2021~2022年末年始のSEOニュース

更新日:
SEO
2021~2022年末年始のSEOニュース

こんにちは!ナイル株式会社の青木です。

本日は「2021~2022年末年始のSEOニュース」をお届けします!

※トピックは初級者~中級者くらいの方向けを想定して紹介します。

なお、本企画は取り上げるページを実際に読んでいただくことを想定しております。簡単なひとことコメントとお役立ち度(収集部隊の主観です)を参考に、該当ページを読んでみてください。

最新のSEOについて知りたい方はこちら

前回のニュース(2021年12月17日収集分)はこちらから

【Google・Yahoo!】

2021 年 Google 検索ランキング

https://japan.googleblog.com/2021/12/2021-google.html

毎年恒例のニュースです。

トレンドになったこともあり、ご存知の話が多いかと思いますが、「都道府県別 Google 検索急上昇ランキング」などは新しい気付きも多いと思います。

 

ヤフーにおける自然言語処理モデルBERTの利用 - Yahoo! JAPAN Tech Blog

https://techblog.yahoo.co.jp/entry/2021122030233811/

BERTって聞いたことあるけど、実際にどんな感じで活用されているんだろう?という方におすすめの記事です。

専門的な内容ですがわかりやすく解説されているので、興味のある方はぜひ!

【MOZ】

2022 Local SEO Success: The Year of Everywhere - Moz

※筆者訳:2022年 ローカルSEOの成功。あらゆる場所に対応するべき年。

https://moz.com/blog/2022-local-seo-success

基本的なトピックが中心ですが、レビューに関しての記述は参考になります。

単にレビューの数や点数だけを気にするのではなく、それらのレビューの感情の傾向を分析せよ。 というのは私も実践してみようと思います。

 

Hit Me With Your Best Blogs: The Top 25 Moz Blogs of 2021 - Moz

※筆者訳:2021年のMozブログランキングトップ25

https://moz.com/blog/top-25-moz-blogs-2021

2021年のMOZのPV数の多いTOP25の記事の紹介です。

どの記事もSEOに取り組む上で参考になる記事です。

私は特に2位の「The Definitive Guide to JavaScript SEO (2021 Edition)」

をよく読んでました。

【Search Engine Journal】

Google December Product Reviews Update Affects More Than English Language Sites?

※筆者訳:Google 12月のプロダクトレビューアップデート、英語サイト以外にも影響したか?

https://www.searchenginejournal.com/google-december-product-reviews-update-languages/431196/

結論としては、影響したか明言はされませんでした。

ただ、これまでの流れを考えると、英語以外の言語にも適用されるのは時間の問題だと思います。

https://developers.google.com/search/blog/2021/04/product-reviews-update

2022年も、このヘルプを参考にレビューを磨いていきましょう。

 

Author Archive Pages And E-A-T

※筆者訳:著者アーカイブページとE-A-T(E-E-A-T)に関して

https://www.searchenginejournal.com/author-archive-pages-and-e-a-t/431677/

要点は以下の2つです。

  • E-A-Tを得点化するような指標(E-A-Tスコア)を、Googleはもっていない。
  • 著者アーカイブページ(該当の著者の記事一覧ページ)をnoindexするかどうかは、「その著者の名前で検索されるか?」「サイトにとって重要か?」という点を中心に考えるとよい。

著者情報や、関連する一覧ページは重要!絶対につくるべき!と盲信するのではなく、ユーザーに「安心感」「納得感」を与える形での実装をおすすめします。

例えば、著名な方であれば、名前だけでも価値があると思うのですが、そうでない場合に関しては「この人のどこがすごくて、この記事を書いているor監修しているのか」などの、工夫がいると個人的には思います。

2022年は著者情報を載せる!だけで止まらずに、どのように著者情報を見せて、どんな風に感じてもらうか?というところまで、意識していきましょう。

元々は、「E-A-T」の3要素でしたが、2022年以降、経験の「Experience」が追加された「E-E-A-T」が新たな評価基準となりました。

【Search Engine Land】

PPC 2021 in review: Privacy and automation force advertisers to adapt

※筆者訳:PPC 2021年の振り返り。プライバシーと自動化により、広告主は適応を迫られる

https://searchengineland.com/ppc-2021-in-review-privacy-and-automation-force-advertisers-to-adapt-377960

 

SEO 2021 in review: Endless updates, title rewrites, GMB becomes GBP and more

※筆者訳:SEO2021年の振り返り。終わりのないアップデート、タイトル書き換え、Googleマイビジネスが

Googleビジネスプロフィールになるなど

https://searchengineland.com/seo-2021-year-in-review-endless-updates-title-rewrites-gmb-becomes-gbp-and-more-377444

 

Google algorithm updates 2021 in review: Core updates, product reviews, page experience and beyond

※筆者訳:2021年のGoogleアルゴリズムアップデートを振り返る。コアアップデート、製品レビュー、ページエクスペリエンスとさらにその先へ

https://searchengineland.com/google-algorithm-updates-2021-in-review-core-updates-product-reviews-page-experience-and-beyond-378017

 

ということで、Search Engine Landの2021年振り返り3部作です。

忙しい方はこれらの記事だけでも読んでいただき、現在どのような潮流なのか把握されることをおすすめします。

【Search Engine Roundtable】

Advice: Don't Migrate Domains & Drop Google AMP The Same Time

※筆者訳:ドメイン移行とGoogle AMPの廃止を同時に行うべきではない

https://www.seroundtable.com/migrate-domains-remove-google-amp-seo-32696.html

同時に進めてしまうと、検索エンジンが混乱する可能性があるそうです。

トップニュースへの表示にAMPが必須条件でなくなったことから、廃止を検討している方もいると思いますが、注意しましょう。

【順位変動】

https://ja.semrush.com/sensor/?category=&db=MOBILE-JP

年末年始もそれなりに順位変動はありました。

お正月は行動パターンが大きく変わることもあり、特にToBなどは順位変動に気づきにくいため、落ち着いたタイミングで影響を確認してみてはいかがでしょうか?

-----

年末年始は流石に、大きなアップデートの公表などはありませんでした。

 

2022年もたくさんの変化がある年だと思いますので、可能な限りニュースを皆さんにお届けできればと思います。

 

本年もよろしくお願いします。

最後に

みなさまのSEO施策にお役に立てるように、今後もSEOニュースまとめを平日数回更新する予定です。

また、SEO情報やセミナー情報などを配信している無料メールマガジンもご用意しておりますので、よろしければご登録ください。

前回のニュース(2021年12月17日収集分)はこちらから

また、ナイルではSEO内製化にも役立つ、「お役立ち資料」を公開しております。

今後も種類を増やしていきますので、よろしければご覧になって下さい。

集客・コンバージョン数を増やしたい方へ

ナイルのSEOコンサルティングは流入数の改善はもちろん、売上に貢献するコンバージョンも増やします。予算未定でも構いません。ぜひお気軽にご相談下さい!

サービス紹介をダウンロードする

ナイルに無料相談する

ナイルのSEOコンサルティングサービスの詳細と実績はこちら

編集者情報

大澤 心咲
大澤 心咲
新卒でアクセンチュア株式会社を経て、2018年ナイル入社。
コンサルタントとして大手企業SEO戦略策定・コンテンツマーケティング支援を担当。
現在はナイルのマーケティングとセールスの統括マネージャーとして従事。
著書:「ひとりマーケター成果を出す仕事術

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

ユニバーサル検索とは

ユニバーサル検索とは

検索キーワードの表記揺れの対応方法について

検索キーワードの表記揺れの対応方法について

キーワード出現率とは

キーワード出現率とは

新着記事

下層ページはSEO対策が必要 メリット、対策方法を詳しく解説

下層ページはSEO対策が必要!メリット、対策方法を詳しく解説

【初心者向け】オンページSEOとは?SEO対策との違いや対策方法を詳しく解説

【初心者向け】オンページSEOとは?SEO対策との違いや対策方法を詳しく解説!

SEO対策における検索ボリュームの目安は?対策方法や調べ方を解説

SEO対策における検索ボリュームの目安は?対策方法や調べ方を解説

サイト内検索

目次に戻る

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。