サイト(ページ)を公開してからインデックスされるまでのスピードを上げるためには?

Webページやブログを公開したけども、なかなかインデックスされなくて落ち着かないサイト運営者の方に、インデックスされるまでのスピードを上げるためにはどのような方法があるかを解説いたします。

インデックスされるまでの時間を決める要素

Webサイトやブログでコンテンツを公開してから、インデックスされるまでの時間が長く、早くインデックスして欲しいと思うサイト運営者もいらっしゃると思います。
特に新しいWebサイトやブログでは、なかなかインデックスされなくもどかしい気持ちになることでしょう。
 
インデックスされるまでの早さは、Webサイトの種類(ECサイト・ニュースサイト・ブログ等)、更新頻度、立ち上げてからの期間などによって左右されますが、一般的にインデックスされるまでの時間を早くする方法を挙げていきます。

  • サイトマップの送信を行う
  • Fetch as Googleを用いたインデックス送信を行う
  • Ping送信を行う
  • 価値あるコンテンツの更新頻度を上げる
  • サイトの表示速度を速くする

このような方法が一般的にインデックスされるまでの時間を早くする方法とされています。
それぞれの方法について、解説していきたいと思います。
 

サイトマップの送信を行う

ウェブマスターツールから、Googleに対してサイトマップの送信を行うことで、サイトの構造を伝えることが出来ます。
サイトの構造を伝えることは、クロールされやすくなるとされているので、使わない手はありません。
新規にWebページを公開した場合や既存のWebページのコンテンツを更新した場合に送信するとよいでしょう。

Fetch as Googleを用いたインデックスリクエストを行う

Fetch as Googleというのは、ウェブマスターツールの機能の一つで、Googleにインデックスリクエストを送信することができます。
インデックスリクエストを送ったからといって必ずインデックスされるわけではありませんが、通常24時間以内にクローラーが訪問してくれるとされています。

Ping送信を行う

Ping送信というのは、新規公開・更新したブログを発表するサイト(Pingサーバー)に対して、ブログを新規公開・更新したことを知らせるための方法です。
Yahoo! JAPANやGoogleが運営しているPingサーバーもあるので、活用しましょう。

大量にPingを送信することは、Pingスパムとよばれ、受け付けてもらえなくなる危険性があります。
Webページの修正毎にPingが送信される設定の場合、意図した以上にPingが送信されてしまう可能性があるので、注意しましょう。

価値あるコンテンツの更新頻度を上げる

Googleは、更新頻度もそのサイトの重要さを判断する基準として用いているようです。
更新頻度が著しく低いサイトの場合、何回きても同じ情報しか載っていませんので、クローラーが頻繁にアクセスする理由がありません。逆に、毎日毎日新しい情報を掲載されているサイトであれば、クローラーが頻繁に訪問してくれるようになります。

そうなれば、新しいコンテンツを公開したときに、素早く見つけてもらえ、インデックスされるまでの時間が早くなると考えられます。

一方で注意しなくてはいけないのは、中身の無いコンテンツは評価されないということです。更新頻度が大事とはいえ、低品質なコンテンツを量産することは避けるべきといえるでしょう。

サイトの表示速度を速くする

システム、サーバー、ネットワークなどの不具合やサイトが重いために表示速度が遅くなっている場合、これもWebサイトの評価を下げてしまい、インデックスまでの時間が遅くなる要因として考えられます。

サイトの表示速度をチェックする手段として、Googleが提供しているツールを紹介します。
Page Speed Insights
問題のある個所を指摘してくれるので、その部分を修正することで、表示速度を改善することができます。
Page Speed Insightsの分析結果画面です。分析結果には、Webページの表示速度について問題点や改善点がある場合指摘してくれます。

まとめ

インデックスされるまでのスピードを上げるための方法について列挙いたしました。
Googleに、Webサイトの構造・Webページの公開・更新情報を伝えるとともに、価値あるコンテンツをコツコツと公開していくことが重要であると言えます。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

初級者から上級者まで幅広くコンテンツマーケティングの知識を学べるセミナーもございます

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×