回遊率とは

1.回遊率とは

回遊率とは、ユーザーが1回の訪問でWebサイトのページにどれだけアクセスしたかを示す指標です。回遊率は1訪問あたりのページビュー数(PV数/1訪問)で表します。この指標が高いほど、ユーザーがサイトに留まり多くのコンテンツを閲覧したことになります。

2.回遊率の改善のメリットと改善方法

回遊率を改善することで、1回のユーザーの訪問でより多くのページへアクセスしてもらえます。

例えばECサイトであれば、ユーザーによる商品の検討、比較が複数回行われ、最終的な商品購入につながることが期待されます。

メディアサイトであれば、複数記事を閲覧してもらうことで、サイト全体で面白さを伝え、ユーザーのファン化や、再訪問が期待できます。

回遊率を改善する方法として、各ページからサイト内の他ページへのリンクを工夫することが挙げられます。興味を持って訪れたページに、関連した内容のページへのリンクを見やすく配置することで、ユーザーはそのページに興味を持ってアクセスしやすくなります。

また、全体的な構成として、ユーザーの目線に立ち、一覧ページや目次に、各ページへのリンクを系統立てて配置することが挙げられます。1つのページが面白いと感じれば、一覧ページや目次を見て他のページにアクセスする可能性もありますが、リンクが見やすく整理されていなければ、興味よりも煩わしさが先に立ち、回遊率が下がる可能性があります。

3.回遊率の確認する方法

Google Analyticsを使うと、回遊率を確認できます。

3-1. サイト全体の回遊率を確認する方法

Google Analyticsの左メニュー「ユーザー」>「概要」を選択します。ページに表示される「ページ/セッション」の数値がサイト全体の回遊率です。

GA

3-2. 直帰率から回遊率を把握する方法

Googleアナリティクスではページ単体での回遊率は表示されませんので、直帰率からページの回遊率を把握する必要があります。

直帰率が低いほど、他のページへの遷移数が多いため、各ページの直帰率を改善することで全体の回遊率が上がると考えられます。

Google Analyticsの左メニュー「行動」>「サイトコンテンツ」>「すべてのページ」を選択すると、サイト内のページが一覧表示されます。回遊率を確認したいページのURLを選択すると、「直帰率」が表示されます。

4.まとめ

回遊率は、各ユーザーにサイトへの興味を持たせて成果に結びつけるために欠かせない指標です。ページ間のリンクの見せ方を工夫するだけでも改善される可能性があるため、サイトデザインの際は常に頭に置いておきたい要素です。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

  • 資料ダウンロード

    会社紹介資料・事例集からSEOのお役立ち資料まで無料でダウンロードできます。

  • メルマガ登録

    SEO・コンテンツマーケティングを中心にWeb戦略に役立つ情報を週一でお届けします。

×