アンサー度とは

SEOで使われる用語「アンサー度」について解説しています。

アンサー度とは

アンサー度とは、簡単に言えば「検索エンジンから見て、検索されたキーワードにどれだけマッチしているか」の度合いを表すもので、この用語自体はSEO会社(*1)が作った造語です。ただしランキングアルゴリズムを理解する上で「アンサー度」は非常にわかりやすい表現ですので、敢えて用語として取り上げています。

検索エンジンなどで検索されるキーワードのことを少し技術的な表現では「検索クエリ」と呼びます。「クエリ」は身近な言葉で言いかえれば「クエスチョン=質問」という意味に近いと考えて頂ければ良いでしょう。つまり検索するということは検索エンジンに何かしらの質問(情報提供の要求)をしているということです。

検索エンジンはこのユーザーからの要求に対する回答(=アンサー)として検索結果をユーザーに提示します。ランキングアルゴリズムは、この検索結果をよりユーザーにとって便利なものにするべく、検索されたキーワード(=送られてきた質問)により適したページを上位に表示させるために改良を重ねています。

前提として、検索に対する適切なアンサーを返すためには「相手が何を期待しているか」をキチンと把握している必要があります。つまり、「まず目標としているキーワードが何を求めて検索されるものなのか」ということです。

「アンサー度」について参照している書籍(*2)には、根本的な考え方がを3つのポイントに分けて記載されていますが、簡単にポイントだけピックアップさせて頂くと

①テーマの一致
②多様性
③検索語タイプ

という3点に分類して解説されています。ここではそれらの内容についての詳細は割愛させて頂きますが、

①:検索されたキーワードとの関連性が高いコンテンツであること
②:ユーザーに十分な選択肢を提示できること
③:検索語がどのような種類の情報を求めて検索されているか

と言った意味合いで使われています。言いかえれば②は関連する情報の豊富さ、③は検索意図との相性、というような意味にも捉えられるかもしれません。

基本的には「検索されるキーワードとWEBコンテンツのすり合わせ」を行うことで、アンサー度を高めることが出来ると解釈して良いと思います。このような形でユーザーとWEBサイトを検索エンジンを通じて適切に結びつけることは、SEO対策の基本ではありますが、最も大切なことでもあります。

*1:アユダンテ株式会社
*2:SEOを強化する技術 エンジニアが内側から支えるサイト設計・構築術

Webサイトの運用・集客でお困りではありませんか?

デジタルマーケティング全般についてのご相談はこちら

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

  • 資料ダウンロード

    会社紹介資料・事例集からSEOのお役立ち資料まで無料でダウンロードできます。

  • メルマガ登録

    SEO・コンテンツマーケティングを中心にWeb戦略に役立つ情報を週一でお届けします。

×