長文で解説するページは、むしろ低品質だといえます。テーマに応じた適切な文字数を意識することが大切です。

長文なだけで評価されたのは昔の話

文字数がとにかく多いだけのコンテンツも世の中にはまだまだたくさんあります。それらは文字数が多ければ上位表示されやすいと思われていた時代の遺物です。低品質で文字数が多くても意味がないことはこれまでに述べてきた通りですが、文字数が多いことが評価されていた時期があったのもまた事実です。

2016年頃までのGoogle検索では、内容だけでなく長文であることが評価され、上位に表示されやすい傾向が確かにありました。上位のウェブサイトはどれも文字数が多く、長いもので1万字を超えるようなコンテンツも珍しくありませんでした。

こうした流れに終止符を打ったのが、Googleが立て続けに行った「パンダアップデート」や「ペンギンアップデート」と呼ばれるコアアルゴリズムアップデートです。

②アルゴリズムアップデート

パンダアップデートは2011年に実施されたアップデートです。低品質なコンテンツを検索結果から除外する目的で行われ、多くのウェブサイトが影響を受けました。パンダアップデート以前は、薄い内容にも関わらずドメイン評価の高さやウェブサイトの規模の大きさが理由で、上位に表示されているページが多く見られました。パンダアップデートでそうしたウェブサイトは一斉に姿を消すことになりました。

そして2012年頃から2016年頃にかけて継続的に実施されたペンギンアップデートでは、外部から意図的に被リンクを調達するなど、過剰なSEO対策を施したウェブサイトの評価を下げる措置が主に行われました。

これら2つのコアアルゴリズムアップデートにより、低品質でガイドラインに違反したウェブサイトは検索結果から排除され、高品質なコンテンツを提供するウェブサイトが真っ当に評価される時代がやってきたのです。

検索エンジンに評価されるコンテンツの要素

検索エンジンに評価されるコンテンツの要素は大きくわけて3つあります。

評価されるコンテンツの要素は、適切な文字数、信頼性の高いコンテンツ、検索エンジンに最適化されたサイト構造

①適切な文字数

適切な文字数とはそのコンテンツが狙うキーワードによって異なります。

ここで実際にキーワードを検索して検索上位結果のページを見てみましょう。下の画像はこの記事の作成時(2018年2月22日)に「SEO」とGoogleで検索して、その上位結果を抜粋したものです。

「SEO」の検索結果

1ページ目の検索結果の内容を見てみると、コンテンツの平均文字数は1万字を越えています。これは「SEO」というキーワードが抽象的であり、ユーザーの検索ニーズが多様であるためだと考えられます。

例えば、SEOという言葉の意味を知りたいユーザーもいれば、SEOの施策を学びたいユーザーもいます。また、企業のマーケティング担当者がSEOを外部に委託しようとして検索してるかもしれません。

このように「SEO」というキーワードの検索ニーズが多様であるため、その検索ニーズをすべてカバーしようとした網羅的なコンテンツが評価されていると想定されます。

実際に「SEO」の検索結果で1位(2018/03/14時点)に表示されている本サイトのエントリーでは、SEOの目的からSEOの簡単な歴史、SEOによって得られる成果や検索エンジンについてまで幅広く触れられています。

記事執筆時の検索結果7位までは、SEOの基礎に触れつつ具体的な施策の内容を示すなど、同様に幅広い情報を取り扱っていました。ここから「SEO」というキーワードでは検索ニーズが幅広く、網羅的なコンテンツがGoogleに評価されていると想定されます。

では、次にSEOと内部リンクを組み合わせて「SEO 内部リンク」と検索してみましょう。以下の画像が検索結果です。

「SEO 内部リンク」の検索結果

 

先程の検索語「SEO」にはサイト内部に関する施策だけでなくサイト外部の施策もSEOの言葉の意味など多様なニーズを含んでいます。

一方、「SEO 内部リンク」はSEOの中でも内部リンクのSEOへの影響や効果について知りたいという具体的な検索意図があると想定されます。

実際に検索結果を見てみると、主に実際の内部リンク設計の事例や改善方法といった内容の記事が上位表示されていて、検索結果上位の平均文字数は3,000字後半となっています。「SEO」の検索結果の記事内容と比較すると、具体的な施策の説明などが多い傾向です。

以上から、検索するキーワードの抽象度合いでユーザーのニーズは違うことが分かります。そして、ユーザーのニーズが違えば、評価されるコンテンツの内容や文字数も異なります。したがって、キーワードのニーズに応える情報量・文字数でコンテンツを作成することが重要です。

抽象度と文字数の関係

②信頼性の高いコンテンツ

専門性の高い記事やユーザーの検索意図にあったコンテンツはGoogleの検索エンジンから高く評価されます。実際に、昨年12月には信憑性が高く充実した情報がより評価されるような検索アップデートが行われました。以下がアップデートを発表したGoogleの公式ブログの抜粋となっています。

Google では、今週、日本語検索におけるページの評価方法をアップデートしました。この変更は、医療や健康に関する検索結果の改善を意図したもので、例えば医療従事者や専門家、医療機関等から提供されるような、より信頼性が高く有益な情報が上位に表示されやすくなります。”
参考:Googleウェブマスター向け公式ブログ 「医療や健康に関連する検索結果の改善について」

今回のアップデートでは対象が医療系のキーワードでしたが、今後は対象を広げて検索の改善に取り組むと宣言しています。

そのため、Googleが信頼性が高い情報を評価するという方針は、他のキーワードに関しても変わらないはずなので、ユーザーの検索意図にあった信頼できるコンテンツを提供するという視点は不可欠です。

③検索エンジンに最適化されたサイト構造

①サイト構造

コンテンツの質や量だけでなく、サイトの構造も検索結果を決める上で大切な要素です。

例えば、内部リンクがサイトの構造やページ毎の意味と情報を適切に伝える設計になっていれば、同じコンテンツでも検索エンジンがコンテンツが更新されたことを早く認識したり、コンテンツの内容を把握しやすくしたりします。

一方、いくらユーザーの検索ニーズに合ったコンテンツでも、技術的な要件が検索エンジンに最適化されていなければ検索上位を獲得する難易度は上がります。コンテンツの質とサイト構造などの内部施策、どちらが欠けてもSEOのパフォーマンスは最大化されないため、どちらもしっかり取り組む必要があります

以下では、内部リンク設計と内部SEO対策のチェックリストについてまとめられた記事です。これらについてより知りたい方はぜひご覧ください。

SEOで本当によく見る”もったいない”内部リンク設計

内部SEOの対策のためのチェックリスト

まとめ

文字数が多いコンテンツを作成すれば検索結果の上位を獲得できるわけではありません。コンテンツを作るときには、

・検索結果からユーザーの検索意図を想定している

・その意図に沿ったコンテンツを、根拠を持って十分に説明している

・コンテンツが評価させるようにサイト全体の技術要件を整える

の3点に注意することが重要です。

 

ナイルでは、ビジネスの課題を踏まえた上で、コンテンツ企画制作を行っています。

もし、自社だけでやっていくことに限界を感じていたり、第三者からの意見を聞いてみたいなどのご要望がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

ナイルのコンテンツ企画制作・取材のご紹介

 

SEO対策の全体像、検索エンジンの仕組みをより詳しく学びたい方はこちらの記事もご覧ください。
SEOとは?1,500社を見て分かった効果が出る10個のSEO対策を分かりやすく解説

 


◎コンテンツマーケティング戦略・運用支援
ナイルのコンテンツマーケティング支援は、ユーザーを起点に考えWebサイト全体のコンテンツ戦略の設計を行います。マーケティング・SEO・編集者の専門家集団だからこそ、ビジネスの成果につながる戦略立案からコンテンツの制作まで行います。

マーケティング、SEO、コンテンツの専門家集団だから450

経営直下のプロジェクトでSEO改善、昨対比売上71%増を実現した事例《株式会社鎌倉新書》

コンテンツのリライトで検索流入を700%に改善した事例《freee株式会社》

BtoB向けサービスサイトへの自然検索流入を40倍にした事例《ちきゅう株式会社》

コンテンツマーケティング事例一覧へ


サイト内検索

Webサイトの運用・集客でお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら