Googleデータポータルのレポート作成方法をわかりやすく解説

更新日: 公開日:
Googleデータポータルのレポート作成方法をわかりやすく解説

Googleデータポータルは、使い勝手がいいBI(ビジネスインテリジェンス)ツールです。Googleツールとの相性がよく、無料ながら十分な機能を持っています。

ここでは、Googleデータポータルについて、レポート作成方法を中心に解説していきます。

Googleデータポータルのレポート作成手順

Googleデータポータルでのレポート作成の手順をご紹介しましょう。

トップページから設定する

まずは、Googleデータポータルのトップページから、設定作業を進めていきます。

手順1

まず、Googleデータポータルのトップページから「無料で利用する」をクリックします。Googleにログインしていない場合、ここでログインを促されますから、Googleアカウントでログインします。

Googleデータポータルのホーム画面に移動します。

データポータル 作成

手順2

画面左側の「Template」、あるいは右上の「テンプレートギャラリー」をクリックすると、豊富に用意されたテンプレートを一覧できます。手早くレポートを作りたい場合には、これらのテンプレートを利用すると良いでしょう。

ここではテンプレートを使わず、新規にレポートを作成することにします。

データポータル 作成

手順3

画面左上の「作成」をクリックすると、プルダウンメニューが現れます。ここでは「データソース」を選んでください。するとGoogleコネクタの一覧画面に移動します。

データポータル 作成

手順4

ここで、Googleデータポータルで連携したいデータソースを選択します。

データポータル 作成

手順5

例えば、Googleアナリティクスを選択すると、紐づけられているサイトの中から選択する画面に移動します。選択し終えたところで画面右上の「接続」をクリックし、さらに次の画面で右上の「レポートを作成」をクリックします。これでGoogleアナリティクスに接続・連係し、指定したサイトのデータをデータポータル上で表示することができます。

データポータル 作成

グラフや表を活用してレポートを作る

ここから先は、レポート画面を構築していく作業です。

手順1

「グラフを追加」メニューに用意されている多種多様なグラフを使って連携しているデータを視覚化し、ページ上に配置していきます。

手順2

グラフや表は、さまざまな形で表示できます。レポート上に配置したグラフを選択すると、レポート画面右側にグラフ形式の選択肢のほか、どのデータを紐づけるかを決める「データ」、カラーや書体を変更できる「スタイル」などが表示されます。これらを指定していくことで、より見やすいレポートに仕上げることができます。

データポータル 作成

Googleデータポータルで視覚化できるデータの例

Googleデータポータルは、実に幅広いデータを扱い、視覚化できます。どのように使うかはアイデア次第ですが、多くの企業で活用できると思われる、3つの例について説明しておきましょう。

Googleスプレッドシートからレポートを作る

売上実績を管理しているGoogleスプレッドシートをデータソースにしてGoogleデータポータルに連携すれば、さまざまな切り口で売上状況を分析できます。

収集したデータをグラフ化する際には、「ディメンション」と「指標」を指定します。ディメンションとは「どの範囲でデータを区切るか」を指定するもので、例えば指標を販売数にし、ディメンションを「日付」にすれば「日ごとの販売数」を示すグラフができます。ディメンションを「商品名」にすると「商品ごとの販売数」をグラフ化できます。このふたつを組み替えることで、さまざまなグラフを作成することができるのです。

Googleアナリティクスの解析情報をレポートにまとめる

GoogleデータポータルとGoogleアナリティクスを連携して、解析情報をレポートにまとめます。「ディメンション」と「指標」の組み合わせを選ぶことで、さまざまな解析情報をレポートにまとめることが可能です。

例えば、「ディメンション」に「ページ」を設定すれば、ページごとのデータが得られます。そして指標をセッションや離脱率など、知りたい情報に設定すれば、「ページごとのアクセスと離脱率」を視覚化したレポートを作れます。

Google Search Consoleで検索状況をつかむ

Googleデータポータルと、Google Search Consoleを連携して、検索状況をつかむ方法です。

マンスリーで各キーワードの掲載順位を追うには、ピポッドテーブルから、列のディメンション「Date」、行のディメンション「Query」、指標「Average Position」を選択してください。

データポータル 作成

また、各クエリの掲載順位とCTAを見たい場合、ディメンション「Query」、指標「Average Position」「CTA」を選択してください。

データポータル 作成

Googleデータポータルの共有設定を行う

レポートが関係者にも見られるように、共有設定を行う方法を確認しておきましょう。

手順1

データポータルでの共有設定には、いくつかの方法がありますが、画面右上の「共有」をクリックすると、5つの方法の中から選ぶことができます。

  • 他のユーザーを招待
  • メール配信をスケジュール
  • レポートへのリンクを取得
  • レポートを埋め込む
  • レポートをダウンロード

データポータル 作成

手順2

共有方法は、どれがいいかはケースバイケースです。常に閲覧・編集に関わってほしい相手であれば「他のユーザーを招待」、定期的にレポートをメールで送信したいなら「メール配信をスケジュール」がいいでしょう。

「レポートへのリンクを取得」は、このレポートを見てほしい人に対してリンクを伝えるだけですから、いちばん手軽で簡単な共有方法といえます。

まずはGoogleデータポータルを使ってみよう

Googleデータポータルは多くのツールと接続でき、幅広いデータを扱えるツールです。まずはシンプルなレポート作成から始め、Googleデータポータルの操作に慣れていきましょう。それとともに少しずつ複雑なレポートに挑戦していけば、やがて見やすく効率の良いレポートを作成できるようになるはずです。

関連記事

【寄稿】少数派の意見も漏らさず表現!ユーザビリティテスト結果の取りまとめ事例

MA 導入 課題

MA導入後のよくある課題は?どうすれば解決できるかを紹介

コスト・リーダーシップ戦略とは

コスト・リーダーシップ戦略とは

新着記事

ホワイトペーパー ダウンロード

ホワイトペーパーのダウンロード数を伸ばす方法とは?

ホワイトペーパー 意味

ホワイトペーパーの意味は?営業資料との違いや種類を解説

リード 獲得 単価

リード獲得単価(CPL)とは?活用方法から改善のコツまで解説

サイト内検索