URLパラメータとは

SEOで使われる用語 「URLパラメータ」 について解説しています。
※なお、ここではGoogleが提供しているウェブマスターツール上の 「URLパラメータ」 ツールではなく、 クエリパラメータ・リクエストパラメータなど一般的なURLパラメータのことを解説しています。

意味:URLパラメータとは

URLパラメータとは、 サーバーに情報を送るためにURLに付け加える変数を指します。クエッションマーク (?) をURLの末尾に付けることで、「変数(パラメータ)=値」の形式でサーバーに送信するデータをURLに含めることができます。

URLパラメータの具体例

複数の値を指定する場合は、下図のようにアンパサド (&) を使用し 「変数=値」 を記載します。

example.jp/abc/?category=hight&category=length

パラメータの種類

パラメータにはアクティブパラメータとパッシブパラメータの2種類があります。

アクティブパラメータ

アクティブパラメータでは、 指定した値によってページのコンテンツ内容が変化します。例えば、ショッピングサイトのZOZOで黒色のカットソーを表示させた場合以下のURLが表示されます。

http://zozo.jp/men-category/tops/tshirt-cutsew/?p_cocid=2

ここでは、 「p_cocid」 というプロダクトの色を指定する変数 (パラメータ)の名称が記載され値の部分である 「2」 という数字で色が識別されています。

パッシブパラメータ

一方、パッシブパラメータではコンテンツなどのページ内容が変化しません。例としては、 以下の様に 「?_ga=1.234」 などのGoolgeアナリティクスのwebトラッキング用パラメータが挙げられます。

example.jp/?ga_1.234

トラッキング用のパラメータ (ダミーパラメータとも呼ばれます) ではコンテンツ内容は変化しません。

参考:URL パラメータ ページでパラメータを分類する(Google公式ヘルプ)

パラメータでのページ生成によるコンテンツの重複

コンテンツが重複するページがパラメータで生成される場合があります。例えば、 ECサイトなどで商品の並び順などを変更した場合です。

コンテンツ内容が重複した例

下図は、それぞれ以下の条件で商品を表示した場合とします。

A:example.jp/product/woman/jacket/?sort_price=low  B:example.jp/product/woman/jacket/

A:商品一覧ページを 「?sort_price=low」 のパラメータで価格の安い順で並べ替えをする。
B:価格順のソートを掛けずに商品一覧ページを表示する。

検索エンジンはURL単位でページを評価しますので、 内容が重複したページがあるとその中から代表的なものを1つ選び検索結果に表示するようになります。

しかし、 内容が重複しているページをクローラーが認識できない場合や代表的なページとして認識される対象をサイト運営者が選ぶことはできませんので、 Googleのウェブマスターツール「URLパラメータ」を使用してクロールする対象を制御する必要があります。

参考:URLパラメータツールでクローラを制御する

補足:非標準的なパラメータは使わない

標準的なパラメータはクエッションマーク (?) の後にある変数値がイコール (=) で示されていますが「?llist:low」 のようにコロン (:) が使用されている非標準的なパラメータがあります。また、 イコール(=)の代わりにカンマ (,) が使用されていたりパラメータをつなぐアンパサド (&) の代わりに大かっこ ([])が使われている場合があります。

こちらも非標準的なパラメータとなりますのでクローラがURLパラメータの内容を認識するのが難しくなります。 パラメータを使用する場合は、 標準的なパラメータを使用しておいたほうがSEO上は無難といえます。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

初級者から上級者まで幅広くコンテンツマーケティングの知識を学べるセミナーもございます

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×