meta keywords(メタキーワード)とは

meta keywords(メタキーワード)とは

meta keywords(以降、メタキーワード)とは、HTMLファイルのタグ内に記述するメタ情報の1つです。ページ情報がどのようなキーワードと関係しているのかをクローラーに対し伝える役割をもっています。

以前は、平均的に3~5個のキーワードを記述することが推奨されておりましたが、現在ではGoogleがサポートするメタタグに含まれていないため、メタキーワードを入れることでSEO的な効果は見込めません。

メタキーワードのSEO効果

2018年8月現在、Googleがサポートするメタタグの一覧には含まれておらず、メタキーワードを記述してもGoogleのクローラーから無視されるのが現状です。そのため、SEO的な効果はまったくないと言われています。

メタキーワードが使われなくなった背景

2000年代など、検索エンジンが今ほど優れていない時代には、メタキーワードがクローラーにとってページ理解の一助となっていました。ただ、一部のウェブマスターたちがそのことを悪用し、メタキーワードに狙いたいキーワードを詰め込み、上位表示させるといったブラックハット的な使われ方をしていたことや、検索エンジンの性能向上などもあり、メタキーワードが使われなくなりました。

メタキーワードの書き方

メタキーワードの書き方は、HTMLファイルの<head>タグ内に、

<head>

<meta name=”keywords” content=”キーワードA,キーワードB,キーワードC”/>

</head>

のように、ページに関連するキーワードをダブルコーテーション内に記述してください。また、キーワードが複数ある場合にはカンマでつないでください。

例えばこのページでは、

<head>

<meta name=”keywords” content=”メタキーワード,meta keywords,メタ,SEO/>

</head>

となります。

まとめ

・メタキーワードは、HTMLファイルのタグ内に記述するメタ情報の1つ

・以前は、ページ情報がどのようなキーワードと関係しているのかをクローラーに対し伝える役割

・ブラックハット的な使用などにより、現在は非サポートのメタタグでSEO的な効果はない

関連記事

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

  • 資料ダウンロード

    会社紹介資料・事例集からSEOのお役立ち資料まで無料でダウンロードできます。

  • メルマガ登録

    SEO・コンテンツマーケティングを中心にWeb戦略に役立つ情報を週一でお届けします。

×