トラッキングIDを発行するには?Google アナリティクス 4(GA4)の方法を解説

トラッキングIDを発行するには?Google アナリティクス 4(GA4)の方法を解説

Google アナリティクス 4(以下、GA4)を用いてサイトのアクセス解析を行うためには、トラッキングIDという専用のコードを発行し、解析したいページに貼り付けなければなりません。

ここでは、GA4でトラッキングIDを発行する方法について、詳しく解説します。

\サクッと分かる!GA4の資料ダウンロードはこちらから/

Google アナリティクスにおけるトラッキングIDとは?

そもそも「トラッキングID」とは、Google アナリティクスにおいて、アクセス解析を行うための専用プログラムであるトラッキングコードに含まれる、特定の文字列のこと。

このトラッキングコード及びトラッキングIDを、アクセス解析したいページに貼り付けることで、「ユーザーがどこから訪問したのか」「どのくらいの時間ページに滞在したのか」「サイト内のどのページを回遊しているか」といった情報を取得することができます。

トラッキングコード及びトラッキングIDを貼り付けることは、Google アナリティクスを用いてアクセス解析を行う場合、必須の設定となります。

Google アナリティクスのトラッキングIDは2種類

Google アナリティクスのトラッキングIDは、2種類あります。1つ目が、「UA-」から始まるトラッキングIDです。このトラッキングIDは、従来のGoogle アナリティクスであるユニバーサルアナリティクス(UA)に対応しています。2つ目は、「G-」から始まるトラッキングIDで、GA4に対応したものです。今後の主流は、GA4になる可能性が高いため、「G-」のトラッキングIDについては発行方法を把握しておく必要があるでしょう。

アクセス解析したいページに、トラッキングコードを貼り付ければ、アクセス解析が可能になります。

googleアナリティクス4 トラッキングid

\サクッと分かる!GA4の資料ダウンロードはこちらから/

Google アナリティクス 4(GA4)のトラッキングIDを発行する方法

「G-」から始まるトラッキングIDを発行する方法について、4つの手順を確認していきましょう。

手順1 プロパティ作成を選択する

まずはGoogle アナリティクスを開き、「管理」のページ右上にある「+プロパティを作成」を選択します。

googleアナリティクス4 トラッキングid

手順2 詳細オプションを表示する

プロパティ作成を選択すると、設定画面が表示されますので、任意の「プロパティ名」を入力し、ページ下部にある「詳細オプションを表示」を選択します。

googleアナリティクス4 トラッキングid

手順3 両方作成を選択する

次に表示された画面で、「ユニバーサルアナリティクスプロパティの作成」をクリックして、オンの状態にしましょう。その上で、「ウェブサイトのURL」にアクセス解析をしたいサイトのURLを入力します。「Googleアナリティクス4とユニバーサルアナリティクスのプロパティを両方作成する」のラジオボタンを選択して、「次へ」をクリックしてください。

なお、「ユニバーサルアナリティクスのプロパティのみを作成する」を選択した場合、「G-」から始まるトラッキングIDが発行されず、「UA-」から始まるトラッキングIDしか発行されません。

googleアナリティクス4 トラッキングid

手順4 トラッキングIDが発行される

「ビジネスの概要」のページが開くので、画面の指示に従って自社の内容を選択します。最後に、画面最下部にある「作成」をクリックすれば、「G-」から始まるトラッキングIDが発行されます。

googleアナリティクス4 トラッキングid

トラッキングID・トラッキングコードの設置方法

トラッキングIDは、発行しただけではその効果を発揮してくれません。測定したいページにトラッキングIDを含めたトラッキングコードを貼ることで、はじめてアクセス解析ができるようになります。トラッキングコードの設置方法について確認していきましょう。

手順1 GA4のトラッキングコードを発行する

GA4のトラッキングコードは、左下にある歯車マークの「管理」→「データストリーム」から、計測したいストリーム名を選択することで、トラッキングコードについての情報が表示されます。「グローバルサイトタグ(gtag.js)」と書かれた部分に表示されたトラッキングコードをコピーしてください。

googleアナリティクス4 トラッキングid

手順2 GA4のトラッキングコードを貼り付ける

アクセス解析したいページのタグ直前に、コピーしたトラッキングコードを貼り付ければ、設置完了です。WordPressの場合は、例えば「外観」→「テーマエディター」→「テーマヘッダー(header.php)」にトラッキングコードを貼り付ける作業になります。

ただし、タグへの貼り付けはミスが起こりやすいため、Googleタグマネージャー(GTM)を使用する方法がおすすめです。Googleタグマネージャーを使っていたら、タグマネージャーコンテナ内の「タグ」から「新規」をクリックして、「タグ設定」→「GA設定」を選択します。トラッキングコードを貼り付けて、配信トリガーに「All Pages」を追加することで、設定完了です。

トラッキングID設置の際の注意点

トラッキングIDを設置する際、いくつか気をつけておくべきことがあります。トラッキングID設置における注意点について、ご紹介します。

二重計測に注意する

二重計測とは、1つのページに複数のトラッキングコードを貼り付けるミスのこと。このミスを犯してしまうと、正確なアクセス解析データが入手できなくなってしまいます。

「G-」に対応していないサービスがある

GA4は最近登場した新しいプロパティであり、そのため「G-」のトラッキングIDに対応していないサービスも存在します。この場合、「G-」のトラッキングIDを設定しても、アクセス解析がうまくできません。

従来の「UA-」のトラッキングIDを使用することも、検討しておくといいでしょう。

Google アナリティクス 4(GA4)のアクセス解析を活用する

トラッキングIDを発行・設定し、Google アナリティクスでアクセス解析することは、サイト運営にとって非常に重要な要素です。特に、思うような成果を得られていない場合は、アクセス解析をしっかり行うことで、サイトのどの部分に課題があるのか特定しやすくなるでしょう。

なお、ナイルでは、GA4の導入からサイト分析まで、お任せいただくことが可能です。状況をヒアリングした上で、サイト分析に何が必要なのか、どのように進めればいいのか、ご提案させていただきます。ぜひ一度、ご相談ください。

 

また、GA4のことがサクッとわかる資料もご用意しております。

  • GA4と現在のGoogle アナリティクスの違い
  • 最低限設定しておきたいポイント解説(キャプチャ付き)
  • GA4を設定しておかないとどうなってしまうのか

といった内容を解説しています。具体的な内容については、ダウンロードの上、ご確認ください。

関連記事

F1層 F2層 F3層

F1層・F2層・F3層とは?テレビCMの視聴者層の違いを解説

【スライド付き】Webサイト分析と改善の基礎(前編)

ページ/セッションとは?回遊率を上げるメリットと改善方法について

新着記事

SEO アウトソース

SEOをアウトソースするメリットと注意点とは?

リスティング広告 seo

リスティング広告とSEOはどっちが効果的?その違いを徹底比較

集客 導線

集客導線の考え方とは?入り口と出口に分けて8つの方法を解説!

サイト内検索