M1層・M2層・M3層とは?テレビCMの視聴者層の違いを解説

更新日: 公開日:
M1層・M2層・M3層とは?テレビCMの視聴者層の違いを解説

テレビCMや広告を打つときには、ある程度ターゲットを絞り込んで、その層に刺さる内容を考えなければなりません。男性が主要顧客である商品を販売するときに意識したいのが、M1層・M2層・M3層です。

今回はM1層・M2層・M3層それぞれの定義から、性別・年代で区分するメリットを紹介します。

\テレビCMを成功させるために!資料ダウンロードはこちらから/

M1層・M2層・M3層とは

テレビCMやマーケティングにおいては、性別・年代を区分してターゲットを把握することがあります。

そのなかでM1層・M2層・M3層という区分があります。M(Man)は男性、続く1は20~34歳、2は35~49歳、そして3は50歳以上の人物が当てはまります。

  • M1層 20~34歳の男性
  • M2層 35~49歳の男性
  • M3層 50歳以上の男性

また、F1層・F2層・F3層という区分があり、こちらはF(Female)で、1は20~34歳、2は35~49歳、そして3は50歳以上を意味します。

  • F1層 20~34歳の女性
  • F2層 35~49歳の女性
  • F3層 50歳以上の女性

これ以外にも、4~12歳の子どもは「C層」、13~19歳の10代男女は「T層」と呼ばれます。もちろん一概には言えませんが、性別と年齢を区分し、ターゲット層のマスに刺さる広告・CMを意識して制作することで、ヒットする可能性が高まるのです。

M1層・M2層・M3層それぞれに見られる特徴

同じ男性でも年代によって趣向は変わってきますので、年齢区分は参考にしておきたいところです。ここでは、M1層、M2層、M3層それぞれに見られやすい特徴を紹介します。

M1層の特徴

M1層は、20~34歳の男性になります。社会人経験がまだまだ浅く、経済的余裕もさほど多くはありません。大学生であればなおさらです。しかしながら、ビジネスや趣味に対するモチベーションはほかの年代と比べても高く、スキルアップに励む男性も少なくありません。

M2層の特徴

M2層は、35~49歳の男性になります。35歳以上になると結婚している人が増えはじめ、家庭に落ち着く人も見られます。独身のときには、自己投資に使っていたお金を家族にまわすようになり、収入は増えても財布のひもはM1層のときより固くなることもあります。高収入の男性であっても、実際に家計は妻が管理しているということも珍しくありません。しかし、共働きが当たり前になっている現代では、夫婦それぞれが財布を持ち、ある程度自分のことにお金が使えるM2層も見られます。

M3層の特徴

M3層は、50歳以上の男性になります。管理職などの役職に就いている人が多いM3層は、子どもが独立して経済的余裕がある人が多数いるとされています。この世代は、自動車やファッションなど、ブランドにこだわる人が多く、「少々高くても、品質が良いものを」と考える傾向にあります。定年退職した後もアクティブで、旅行やスポーツなど、新しい趣味を見つけようとしている人もいます。高齢化社会が進んでいる日本において、母数が多く、広告を打つうえでは無視できない重要なターゲットといえるでしょう。

ターゲット層を定めてプロモーションをするメリット

なぜテレビCMやマーケティングには、ターゲット層の想定が有効なのでしょうか。ターゲット層を定めるメリットを3つ紹介します。

メリット1 商品・サービスの方向性を決めやすい

ターゲット層を定めることで、商品・サービスの方向性が見えてくることがあります。例えば、M層をターゲットにした商品・サービスであれば、ハードなデザインで、色は黒や青といった方向性を定めてもいいでしょう。方向性が定まっていないと、中途半端な印象で、どの年代や性別にも刺さらず、失敗に終わってしまう可能性があります。

メリット2 商品のイメージを共有しやすい

ターゲット層が定まっている商品は、広告でパッと見せただけでも消費者にイメージが伝わりやすく、興味を持ってもらいやすいと考えられます。特にテレビCMの場合は、わずか15秒の間に商品のイメージを伝えなければならないため、ターゲット層を絞っておいたほうがいいでしょう。

メリット3 消費者の動向を把握しやすい

消費者の購入動向を探るうえでも、ターゲッティングは有効です。購入者の年代や性別を理解しておくことで、新しい商品を開発するときにも、「どの商品がどの層に人気か」など、過去の情報を役立てられます。

M1層・M2層・M3層を把握しておこう

M1層・M2層・M3層は、それぞれに特徴があり、的確に年代ごとの傾向を把握しておくことで有効なターゲッティングをできるようになります。すべてを鵜呑みにする必要はありませんが、基本的な傾向を理解しておくことで、効果的なテレビCMや広告作りが見えてくるはずです。

なお、ナイルでは大手広告代理店と提携し、テレビCM支援を行っています。効果が出ないCMを出稿し続けることがないように、ナイルが広告代理店との交渉をお手伝いさせていただきます。ぜひお気軽にご相談ください。

また、テレビCMを成功させるためのポイント5選をまとめた資料もご用意しております。

  • ポイント1.商品の便益
  • ポイント2.GRPの単価
  • ポイント3.線引き
  • ポイント4.クリエイティブ
  • ポイント5.代理店交渉

具体的な内容については、ダウンロードの上、ご確認ください。

関連記事

Google広告とは?広告の種類とキーワードプランナーの活用法を解説

テレビCM メリット

テレビCMのメリットとは?どのような効果があるか解説

全国ネット番組

全国ネット番組とは?CM出稿するメリットやローカル番組との違いを解説

新着記事

本日のSEOニュース(2021年11月24日収集分)

noindexとcanonicalの併用に関して

本日のSEOニュース(2021年11月18日収集分)

コアアップデート実施(November 2021 Core Update)

オウンドメディア 企画書

オウンドメディアの企画書を通すには?社内プレゼンのポイントを解説

サイト内検索