リンク切れとは

SEOで使われる用語「リンク切れ(Dead Link)」について解説しています。

リンク切れについて

リンク切れとは、自ページに設置してあるリンクの遷移先がHTTPステータスコードで404 Not Found 等によりアクセスすることが出来なくなっている状態を指します。

リンク先のURLを間違えて設定していたり、リンク先のページが削除されてしまったりすることで生じます。

デッドリンク(Dead Link)とも言われ、長く運用しているサイトに多く見られることがあります。

リンク切れが多いことによる影響

リンク切れが多く生じているサイトでは、ユーザビリティが著しく低下します。

また、リンク切れを多く起こしているサイトはユーザビリティを損ねるとして検索エンジンからも同様に評価を下げることもあります。

リンク切れによる悪影響を防ぐためには、下記の点を注意する・対策すると良いでしょう。

  • URL間違いによるリンク切れを起こさないように、公開前にチェックをする。
  • 定期的にリンクを確認して、リンク切れが生じていたら、リンクを削除する等して対応する。
  • カスタム404ページを作成し、リンク切れを起こしていても、ユーザーが別のコンテンツやトップページにいけるように導線を確保しておく。

リンク切れをチェックする方法

ウェブマスターツール「URLエラー」

ウェブマスターツールの「クロールエラー」の項目にある「URLエラー」で、ページが見つからないとされているページについては、ドメイン内でリンク切れを起こしている可能性があります。

参考:ウェブマスターツールの設置・登録方法

W3C Link Checker

W3C(World Wide Web Consortium)が提供している「W3C Link Checker」は、リンクの状態をチェックするツールです。
リダイレクトした場合の遷移先含めて調べてくれますので、リンクのチェックには有用です。

このようなツールを使って、定期的にリンク切れのチェックを行うと良いでしょう。

Webサイトの運用・集客でお困りではありませんか?

デジタルマーケティング全般についてのご相談はこちら

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

  • 資料ダウンロード

    会社紹介資料・事例集からSEOのお役立ち資料まで無料でダウンロードできます。

  • メルマガ登録

    SEO・コンテンツマーケティングを中心にWeb戦略に役立つ情報を週一でお届けします。

×