テレビCMの放送確認書とは? CMが流れる仕組みとともに解説

更新日:
テレビCMの放送確認書とは? CMが流れる仕組みとともに解説

広告主が伝えたいことを放送したと証明するのがテレビCMの「放送確認書」です。放送確認書は、どういう内容なのでしょうか。

この記事では、テレビCMが放送された後に発行される放送確認書の内容を、CMが放送される仕組みとともに解説します。

\テレビCMを成功させるために!資料ダウンロードはこちらから/

放送確認書はCMを放送したことの証明書

放送確認書とは、CMが放送されたことを公式に証明する書面のことです。CMには、企業番号と素材番号からなる10桁の識別コード(10桁CMコード)が設定されていて、これによりCMが個々に管理できる仕組みになっています。

放送確認書には、この10桁CMコードとともに、放送日時と秒数が、CMを予定通り放送した証として記載されています。また、緊急特番などで急遽予定していた枠以外でCMが流れた場合も、理由とともに日時・秒数が記載されます。

CM放送後、テレビ局が放送確認書を発行すると、広告代理店を通じて広告主に提出されます。この放送確認書をもとに料金請求が発生し、本当にCMが放送されたかどうかの追跡調査が行われます。

テレビCMが放送される仕組みとは?

テレビでCMが放送される仕組みを確認しておきましょう。

広告主、広告代理店、テレビ局の関係

テレビCMは、広告主が直接テレビ局に申し込んで放送されるのではありません。基本的に広告代理店を通じて広告主がCM枠を購入し、テレビ局に放送してもらう構造になっています。

放送確認書

テレビCMが放送される流れ

広告主がテレビCMを放送したい場合、CM枠の検討からCMの放送までを確認していきましょう。

CM枠を検討する

まずは広告代理店を通じてCM枠を検討します。「CM枠」と言ってもさまざまな種類があります。

テレビを見ていると、よく「ご覧のスポンサーの提供でお送りしました」という言葉を耳にしませんか。これは、広告主が番組を提供して、その時間内の枠で広告を放送する「タイムCM」と呼ばれるものです。また、番組提供をしていなくても15秒単位でCM枠を購入できる「スポットCM」もあります。タイムCMやスポットCMの特徴を踏まえ、自社に適したCM枠を選択します。

CM考査を行う

CM枠を申し込むと、考査があります。考査は全体で3つあります。

  • CM考査…広告主の業務内容やCM表現が、日本民間放送連盟の放送基準などに抵触していないか調べる
  • 業態考査…広告主のCM内容や会社の実態、放送する商品の現物などを確認する
  • CM表現考査…放送しようとしているCMが放送基準や各種法令に抵触していないか調べる

CMを放送する

CM素材は、広告主もしくは広告代理店が用意します。テレビ局には放送基準があり、いくら広告主や広告代理店がいいCMだと言っても、放送基準に反した内容だと放送してもらえません。また、制作に関しては広告業界でも要点となる綱領などがあるため、あわせて確認しておいたほうがいいでしょう。

CM素材を納品すると、いよいよCMが放送されます。その後、放送確認書が代理店を通じて広告主に届き、これをもとに請求書が発行されます。日本の民間放送局では、広告収入のほとんどをCM放送費が占めています。

テレビCMに必要な10桁CMコードとは?

テレビCMで放送されるCMには、素材を識別するために数字やアルファベットを10個組み合わせた「10桁CMコード」がつけられています。このコードは、1つのCM素材に対し1コードが原則で、重複することはありません。

10桁は、共通コード管理センターが発番した「広告事業者コード」4桁と、広告事業者自身が発番した「素材コード」6桁からできています。広告事業者コードを得るためには、共通コード管理センターへの申請が必要です。

10桁CMコードは、テレビ局だけではなく、制作会社や広告会社、放送局など、テレビCMに関わるすべての場所で共通するIDとして使用されます。そのため、複数の広告会社から同じCM素材が提供された場合でも、同一の10桁CMコードが用いられます。あくまで、1つのCM素材に対し1コードが原則です。

放送確認書

放送確認書には10桁CMコードが記載されており、これがCMを判別する要素になります。

放送確認書の内容を把握しておこう

放送確認書はテレビ局が作成・発行し、広告代理店を通じて広告主に提出されます。広告主であっても、どのような内容なのか、しっかり把握しておくようにしましょう。

なお、ナイルでは大手広告代理店と提携し、テレビCM支援を行っています。効果が出ないCMを出稿し続けることがないように、ナイルが広告代理店との交渉をお手伝いさせていただきます。ぜひお気軽にご相談ください。

また、テレビCMを成功させるためのポイント5選をまとめた資料もご用意しております。

  • ポイント1.商品の便益
  • ポイント2.GRPの単価
  • ポイント3.線引き
  • ポイント4.クリエイティブ
  • ポイント5.代理店交渉

具体的な内容については、ダウンロードの上、ご確認ください。

編集者情報

金子 光
金子 光(かねこ ひかる)
新卒で楽天グループ株式会社に入社。
営業管理として40人規模のチームをマネジメント。その後社員3人のベンチャー企業に入社し新規事業立ち上げを経験。
現在はナイルのマーケティング相談室編集長として、Webマーケティングに従事している。
無料相談はこちらから

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

デジタルマーケティングの 全体像と成功の秘訣

【基本】デジタルマーケティングの全体像を3つに分けて解説!成功の秘訣も紹介

集客 導線

集客導線の考え方とは?入り口と出口に分けて8つの方法を解説!

Googleタグマネージャを用いたイベントトラッキングやeコマーストラッキングの設定方法

新着記事

動画で学ぶWebマーケティング【生成AI/ChatGPT編】

動画で学ぶWebマーケティング【生成AI/ChatGPT編】

サードパーティCookie廃止に伴う広告予算動向

【サードパーティCookie廃止に伴う広告予算の動向調査】

動画で学ぶGA4

動画で学ぶWebマーケティング【Googleアナリティクス4/サイト分析編】

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。