注文住宅会社や工務店のサイトでSEOを効果的に実施するためのポイント

更新日: 公開日:
注文住宅会社や工務店のサイトでSEOを効果的に実施するためのポイント

注文住宅を建てる際には、全国各地に住宅展示場を構えるハウスメーカーから、地場に根ざした注文住宅会社や工務店まで、さまざまな選択肢があります。注文住宅会社や工務店では、ウェブサイトを通して、顧客と接点を持つことが重要になってきています。では、ウェブサイトの流入を増やすために、どのようなSEO施策を実施すればいいのでしょうか。

ここでは、注文住宅会社や工務店がSEOで集客するコツについて解説していきます。

\SEOで成果につなげる!資料ダウンロードはこちらから/

注文住宅のニーズに応じたキーワード設定を行う

注文住宅会社や工務店がSEOを実施するにあたり、まず考えなければならないのは的確なキーワード設定です。自社の特徴や優位性など「何を強みとしているか?」を踏まえたキーワードが求められます。また、営業エリアをどのように設定しているかによっても、実施すべきSEOは変わってきます。

具体的なキーワード設定について確認していきましょう。

注文住宅会社 SEO

鉄板キーワード「地名+注文住宅/デザイン住宅」

「地名+注文住宅」「地名+デザイン住宅」は、注文住宅を扱う会社であれば、押さえなければならない鉄板キーワードです。注文住宅というキーワードだけではあまりに範囲が広く、競合も多くなってしまうため、地名と組み合わせることが重要です。

なお、地名には、都道府県名や商圏としている都市名・地域名が入ります。トップページのtitleタグやdescriptionタグ、本文には必ず地名を入れるようにしてください。できれば都道府県名と商圏都市名の両方と「注文住宅」または「デザイン住宅」の文字を含めるようにしましょう。

重要キーワード「地名+新築/一戸建て」「地名+工務店」

「新築」や「一戸建て」といったキーワードも重要です。トップページの本文やdescriptionタグに含めると効果的でしょう。ただ、「地名+新築/一戸建て」というキーワードだと、不動産会社や建設会社も多くヒットするため、競合が多いので注意が必要です。また、「地名+工務店」も有力なキーワードのひとつとなるでしょう。

具体的なニーズをキーワードに加える

「地名+注文住宅/デザイン住宅」「地名+新築/一戸建て」「地名+工務店」はメジャーなキーワードなので、検索上位を獲得するためのハードルは決して低くありません。そこで、複数のキーワードを組み合わせたニッチなSEOキーワード、つまりスモールキーワードでいかにヒットさせるかは大事なポイントです。

「地名+注文住宅+○○」のうち、「○○」には「耐震」「断熱」「自然素材」「無垢材」「ローコスト」などが入ります。自社が得意とする領域、具体的な顧客ニーズを具現化したキーワードを用いて、検索上位獲得を目指すといいでしょう。

デザインや施工方法をキーワードに加える

注文住宅のデザインやスタイルを絡めたキーワードも有効です。地名に「和風住宅」「北欧住宅」「RC住宅」といったキーワードを組み合わせたり、地名+注文住宅に「和モダン」「バリ風」といったキーワードを加えたりすると、いいでしょう。ほかにも「狭小地」「変形地」といったキーワードも考えられます。施工事例ページの中に、これらのキーワードを用いた文章を付け加えていくと、文意に沿ったかたちで、重要キーワードを含めることができます。

リアルな暮らしに連動したキーワードを加える

ほかにも、リアルな暮らしに紐づいたキーワードは効果的です。例えば、「子育て」「ペット」「二世帯住宅」といった特定のニーズに応えるキーワードが考えられます。

指名検索に対応する

指名検索とは、会社名や人名などの固有名詞を入力して検索すること。注文住宅会社や工務店の社名、もしくは、独自サービスの名称などが該当します。正式な表記だけが検索されるとは限りませんので、Google Search Consoleを使って、流入キーワードやサジェストキーワードの確認を行うようにしましょう。また現状の検索順位をチェックしておくことも大切です。

注文住宅会社や工務店のサイトで必要なコンテンツとは?

注文住宅会社や工務店がウェブイトを立ち上げたり、リニューアルしたりする際、どんなコンテンツを用意すればいいでしょうか。必要なコンテンツについて具体例を紹介していきます。

自社のサービスを詳しく解説する

注文住宅という一生に一度の買い物を行うにあたり、どのような会社かは必ずチェックされる項目です。「具体的にどんなサービスを提供しているか?」はもちろんのこと、代表者や建築士のプロフィール、保有資格を記載しておくようにしましょう。また、実際に注文住宅が完成するまでのフローを記載するのも必要です。

Q&Aページを作成する

注文住宅を依頼すべきか、ユーザーの不安を解消するために、Q&Aページを作成するのは効果的です。

  • これまでの施工実績はどれくらいですか?
  • 建築士は何名いますか?
  • 注文住宅のコンセプトはどのような内容ですか?
  • 提携ローン会社はありますか?
  • 施工後のアフターフォローはきちんとしていますか?

といった質問に対して、ていねいな回答を記載することで、ユーザーに安心感を与えられるでしょう。

施工事例を紹介する

これまでどんな注文住宅を手がけてきたか、実際の施工事例をまとめていくことで、ユーザーに実績を伝えていきましょう。外観・内観をさまざまなアングルの画像で掲載したり、注文住宅ができるまでを「土地→家の完成」まで画像付きで掲載したりする方法があります。また、お客様の声をコンテンツとしてまとめるのも有効な手段といえます。

SEOでの集客を目指すために

注文住宅会社や工務店で、SEOを強く意識したサイトを制作することで、集客につながる可能性があります。検索行動を行っているユーザーであるため、注文住宅の購入に意欲のある見込み顧客との接点となりえます。

なお、ナイルではSEOを内製化する支援も行っており、SEO内製化の4つのプランをご用意しております

  • A.編集部強化プラン
  • B.編集部立ち上げプラン
  • C.ウェブ制作強化プラン
  • D.ウェブマーケティング強化プラン

具体的な内容については、ダウンロードの上、ご確認ください。

関連記事

Googleのランキング要素にPassage Indexingが導入。ページの特定部分での評価が可能に

「本日のSEOニュース(2021年2月10日収集分)」のアイキャッチです

本日のSEOニュース(2021年2月10日収集分)

五反田ランチの検索結果

Googleマイビジネスとは

新着記事

本日のSEOニュース(2021年11月24日収集分)

noindexとcanonicalの併用に関して

本日のSEOニュース(2021年11月18日収集分)

コアアップデート実施(November 2021 Core Update)

オウンドメディア 企画書

オウンドメディアの企画書を通すには?社内プレゼンのポイントを解説

サイト内検索