検索してもホームページが出てこない?ヒットしない3の理由と改善策

更新日:
検索してもホームページが出てこない?ヒットしない3の理由と改善策

自社のホームページ(サイト)の情報が、検索しても出てこない、一向に引っかからない…。そこには必ず理由があります。

ここでは、ホームページがヒットしない理由や原因、その改善策をご紹介します。

記事を読むよりも早く「とにかくなんとかしたい!」という方は下記の無料相談フォームよりお気軽にご相談ください。ナイルが力になります。

SEO対策の悩みをプロに相談してみませんか?

SEOやWebマーケティングの悩みがありましたら、お気軽にナイルの無料相談をご利用ください!資料では、ナイルのSEO支援実績(事例)、コンサルティングの方針や進め方、費用の目安といった情報をご紹介しています。あわせてご覧ください。

サービス資料をダウンロードする

無料でナイルに相談する

なぜ検索してもヒットしないのか?

関連するキーワードで検索しても、自社のホームページの情報がヒットしない。

こうしたことは、実際によく起こります。場合によっては、自社名やサービス名で検索しているのに検索結果に出てこない、ということもあります。なぜ検索しても出てこないのか、その理由はおもに次の3つです。

ホームページ 検索 出てこない

では、なぜこうしたことが起こるのでしょうか?順を追って説明します。

検索エンジンの仕組みを知っておこう

検索結果にホームページの情報が表示されない理由を理解するために、検索エンジンの仕組みを知っておく必要があります。

あなたのサイトが検索エンジンの仕組みのどこかで上手く処理されていないので、検索結果に表示されていない可能性が高いです。

Googleの検索エンジンは、「探す(クロール)」「登録する(インデックス)」「表示順位を決める(ランキング)」というプロセスで成り立っています。そしてユーザーがキーワードで検索すると、リクエストに合ったページを表示します。このプロセスによって、自社のホームページが表示されるか・されないかが決まります。

検索エンジンの仕組み

ページを探す「クロール」

Googleは、クローラーと呼ばれるロボットを使って、世界中のウェブサイトを巡回しています。初めて訪れたサイトであれば、サイト内のページの情報を収集し、以前訪れたことのあるサイトなら、更新部分の情報を収集します。この作業をクロールといいます。

クロールは検索結果に表示されるためには、重要なプロセスではありますが、クロールだけでは検索結果には表示されません。

ページを登録する「インデックス」

クローラーによって集められたページの情報は、Googleのデータベースに登録されます。これが「インデックス」です。インデックスは、発見したすべての情報をデータベースに格納して、整理された状態にします。

この「インデックス」がされないと、検索エンジンは検索結果に該当のページを表示できず、検索しても引っかからないので、要注意です。

表示順位を決める「ランキング」

インデックスされたページは、検索順位がつけられていきます。採点の対象は、ページ内の記載内容、キーワードとの関連度など、多岐にわたるといわれています。シンプルに考えると、検索エンジンにとってわかりやすい情報になっているか、ユーザーにとってメリットがあるか、この2点を重視すべきです。

このランキングの順位が高いと、検索した際に1ページ目など、ユーザーの目に入りやすい位置に表示されるのです。

\本記事のPDF版のダウンロードはこちら!/

検索してもヒットしない理由と改善策

ここで、冒頭で挙げた「検索してもヒットしない理由」を、もう一度挙げておきましょう。

 

理由1 検索エンジンがそのページを認識していない

理由2 順位が低すぎて、表示されていないように見える

理由3 ペナルティによって、検索エンジンが表示してくれない

 

Google検索の仕組みがわかれば、なぜこのような現象が起こるのか、理解できるのではないでしょうか。ここからは、ヒットしない理由と改善策について詳しく見ていきましょう。

理由1 検索エンジンがそのページを認識していない

ホームページ 検索 出てこない

ページの情報が、検索エンジンのデータベースに記録されていないケースです。これでは検索エンジンにとって、ホームページは存在していないのも同様ということになります。具体的には、クローラーが訪れていない、ページの内容が読み取られていない、といったことが起こっていると考えられます。

クローラーが訪れていない

ページを公開したばかりで、まだクローラーが訪れていない、というケースです。

検索エンジンのクローラーは常に世界中のウェブサイトを巡回しています。基本的にはページ公開から数時間あるいは数日で、ホームページを訪れてくれます。ページ内の内容を更新した場合も同様です。しかし、1日でも早くクローラーが訪れれば、それだけ早く自社のホームページを検索結果に表示させることができます。

早くクロールしてもらい、インデックスさせたい!という場合には、Googleの分析ツール「Google Search Console」を活用するとよいでしょう。「Google Search Console」を開いて、「URL検査」を選択し、クロールしてもらいたいページのURLを入力してください。該当するページがインデックスされているかどうかがわかるので、インデックスされていないならば、「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

ページの内容が理解されていない

たとえクローラーの訪問があったとしても、各ページの内容を、検索エンジンが正確に把握しないと、認識されたことになりません。ページ内の見出しや箇条書き、段落、引用、画像といった要素を、HTMLタグで記載しましょう。

 

  • <title>タグ タイトルを指定する
  • <h1>~<h6>タグ 見出しを指定する
  • <ol><ul>タグ 箇条書きを指定する
  • <p>タグ 段落を指定する
  • <a>タグ リンクを指定する
  • <blockquote>タグ 引用を指定する
  • <img>タグ 画像を指定する
  • <table>タグ 表を指定する

ページが認識されていても…

しっかりとクロールされていても、noindex(検索避けタグ)がページ内に埋め込まれていると、検索エンジンはその名の通りインデックスしなくなります。

意識していても、ワードプレスのプラグインの設定などで、埋め込まれてしまうこともあるので注意しましょう。

また、検索エンジンのクロールをブロックするdisallowにも注意が必要です。これはrobots.txtというクロールを制御するページに設定するもので、設定されているページ、ディレクトリのクロールをブロックします。結果として、検索結果に表示されなくなってしまうこともありますので、今一度確認するとよいでしょう。

どちらも誤った設定をすると、順位に影響が出ることが考えられるので、詳しい人と一緒に設定を確認しましょう。

理由2 順位が低すぎて、表示されていないように見える

ホームページ 検索 出てこない

検索エンジンにインデックスされ、検索結果として表示されてはいるものの、順位が低いために人目に触れない、というケースです。

これはページの評価が低いために起こるため、検索順位を上げる、つまりSEOを施すというのが、主な改善策になります。

 

まずは、前述したHTMLタグを正確につけることをはじめ、モバイル端末でも読みやすいページになっているのか、ページスピードは問題ないのか、といったSEOの内部施策に対応しておきましょう。

そして、検索エンジンが各ページを評価する上で、非常に重視しているのが、コンテンツの質です。ユーザーが知りたいと思っている情報が十分にあり、関連情報まで網羅されていて、しかも独自性が強い。こうしたコンテンツは高評価を得られますし、高い検索順位が期待できます。また検索ワードとの適合性が高いことも重要です。ユーザーにとって価値が高い情報提供ができていれば、検索エンジンの評価が高まり、検索順位を押し上げることにつながるのです。

理由3 ペナルティによって、検索エンジンが表示してくれない

あまりないケースなので、どうしても表示されない。という時だけ検討してみてください。

ホームページ 検索 出てこない

検索エンジンから「サイト内に不正がある」と判断されると、ペナルティを受けてインデックスされない場合があります。データベースから削除されてしまうわけですから、こうなるといくら検索しても、決してヒットしません。

ペナルティを科される理由はいろいろですが、検索エンジンやユーザーをあざむくような行為、いわゆるブラックハットSEOは、確実にペナルティの対象になります。また無断で複製された記事や、フィッシングやマルウェアのインストールを目的としたサイトなど、明確な悪意のあるページは、ペナルティの対象になります。

ペナルティの対象となりうる要素については、Googleから「Google 検索の基本事項(旧:ウェブマスター向けガイドライン)」でアナウンスされています。それと知らずにペナルティが科されることのないよう、確認しておくといいでしょう。

参照:Google 検索の基本事項(旧:ウェブマスター向けガイドライン)

2023年最新のSEOのポイントを動画で紹介しています!

検索エンジンのポリシーを理解しておこう

検索の上位表示をするには、SEO(検索エンジン最適化)を考えなくてはいけません。その際にまず重要なのは、検索サービスに対するGoogleのポリシーを知っておくことです。Googleは、「Google が掲げる 10 の事実」を策定しています。これは他の企業でいう企業理念のようなもので、Googleは常に「これらが事実であることを願い、常にこの通りであるよう」努めていくと宣言しています。

その冒頭に置かれた言葉が「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる」というもの。つまりGoogleはすべてのサービスで顧客第一を貫いており、検索サービスも例外ではないのです。

検索順位を高めるためにまずやるべきは「ユーザーの役に立つページを作る」ことです。ユーザーが知りたい十分な量の情報が、見やすく並べられているページを作ることは優先的に考えていきましょう。

参照:Google が掲げる 10 の事実

原因をつきとめてから対策に踏み出そう

「検索結果にヒットしない」となると慌ててしまいますが、必ず理由があります。まずは原因を突きとめて、対策を進めていきましょう。

集客・コンバージョン数を増やしたい方へ

ナイルのSEOコンサルティングは流入数の改善はもちろん、売上に貢献するコンバージョンも増やします。予算未定でも構いません。ぜひお気軽にご相談下さい!

サービス紹介をダウンロードする

ナイルに無料相談する

編集者情報

大澤 心咲
大澤 心咲
新卒でアクセンチュア株式会社を経て、2018年ナイル入社。
コンサルタントとして大手企業SEO戦略策定・コンテンツマーケティング支援を担当。
現在はナイルのマーケティングとセールスの統括マネージャーとして従事。
著書:「ひとりマーケター成果を出す仕事術

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

nofollowとは

nofollowとは?使い方や設定方法、SEO効果について解説

本日のSEOニュース(2021年10月20日収集分)

SEOにおけるROIに関して

「一覧ページに掲載するリスト数は?」「内部リンクのパスってどう指定すればいいの?」などの質問にSEO現場のプロが答えます

新着記事

【保存版】SEO記事の書き方を9ステップで解説!ポイントや注意点まとめ

【保存版】SEO記事の書き方を9ステップで解説!ポイントや注意点まとめ

【初心者向け】GA4のコンバージョン設定を画像付きで徹底解説

【初心者向け】GA4のコンバージョン設定を画像付きで徹底解説

製造業に効果的なSEO対策とは?ポイントや事例を紹介

製造業に効果的なSEO対策は?ポイントや事例を紹介

サイト内検索

目次に戻る

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。