検索ユーザー導線改善支援

検索エンジン経由でサイトに訪問するユーザーの回遊性を高めるために、
ユーザーの検索意図および行動を分析します。

私たちが解決できること SEOとサイト内動線に関して、こんなお悩みはありませんか?

  • 自然検索からコンバージョンに導きたい のだが、やり方がわからない
  • 自然検索から来た訪問者の 問い合わせ数が減少している
  • 検索エンジンから特定ページに集客したい が、閲覧数がなかなか増えない
  • 自然検索からの流入はそれなりにあるが、 直帰率が高く、回遊率が低い。

サービスの特長 自然検索で訪問したユーザーの行動データを分析し、
ユーザーニーズを満たすコンテンツや動線を提案します。

1

SEO専門家による鋭い考察と深い分析

経験豊富なSEOコンサルタントが担当するため、有益な分析結果と改善案を提供できます。

2

重視するのは数字の増減ではなくユーザー心理

ユーザー調査や行動観察で見るのは、表面的な数字ではなくその奥に潜むユーザー心理です。

3

状況に応じて選択される多種多様な手法とツール

経験則や使い慣れたツールに依存せず、特性・状況に合わせた多様なアプローチを試みます。

サービスの流れ アクセス解析からユーザーの行動シナリオを導き出し
実現可能な改善提案をレポーティングとともに行います。

流入分析 → ユーザー行動・シナリオ設計 → ファネル分析 → ユーザー行動分析 → 改善方針・具体案策定 → レポーティング

流入分析

流入分析のイメージ画像

Google Search Console、Google Analytics、Google Keyword Planner等を併用し、検索キーワード、ユーザーニーズ、訪問後のユーザー行動、コンバージョン数などを収集・整理します。

ユーザー行動シナリオ設計

ユーザー行動シナリオ設計のイメージ画像

流入分析から、サイト内のユーザー行動や心理を推測し、成果に至るまでのユーザーの基本的な流れを行動シナリオとして定義します。このシナリオが、サイトが目指すべき理想の姿となります。

ファネル分析

定義したユーザー行動シナリオをベースに、「ユーザーはシナリオ通りに行動しているか?」「行動していなければどこに問題があるのか?」といったことを、収集した数値データを元に検証します。

※「ファネル」とは「漏斗(ろうと、じょうご)」を意味します。ファネル分析では、データを行動ステップ順に漏斗状に整理し、ユーザーの離脱点などのボトルネックを探っていきます。

ファネル分析のイメージ画像

ユーザー行動分析

ユーザー行動分析のイメージ画像

ファネル分析で明らかになったボトルネックを中心に、ユーザー行動をより詳細に分析していきます。必要に応じてヒートマップ分析や簡易ユーザーテストを併用し、課題を明らかにします。

改善方針・具体案策定

改善方針・具体案策定のイメージ画像

分析結果に基づき、レイアウト、コンテンツ、動線などの改善案を策定します。単なる部分最適ではなく、理想となるユーザー行動シナリオを元に、ビジネス上の成果に繋がる改善方法を考えます。

レポーティング

レポーティングのイメージ画像

上記の分析結果、考察、改善案をレポートにまとめて提出します。必要に応じて簡易ワイヤーフレーム等を作成し、改善案を具体的に、明確にします。改善の実施方法は協議して決定します。

検索ユーザー導線改善支援のご相談はこちらからどうぞ

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×