タイトル表示の調整とサーチコンソールの復旧

更新日: 公開日:
SEO
タイトル表示の調整とサーチコンソールの復旧

こんにちは!ナイル株式会社の青木です。

しばらく遅めの夏休みをいただいておりましたが、今週からまたニュースを配信していきます!引き続きよろしくお願いします!

本日は「タイトル表示の調整」に関するニュースなどの3つをお届けします!

※トピックは初級者~中級者くらいの方向けを想定して紹介します。

なお、本企画は取り上げるページを実際に読んでいただくことを想定しております。簡単なひとことコメントとお役立ち度(収集部隊の主観です)を参考に、該当ページを読んでみてください。

前回のニュース(2021年9月10日収集分)はこちらから

次回のニュース(2021年9月30日収集分)はこちらから

本日のSEOニュース

①Googleがタイトルを生成する方法

記事紹介:More information on how Google generates titles for web page results

(検索セントラル | Google Developers)

お役立ち度:★★★★★

ナイルのひとこと
8月に「Google:タイトル生成アルゴリズムの変更」のニュースでご紹介したタイトル生成のアルゴリズムが再調整されたというニュースです。

ブログでは

  • title要素が以前の約80%ではなく、約87%の割合で使用されるようになった
  • title要素を調整するケース

が紹介されています。

かなりいいとこ取りで調整してくれる良いアップデートな気がします。

また、表示されるタイトルが変わったからといって、慌てて変更しないようにしましょう。

②【復旧済み】サーチコンソールの不具合発生

お役立ち度:★★★☆☆

ナイルのひとこと
今週9/21頃から発生していた、サーチコンソールのパフォーマンスレポートの表示が遅延する不具合ですが、9/23に無事復旧しました。

今回はレポートのみの不具合になり、インデックスなどには影響がありませんでした。サーチコンソールはあくまでもレポートツールなので、「サーチコンソールの不具合=サイトの不具合」とはならないので、慌てすぎないようにしましょう。

③YouTubeのおすすめアルゴリズムに関して

記事紹介:How YouTube Recommends Videos

(Search Engine Journal)

お役立ち度:★★★★☆

ナイルのひとこと
要点をまとめると、以下のようになります。

  • 視聴時間とリテンション、どちらが重要か?

→視聴時間とリテンションの間に決定的な要因はなく、動画とそれを見ている人によります。

YouTubeのデータによると、割合を多く見た方が満足度が高い傾向にあるようです。
しかし、それは必ずしもリテンションが視聴時間よりも高く評価されていることを意味するものではありません。
どちらの要素がより重要かは、ユーザーや動画によって異なるため、一概には言えません。
レコメンドはユーザーごとにパーソナライズされているので、視聴時間は一律には扱われません。

※直帰率の考え方ににてますね

  • おすすめされるまでの期間が長いのはなぜか?

→小さなチャンネルなど、YouTubeが誰に動画を推薦すべきかを理解するのに十分なデータを持っていない場合、おすすめに表示されるまでに時間がかかります。

新しいチャンネルや小規模なチャンネルの場合、陳腐に聞こえるかもしれませんが、エンゲージメントを求める必要があります。
成功しているYouTuberが繰り返し言うセリフには理由があります。「いいね!」「登録してね!」「通知ベルを押してね!」。YouTubeはこれらのシグナルに基づいて動画を推薦しています。
  • サブスクリプションはレコメンデーションに影響するか?

→この説は真実ではありません。なぜなら、購読者の影響はユーザーによって異なるからです。

④【良事例】リクルートの各サイトのコアウェブバイタル対応

記事紹介:Core Web Vitals に対応するため、各サイトの改善活動を実施しました
( リクルート メンバーズブログ)

お役立ち度:★★★★☆

ナイルのひとこと
コアウェブバイタルの数値改善の取り組み方や、より深く改善するためのヒントがたくさん紹介されています。

エンジニアではない人にこそ読んでいただきたい事例です。

最後に

みなさまのSEO施策にお役に立てるように、今後もSEOニュースまとめを平日数回更新する予定です。

また、SEO情報やセミナー情報などを配信しているメールマガジンもご用意しておりますので、よろしければご登録ください。

※もしSEOでお困りであれば、こちらのお問い合わせからお気軽にご相談ください!

前回のニュース(2021年9月10日収集分)はこちらから

次回のニュース(2021年9月30日収集分)はこちらから

最後に告知です

2021年09月29日(水)14:00~14:30で30分でサクッと分かる!Googleアナリティクス4ウェビナーを開催します。

  • 話題になっていて、対応した方が良いのはわかるけど、まだ手を付けられていない。
  • 結局、何が現状のGoogleアナリティクスと違うのだろうか?
  • 本当に対応しないといけないの?

とお考えの方に、このウェビナーはとてもオススメです!

30分という短い時間ですので、どうぞお気軽にご参加下さい!

30分でサクッと分かる!Googleアナリティクス4ウェビナー
(クリックするとセミナー詳細ページに遷移します)

 

著者紹介

青木 創平(あおき そうへい)
青木 創平(あおき そうへい) ナイルSEO研究所(所長)

大規模データベース型サイトなどの技術的に複雑なSEOのプロジェクトに携わることが多いです。その他ではECサイトや、BtoBのサービスサイトなどのプロジェクトを担当しております。
他にはABテストのサポートなども携わっております。

関連記事

外部リンク対策(被リンク対策)がSEOにとって重要な理由

構造化データがよく分かる!初心者向け徹底解説アイキャッチです。

構造化データとは?非エンジニアでもよく分かる!初心者向け徹底解説!

Above the foldとは

Above the foldとは

新着記事

セッション

セッションとは?意外と知らない計測方法について解説

googleタグマネージャー 使い方

Googleタグマネージャーの使い方は?データ取得の方法を解説

データポータル 作成

Googleデータポータルのレポート作成方法をわかりやすく解説

サイト内検索