【基本】関連キーワードとは?調べ方やSEO効果を高める方法を解説

更新日:
【基本】関連キーワードとは?調べ方やSEO効果を高める方法を解説

関連キーワードとは、検索されたメインキーワードに関連するキーワードのこと。

Googleの検索結果の下部に表示されます。メインキーワードに対してほかユーザーがよく検索するキーワードになるため、ユーザーの検索意図を把握する上でも役立ちます。

ここでは、関連キーワードの概要や調べ方のほか、サジェストキーワードとの違い、SEOのポイントなどについて解説します。

この記事のポイント

  • 関連キーワードは検索したメインキーワードに関連するキーワードのこと
  • 関連キーワードはSEO対策やコンテンツ作りのヒントとして活用できる
  • 意外な関連キーワードから、作るべきコンテンツのヒントを得ることができる

\プロのノウハウを詰め込みました!資料ダウンロードはこちらから/

関連キーワードとは

関連キーワードとは、検索エンジンで検索したキーワードに関連する、もしくは連想されるキーワードのことを指します。

入力した検索キーワードの同義語や類義語まで含むため、キーワードの検索ニーズを知る際の手がかりとすることができます。

あるキーワードと関連して検索される言葉

具体的には「SEO対策」で検索すると、Googleの検索結果下部に「SEO対策に関連する検索キーワード」という項目が表示され、「SEO対策 費用」「SEO対策 効果」など、10項目の関連キーワードが表示されます。

■関連キーワード

SEO対策に関連する検索キーワードのスクリーンショット

ここに表示された関連キーワードは、ユーザーがよく検索しているキーワードになるため、SEO対策やコンテンツ作りのヒントとして活用することが可能です。

\プロのノウハウを詰め込みました!資料ダウンロードはこちらから/

関連キーワードの仕組み

関連キーワードは、Googleのアルゴリズムによって自動的に表示される仕組みになっています。

過去に検索されたキーワードやその検索頻度、参考にしたサイトなど、Web上のさまざまな情報が反映されます。関連キーワードは、そのため、検索するデバイスや場所などの影響は受けないとされています。

また、Web上のさまざまな情報を反映するので、トレンドが影響することで検索したキーワードを含まない関連キーワードが表示されることもあります。

関連キーワードの調べ方・ツール紹介

SEO対策にも役立つ関連キーワードは、どのようにして調べるとよいのでしょうか。いくつかの調べ方およびツールを紹介していきましょう。

Googleの「関連する検索キーワード」をチェックする

最も一般的な調べ方は、Googleの検索結果下部に表示される「関連する検索キーワード」をチェックすることです。調査したいメインキーワードを検索すると、下部に10項目の関連キーワードが表示されます。

キーワードプランナーで検索ボリュームを確認する

関連キーワードの検索ボリュームを調査する場合は、Googleが提供する「キーワードプランナー」を使うことをおすすめします。

キーワードプランナーは、GoogleのWeb広告の運用ツールになります。

キーワードプランナーの「検索のボリュームと予測のデータを確認する」という画面に、Googleの検索結果下部に表示された関連キーワードを入力すると、検索ボリュームが表示されます。

関連キーワードの専用ツールを使う

関連キーワードを取得するための無料の専用ツールも多数提供されています。ラッコキーワード」や「Keyword Tool」「Kouho」といったツールが使いやすいでしょう。これらのツールは、Googleだけでなく、BingやYahoo!など他の検索エンジンの関連キーワードが調査できるため、より広い視点から関連キーワードを調査することができます。

サジェストキーワードとの違い

関連キーワードとよく似た言葉に「サジェストキーワード」があります。サジェストキーワードとは、検索窓にキーワードを入力すると下に羅列されるキーワード候補のことを指します。

■サジェストキーワード

SEO対策でGoogle検索を行った際のサジェストキーワードのスクリーンショット

サジェストキーワードは、入力した検索キーワードや他ユーザーが検索しているキーワード、過去に行った関連する検索などが反映されます。Googleアカウントにログインしており、「ウェブとアプリのアクティビティ」を有効にしている場合、上記の情報が反映されるとされています。

 

関連キーワード:検索結果ページの下部に表示されるキーワードのこと/サジェストキーワード:検索エンジンに「候補」として表示されるキーワードのこと

 

サジェストキーワードは、過去の自分の検索傾向が反映されるため、検索するタイミングでサジェストキーワードが変化する可能性があります。

他ユーザーが検索しているキーワードには、検索を利用している地域で人気を集めている急上昇ワード検索が含まれるため、1日を通して変化するとされています。これらの条件から、人によって表示されるサジェストキーワードの内容はそれぞれ異なります。

 

\プロのノウハウを詰め込みました!資料ダウンロードはこちらから/

関連キーワードからSEO効果を高める方法

関連キーワードを活用してコンテンツを作成すると、どのようなSEO効果が見込めるのでしょうか。関連キーワードからSEO効果を高める方法を見ていきましょう。

関連キーワードを参考にしたキーワードの広げ方

関連キーワードは、検索ニーズを知る際の手がかりになります。

キーワード調査の際には、どのような検索ニーズがあるかを深堀りしていきますが、関連キーワードおよび検索ボリュームを把握することで、該当するキーワードでユーザーは何を知りたいのかが見えてきます。

また、意外な関連キーワードから、作るべきコンテンツのヒントを得ることができます。たとえ検索ボリュームが少なくても、検索意図が明確であれば、意欲の高いユーザーの流入が見込めるので、コンバージョンにつながる可能性もあるでしょう。

例えば、「ファッション」を検索したときの関連キーワードを確認してみましょう。

ファッションに関連するケ検索キーワードのスクリーンショット

関連キーワードから、「メンズ」「「レディース」からは性別ごとのニーズ、「40代」「20代」からは年代別のニーズがあることが見えてきます。

それぞれ検索ボリュームを調べながら、コンテンツを作るべきキーワードを絞っていきます。

注目したいのは「ファッション 40代」「ファッション 20代」です。ここから「ファッション 30代」「ファッション 10代」「ファッション 50代」といったキーワードボリュームを調べてみることで、キーワードの幅が広がっていきます。

関連キーワードを参考にしたコンテンツの作り方

関連キーワードを参考にしたコンテンツ作りとしては、1記事で1キーワードをしっかり作るほかに、1記事で複数の関連キーワードを網羅した方法があります。

先ほどの「ファッション」の例で見ると、下記のような方向性が考えられるでしょう。

  • 1記事=1キーワードをしっかり解説 40代のファッションに関するコンテンツ
  • 1記事=複数の関連キーワードを網羅 10~50代の年代別ファッションに関するコンテンツ 

関連キーワードをコンテンツに含めながら、ユーザーにとって分かりやすい良質なコンテンツを丁寧に作りましょう。

 

また、現在ではSEOコンテンツ作成を代行する、Transcope(トランスコープ)などのAIツールなどもあるので活用してみることも良いでしょう。

関連キーワードでSEO効果を最大化しよう

関連キーワードはユーザーの検索意図を把握する上で重要なヒントになります。コンテンツを作成する際は、メインキーワードだけでなく関連キーワードにも目を向けて、ユーザーのニーズを満たす良質なコンテンツに仕上げましょう。

その積み重ねが、やがてSEO効果を最大限に引き出すことにつながるはずです。

キーワードやコンテンツマーケティングなど、SEOでお悩みのこと、お困りのことがございましたら、ナイルへお気軽にご相談ください。弊社のコンサルタントが一貫してサポートいたします。

「さらにSEOを学びたい!」という方へ

ナイルの人気SEO資料3点セットです。 SEO初心者の方やSEOについて把握したい方は、まずはこの3点の資料をご覧ください!

無料で資料を受け取る

ナイルの無料相談に申し込む

ナイルのSEOコンサルティングサービスはこちらで紹介しております!

編集者情報

金子 光
金子 光(かねこ ひかる)
新卒で楽天グループ株式会社に入社。
営業管理として40人規模のチームをマネジメント。その後社員3人のベンチャー企業に入社し新規事業立ち上げを経験。
現在はナイルのマーケティング相談室編集長として、Webマーケティングに従事している。
無料相談はこちらから

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

インハウスSEOのメリット

インハウスSEOのメリットとは?デメリットと共に解説

SEOとURLの関係とは?効果的なURLの付け方や、Google推奨のURL構造を解説

SEOとURLの関係とは?効果的なURLの付け方や、Google推奨のURL構造を解説

外部リンクには漏れなく”nofollow”とか、いい加減やめませんか

新着記事

就活企業リサーチ行動調査

【就活における企業リサーチ行動調査】

Webマーケティング外注先の選び方ガイド!おすすめ企業や費用相場も紹介

Webマーケティング外注先の選び方ガイド!おすすめ企業や費用相場も紹介

【完全ガイド】Webマーケティングの依頼の仕方と相場・ポイントを紹介

Webマーケティングの依頼の仕方と相場・ポイントを紹介

サイト内検索

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。