テレビ局と制作会社の違いは?どのような役割があるか解説

更新日:
テレビ局と制作会社の違いは?どのような役割があるか解説

テレビ局と制作会社は、仕事の内容や役割など、多くの相違点があります。テレビCMを出稿する際に困らないよう、テレビ局と制作会社の違いを知っておきましょう。

\テレビCMを成功させるために!資料ダウンロードはこちらから/

テレビ局と制作会社の違い

テレビ局の主な仕事は放送事業、つまり「放送すること」が仕事です。番組を作ることもありますが、テレビ局が局内で制作する番組は、定時のニュースや報道番組、特集番組など、ごく一部に限られています。 一方の制作会社は、テレビ局が放送する番組の多くを制作しています。どんな番組にするか、企画段階から中心的な存在として番組に関わり、テレビ局と連携しながら番組を作っていきます。

また、テレビ局は、番組に付属する広告枠をスポンサーに販売し、利益を得ています。ですから収益を上げるためには、より多くの視聴者を集める、良質で人気のある番組を放送することが必要です。

制作会社は基本的に請負型で、テレビ局から依頼を受けて番組を制作し、対価を受け取るというビジネスモデルになります。

なお、CMの場合は、テレビ局の制作部門が制作することはなく、外部のCM制作会社が担当します。CM制作会社は、CMの企画を元に、撮影・編集業務を行い、CM映像を仕上げていく作業を行います。

テレビCMを依頼する流れ

テレビCMの出稿では、どのように依頼する流れになるのか、具体的に解説していきます。

テレビ局 制作会社 違い

STEP1:広告代理店に依頼する

企業がテレビCMを出稿したい場合、まずは広告代理店に依頼するのが通常ルートになります。 広告代理店は、テレビ局のCM枠を買い取って、CM映像を放送する手はずを整えたり、CM制作会社にCM映像の制作を依頼したりする役割を担います。また、アピールしたい商品・サービスの内容を理解した上で、それをどのような消費者層に届ければいいのか、どのようなCMを作るべきか、マーケティングの戦略を立案してくれるのも、広告代理店の大きな強みです。

STEP2:CM枠の種類を決定する

テレビ局のCM枠の種類を決定していきます。CM枠といっても、その内容は実に多種多様です。例えば、タイムCMかスポットCMか、ネットタイムかローカルタイムかという分類があります。

タイムCMとスポットCM

タイムCMとは、特定の番組に流れるCMのことです。テレビ番組の最後に「この番組はご覧のスポンサーの提供でお送りしました」というアナウンスが流れた場合は、タイムCMとなります。特定の番組の視聴者層に、効率良くアピールできるのが、タイムCMのメリットです。

スポットCMは、番組とは関係なく、あらかじめ決めた時間帯に放送されるCMです。さまざまな時間帯を選んでCMを流すことで、多くの層にアピールできます。

ネットタイムとローカルタイム

タイムCMの中の、さらに細かい分類になるのが、ネットタイムとローカルタイムです。キー局からネットタイムを購入すると、その系列のローカル局すべてに、タイムCMで流すことができ、全国にくまなく宣伝することができます。また、ローカル局からローカルタイムを購入すると、その局が持つ放送エリアにのみCMを流すことができます。地域性の強い企業や商品の宣伝には、ローカルタイムが適しています。

STEP3:CM制作会社に依頼する

広告枠の購入とは別に、放送するCM映像そのものを制作しなくてはなりません。広告代理店を通して依頼したり、自社でCM制作会社に依頼したりしていきます。CM映像の内容について、企画を具体化していき、撮影・編集を進めていくことになります。

STEP4:CMを放映する

テレビ局に、制作したCM映像が納品されたら、最終的なチェックが行われます。テレビ局側からCMの放送日時が提示されて、実際にCMが放映されることになります。

テレビ局と制作会社の役割を把握しよう

テレビCMを出稿する場合は、テレビ局と制作会社の役割を把握しておきましょう。またCM出稿する場合は、広告代理店を介したほうが安心です。

なお、ナイルでは大手広告代理店と提携し、テレビCM支援を行っています。効果が出ないCMを出稿し続けることがないように、ナイルが広告代理店との交渉をお手伝いさせていただきます。ぜひお気軽にご相談ください。

 

また、テレビCMを成功させるためのポイント5選をまとめた資料もご用意しております。

  • ポイント1.商品の便益
  • ポイント2.GRPの単価
  • ポイント3.線引き
  • ポイント4.クリエイティブ
  • ポイント5.代理店交渉

具体的な内容については、ダウンロードの上、ご確認ください。

編集者情報

金子 光
金子 光(かねこ ひかる)
新卒で楽天グループ株式会社に入社。
営業管理として40人規模のチームをマネジメント。その後社員3人のベンチャー企業に入社し新規事業立ち上げを経験。
現在はナイルのマーケティング相談室編集長として、Webマーケティングに従事している。
無料相談はこちらから

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

新規顧客獲得 コスト

新規顧客獲得コストを削減する方法とは?費用対効果がわかる計算式も紹介

チャットボット 比較 サービス

チャットボット15社を徹底比較!課題解決に応じたツールを選択する

リード獲得

リード獲得とは?具体的な13の手法と成功のコツを紹介

新着記事

就活企業リサーチ行動調査

【就活における企業リサーチ行動調査】

Webマーケティング外注先の選び方ガイド!おすすめ企業や費用相場も紹介

Webマーケティング外注先の選び方ガイド!おすすめ企業や費用相場も紹介

【完全ガイド】Webマーケティングの依頼の仕方と相場・ポイントを紹介

Webマーケティングの依頼の仕方と相場・ポイントを紹介

サイト内検索

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。