ナレッジグラフとは

Googleの持つテクノロジーの一つであるナレッジグラフについて説明しています。

ナレッジグラフとは

ナレッジグラフとは、Googleの検索アルゴリズムの仕組みの一つで、単に検索キーワードを含む情報を検索結果に表示するのではなく、

人物や作品、場所などあらゆる物事について、それぞれの情報の関係性や属性を認識、把握したうえで、それを反映した検索結果を表示する機能です。

ナレッジグラフとナレッジグラフ表示機能

ナレッジグラフ導入以前は、検索キーワードに対応したページを検索結果に表示するだけでしたが、

導入後は検索キーワードが場所なのか、人物なのか、作品なのかなどを識別し、それについての基礎情報、関連情報をサマリーとして検索結果上に直接表示することができるようになりました。

例えば、「孫正義」と検索すると、通常の検索結果に加え、孫正義氏の基本情報、生年月日、設立団体、著書などが検索結果上に表示されます。
孫正義

ナレッジグラフ表示の例

ナレッジグラフ表示は検索キーワードに関連する様々な情報をユーザーに提供してくれます。

用語の例

SEOとは

作品の例

ファイトクラブ

駅の例

駅名

乗り換えの案内も表示されたりします(一部)

補足:会社の情報や、コンテンツに記載された情報をナレッジグラフに表示させたい場合

コンテンツ内容の情報や、会社情報等をナレッジグラフに表示させたい方は以下の方法で、Googleにその事柄の認識をさせる必要があります。

Googleマイビジネスに登録する

ナレッジグラフはGoogleマイビジネスから多くの情報を引き出します。Googleマイビジネスに会社情報をのせると、会社名の検索キーワードでナレッジグラフに表示されやすくなるでしょう。

構造化データを利用する

コンテンツに構造化データをマークアップをすることで、より構造化データのマークアップをされた情報の意味をGoogleに認識させることができ、ナレッジグラフに表示されやすくなるでしょう。

構造化データについてはこちらの記事を御覧ください。
「構造化データ」がよく分かる!初心者向け徹底解説

まとめ

ナレッジグラフは日々進化しており、Googleはインターネットに存在する情報の関連性や属性を理解を深め、我々ユーザーに情報を提供してくれます。

Googleを利用していて今までナレッジグラフを意識したことがなかった方は、実際に検索してみると、新たな発見があるかもしれません。

少人数でSEO業務を担当されている方へ

社内外の関係者へ報告するためのレポート作成業務や日々の状況把握に追われ、施策の実行がおろそかになってにいませんか?Refractなら1つの画面で重要なデータを全て把握でき、その上ワンクリックで詳細なレポートを作成することが可能です。

SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中!

ワンクリックでレポート作成可能。SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中、15日間無料でお使い頂けます。

関連記事

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×