ページ表示速度はSEOにどの程度関係しますか?

SEO、UX(ユーザー・エクスペリエンス)の両側面から、Webサイトにとって重要なものであるページ表示速度の向上について解説いたします。

ページ表示速度はSEOにも一定の影響がある

Googleは2012年の時点でページ表示速度がランキング要因の一つであることを既に公表しています。

もっとも、ページ表示速度は数あるランキング要因の一部にすぎず、その影響は関連性や外部リンクに比べると小さいものです。ページ表示速度について、GoogleのWebスパムチーム/品質管理チームの責任者であるマット・カッツ(Matt Cutts)氏は、

もしサイトが本当に、本当に遅かったとしたら、ページのスピードをランキング要因に実際に使うと今までに言ってきた。したがって、それ以外のすべての条件が同じだったとしたら、確かにランキングが低くなることがある。

しかし、こんなふうに言うことはできる ? 上下のウェブサイトを見たり同時に返されるサイトを見たりして、もしあなたのサイトが本当に本当に遅くて異常なくらいだったり、(スピードの点で)底辺に位置していたりしたら、そのときは、ページ速度が理由でランキングが低くなるとことがたしかにあるかもしれない。(引用元:モバイル検索の上位表示にページ速度はどのくらい重要なのか | 海外SEO情報ブログ

と述べるにとどまっています。

※ただし、明確なデータがあるわけではありませんが、体感として表示速度に優れたWebページとそうでないWebページとでは、SEO上それなりに大きな差異があるように思うことも多々あります。特に運用歴の浅いサイトの場合にはより一層速度に気をつけてみることをお勧めしています。

SEOをさしおいても、ページ表示速度は重要な指標

ランキング要因としては影響が比較的小さい要素であるとはいえ、ページ表示速度の向上はUX(ユーザー・エクスペリエンス)の向上、サーバーの負担を減らし運用コストが削減されるなど、多くのメリットをもたらすものです。

一般に表示が遅れるごとにコンバージョン率、顧客満足度は大幅に低下し、表示に3秒以上かかるページは40%以上のユーザーが離脱するとまで言われています。

SEOの目的は「検索順位の向上による、検索流入の増加」だけではなく、Webサイト運営者の利益の増大です。ページ表示速度の向上は、「検索順位の向上」以外にも多くのフェーズに確実にメリットをもたらす重要な施策だと言えます。

ページ表示速度向上の方法

ページの表示速度は様々な要素が複合して決定しており、どこを最適化するべきかはサイトによって異なります。「速度が遅くなる」原因がどこにあるかを検討するために役立つサービスを3点ご紹介します。

Google Analytics

Google Analyticsには「ページ速度」についての情報があり、サイトのページを表示するために平均で何秒かかったかが示されます。

異なるページや同じページの現在と過去の表示速度を比較することができ、サイト全体の表示速度を検討する上でまず見るべきツールです。

PageSpeed Insights

Googleが無料で提供しているサービスで、URLを入力するとページを読み込み、表示速度の下落要因をチェックします。一度にモバイル、PCともにチェックを行う上、ファーストビューを画像として出力するため、おおまかに自分のサイトの問題点を掴みたい場合に、もっとも便利です。

一方で具体的な表示時間の情報はなく、時系列を遡ることも出来ないため、あくまで現在の状況を把握するために使うツールといえるでしょう。

「Google Developers PageSpeed Insights」
https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/
PageSpeed Insights

Pingdom Website Speed Test

Google Analyticsでは見ることが出来ない、「どのリソースの読み込みに何秒費やされたか」といった情報を全て教えてくれる優れたツールです。

日本語に対応していませんが、ログインすることで過去の調査結果を履歴として残すことができ、Google Analyticsほどの精度では無いものの、改善を行った結果の比較などもしやすくなっています。

PageSpeed Insightsで浮き出た問題点を検証、修正する上で役に立ちます。

「Pingdom Website Speed Test」
http://tools.pingdom.com/fpt/
Website speed test

具体的な手段について

このようにページ表示速度を確認する手段はありますが、実際にどのように修正していくかは一筋縄ではいかず、専門的な知識が必要になってきます。

具体的な改善の手段については以下のエントリーが参考にできますのでこちらもあわせて御覧ください。
Webサイト高速化・表示速度改善のために知っておきたい基礎知識

まとめ

ページ表示速度の向上は、

  • コンバージョン率の最適化
  • ユーザー・エクスペリエンスの改善
  • サーバー運用コストの削減
  • ランキングの向上

などのメリットをもたらす、Webサイト運用上で重要な施策です。まずは無料で使うことができる各種ツールで、ご自分のサイトの状況を確認してみることをおすすめします。

少人数でSEO業務を担当されている方へ

社内外の関係者へ報告するためのレポート作成業務や日々の状況把握に追われ、施策の実行がおろそかになってにいませんか?Refractなら1つの画面で重要なデータを全て把握でき、その上ワンクリックで詳細なレポートを作成することが可能です。

SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中!

ワンクリックでレポート作成可能。SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中、15日間無料でお使い頂けます。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×