パンくずリストとは

SEOで使われる用語「パンくずリスト」について解説しています。

パンくずリストとは

パンくずリストとは、ユーザーが今WEBサイト内のどの位置にいるのかを視覚的に分かりやすくするため、上位の階層となるWEBページを階層順にリストアップしてリンクを設置したリストのことを指します。通常はコンテンツの最上部に記載されます。

パンくずリストイメージ例えば価格.comのように、規模が大きなサイトの階層が深いページになればなるほど、サイト内のどの位置のページを閲覧していているのかが分かりづらくなることもありますので、パンくずリストがそれをより直観的に伝えるという役割になります。

SEO上の効果

パンくずはユーザーのナビゲーションという意味はもちろん、SEOを考える上でも重要な役割を果たします。例えば下記のようなサイトをイメージして下さい。

SEOに有効なパンくずリストの例この例では、製品をパソコンとデジカメに分類し、それぞれのカテゴリ内に各商品詳細ページを持っている、一般的な形です。この形であれば、パソコンの一覧ページに対して「パソコン」をアンカーテキストとした内部リンクが集まり、「デジカメ」の一覧ページに対して「デジカメ」をアンカーテキストとした内部リンクが集まります。

これはもちろんSEOの基本である「アンカーテキストにターゲットキーワードを含める」が実現できる形ですので、ユーザーにも検索エンジンにもテーマが分かりやすい形と言えます。

逆に、下記のようなサイトも今でも見かけます。

パンくずリストの悪い例この場合、製品としてはパソコンもデジカメも保有しているにもかかわらず、「パソコン」「デジカメ」という一覧ページを設けていないため、上図のようなパンくずリストになります。これでは「パソコン」や「デジカメ」などでのキーワードでのSEOが非常にやりにくくなります。(サイト内にそれを表すページが存在しないためです。)

パンくずリストというよりもそもそものサイト内の設計の問題になりますが、ユーザーが検索するであろうキーワードを予め把握し、それに合わせてコンテンツを整理すると、有る程度は自然に1番目の例のように正しい内部リンク構造になります。

逆にパンくずリストでナビゲーションを設置する際に、SEOを意図したアンカーテキストが出現しないような設計をしてしまっていた場合、2番目の例のようにその後のSEOに大きなロスが生じてしまいます。

ここで設計を失敗してしまった場合、サイト規模が大きくなればなるほど修正が困難になりますので、設計段階でSEOを考慮することを欠かさないようにしましょう。

少人数でSEO業務を担当されている方へ

社内外の関係者へ報告するためのレポート作成業務や日々の状況把握に追われ、施策の実行がおろそかになってにいませんか?Refractなら1つの画面で重要なデータを全て把握でき、その上ワンクリックで詳細なレポートを作成することが可能です。

SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中!

ワンクリックでレポート作成可能。SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中、15日間無料でお使い頂けます。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ(無料)

0120-304-864
受付時間:平日 10:00~18:30

フォームでのお問い合わせ

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。