クローキングとは

SEOで使われる用語「クローキング」について解説しています。

クローキングとは

クローキングとはWebサイトに細工を施して、検索エンジンとユーザーに対し、異なるページやコンテンツを出し分けて検索エンジンの評価を高めようとする手法を指します。

では、どのような場合、「クローキング」と見なされるか、Googleのウェブマスター向けガイドラインを参考にご紹介します。

参考:ウェブマスター向けガイドライン「クローキング

クローキングの手法

IPアドレス、ユーザーエージェントを用いたクローキング

サイトにアクセスしたGooglebotとユーザーのIP アドレスやユーザーエージェント(User-Agent)で判断し、全く異なるHTMLを振り分ける表示させる手法。

例)ユーザーにはアダルトサイトを表示。
  Googlebotにはアニメサイトを表示。

画像、FLASHを用いたクローキング

サイトにアクセスしたGooglebotにはテキストで構成されたHTMLを表示し、ユーザーには画像やFLASHで構成されたページを表示する手法。

※画像やFLASHで構成されたページは検索エンジンに認識されづらいため、このようなサイトの仕様が導入されているサイトもありますが推奨ではありません。このあたりは検索エンジンガイドラインのみならずユーザビリティアクセシビリティの観点から判断する必要があります。

まとめ

上記でご紹介した手法は、故意に検索エンジンとユーザーに対し、コンテンツを出しわけたケースです。

このようなケースは紛れも無くスパムなのですが、意図せずクローキングと扱われてしまうケースとして、サイトにアクセスしてきた国などの地域にによって言語を代えてコンテンツを振り分けて表示する場合やPC、スマートフォン、フィーチャーフォンのデバイスごとにコンテンツを保有しているサイトの場合があります。

これらの場合、Googlebotを間違って振り分けてしまわないように注意する必要があります。

少人数でSEO業務を担当されている方へ

社内外の関係者へ報告するためのレポート作成業務や日々の状況把握に追われ、施策の実行がおろそかになってにいませんか?Refractなら1つの画面で重要なデータを全て把握でき、その上ワンクリックで詳細なレポートを作成することが可能です。

SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中!

ワンクリックでレポート作成可能。SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中、15日間無料でお使い頂けます。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×