パンダ・アップデートとは

SEOで使われる用語「パンダ・アップデート」について解説しています。

パンダ・アップデートとは

パンダ・アップデートとは2011年に英語圏を中心に導入され話題になり2012年7月にようやく日本にも導入された、主に「低品質なコンテンツが検索結果上位に表示されにくくするため」のGoogleの検索アルゴリズム・アップデートの呼称です。

導入の背景

かつては、「コンテンツ・ファーム」と呼ばれるような、ユーザーに大した価値を提供しないコンテンツを膨大に保有するウェブサイトが、ドメインオーソリティの高さやウェブサイト規模等の影響で、様々な検索結果において上位に表示されている状況が多く見られました。

しかしユーザーに大した価値を与えない、品質の低いコンテンツが検索上位に表示されていることはユーザーの検索における満足度を低下させることでしかなく、そうした状況を打破する目的で、低品質なコンテンツを排除するためのアルゴリズム・アップデートが行われました(その為、当初は「ファーマー・アップデート」と呼ばれていました)。

低品質なコンテンツを検索結果から除外することで、結果的に検索結果上位に品質の高いウェブサイトを表示できるようにすること。またそうした環境を整えることで、ウェブマスターにより独自性や専門性の高い、ユーザーの役に立つコンテンツを作成する意義を根付かせる目的もあったと考えられます。

SEOへの影響

主に、以下のようなウェブサイトが影響を受けると考えて下さい。

  • 独自性や専門性が低い
  • 広告の占める割合が多く独自コンテンツの割合が低い
  • 内容が乏しく、薄っぺらい
  • サイト内の他のページと共通する部分が大半
  • 外部サイトからのリンクを得られていない
  • ソーシャルメディアで共有されていない
  • 他サイトと内容が重複している

etc.

ただし、内的な要因での順位下落が必ずしもパンダ・アップデートと括られるアップデートによる変動かを特定することは極めて困難で、またパンダであると特定することによるメリットもさほど大きくはないかと思います(どちらにせよ上記のような行うべき改善事項があることには変わらないので)。

手動更新から自動更新への移行(2013年3月~)

パンダ・アップデート導入当初は、通常のアルゴリズムのように自動で更新されるものではなく、手動による更新がなされ都度告知がされていましたが、2013年3月以降は通常のアルゴリズムに統合され、今ではアップデート処理が自動化されています。

更新の自動化に伴い、リリースの度にあったGoogleからの告知もほとんどされなくなったため、サイト運営者やSEO関係者がパンダ・アップデートによる順位下落に気付く事もまた難しくなってきています。現在は月1回程度の頻度で数日間かけてデータをリフレッシュしているそうですが、基本的には更新時にGoogleからの告知はありません。

しかし、2014年5月に実施されたパンダ・アップデート4.0や、同年9月に実施されたパンダ・アップデート4.1の際はアップデートを告知された事から、今後も順位に大きな影響を及ぼすような大きなアップデートを実行する際は、Googleから告知がされることもあるかもしれません。

パンダ導入に際しサイト運営者が考えるべきこと

上で書いたことと重複しますが、よく聞く声として、「パンダ・アップデートに対応するためにどのような施策が考えられるか」のようなものが多くありますが、これは少し視点を変えた方が良いと考えます。

まず考えるべきはGoogleがどのような検索結果を実現しようとして実装したアルゴリズムであるか、ウェブサイトの運営者にどのようなことを望んでいるか、といったような、パンダ・アップデート実装の背景にある意図を汲み取ることです。

そうしたことを考えれば、「オリジナルなテキストは大体何文字あれば良いか」とか、「重複するページの割合は何%以下にしなければいけないか」と言ったような考えは出てきにくいのではないかと思います。

≫SEO用語集に戻る

「順位検索」と「アクセスデータ」をまとめてレポート SEOレポーティングツールRefract

Pocket
SEO勉強会

お問い合わせ

サービスについてのお問い合わせ・ご相談はこちらからお願いします。

フォームでのお問い合わせ・ご相談

よくあるご質問についてまとめております。

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせ電話番号

お役立ち資料の詳細へ