マーケティングオートメーションとは

更新日:
マーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーションとは、獲得した見込み客の情報を一元管理し、マーケティング行為の一部を自動化、可視化するソフトウェアを指します。

マーケティングオートメーションでできること

マスマーケティングの時代から、個人にパーソナライズしたマーケティングの時代へ移行し、顧客関係管理(CRM)が注目を集めるようになりました。顧客関係管理を応用した概念がマーケティングオートメーションです。

マーケティング活動において、商品やサービスを購入する可能性がある消費者に対して情報提供などのマーケティング・コミュニケーションを行い、購買に繋げ、さらなるコミュニケーションにより再購入や顧客連鎖を促進する段階が必須とされています。

マーケティングオートメーションでは、上記のマーケティング行為において、収集した属性を基に一人一人のユーザーの商品・サービスへの興味関心が深まるようなコンテンツを発信することで、マーケティング活動の一部を支援します。

マーケティングオートメーション導入の注意点

マーケティングオートメーションソフトウェアを運用するにあたり、各顧客に対する施策や属性管理を行うための方法論が企業内で確立されている必要があります。そのため、導入までにはある程度のコストが必要になります。

また、導入前の設計をおろそかにすると効果が得られません。設計内容の一例として、具体的な数値目標を掲げたゴールの設定、見込み顧客とするターゲットの設計、結果を定量化するためのスコアリング設計などが挙げられます。

さらに、導入後しばらくはログの取得と検証を行い、改善するサイクルを実行し、初期設計のずれを改善する運用が必要です。

まとめ

マーケティングオートメーションとは、近年のマーケティングにおいて重要視されるようになった個人にパーソナライズ化したマーケティングを自動化、可視化するソフトウェアを指します。

導入にはある程度のコストが必要です。

関連記事

aidmaとは

AIDMAモデルとは?5つのステップと具体例をわかりやすく解説

SIPSとは

SIPSとは

デジタルマーケティング

デジタルマーケティングとは?6つの手法について解説

新着記事

webコンサルティングとは

Webコンサルティングは何をしてくれる?導入のメリットを解説!

岸 穂太佳が執筆した『現場のプロが教える! BtoBマーケティングの基礎知識』発売中!

ecサイト

ECサイトとは?実際の運営ポイントまで解説