Google アナリティクスの流入元キーワード(not Provided)の割合が増加しているのはなぜですか?

Google アナリティクスの流入元キーワード(not Provided)の割合が増加しているのはなぜですか?

本記事は2016年に作成されたものです。2021年現在も(not Provided)の割合は非常に多く、流入キーワードを確認する場合はGoogle Search Consoleを使用することがおすすめです。

Google アナリティクスの計測で、自然検索流入キーワードのうち(not provided)の占める割合が増加している原因と、その対応策を解説しています。

アクセス解析について知りたい方はこちら

アクセス解析を活用して売上に繋げたい方はこちら

(not provided)とは?

Google アナリティクス上の「(not provided)」とは、サイトへの流入キーワードのうち、Googleから提供されていない検索キーワードのことを指します。 検索ユーザーがSSL通信(https://で始まるURL)を使用して検索を行った場合、Googleは、その検索ユーザーのプライバシーを守る名目で、その検索キーワードを提供していません。

例えば、GmailやGoogle+などGoogleのアカウントでログインしている状態で検索を行うと、自動的にSSL通信行うため、その検索キーワードは提供されず「(not provided)」となります。

ちなみに、この措置はGoogleアナリティクスだけでなく、他のサードパーティ製のアクセス解析サービスにも取られています。

参考:(not set)との違い

「(not provided)」と似た項目で「(not set)」というものがあります。「(not set)」とは、「(not provided)」と違い、流入キーワードの情報が正しく取得できなかった場合です。原因としては、Analyticsのトラッキングコードの設置ミスなどが考えられ考えられます。「(not set)」の占める割合が小さい場合は無視してもよいでしょうが、占める割合が大きいのであれば、設定などを見直すことをおすすめします。

(not provided)が増加している理由

Not Providedの占める割合が増加している

昨今この「(not provided)」の流入キーワードに占める割合が増加傾向にあります。背景としてGoolgeが強制的にHTTPS通信を使用するようになったことがあります。「http://www.google.com」のように、通常のhttp://で始まるURLを使用しGoogleにアクセスしようとしてもhttps://で始まるSSLのページヘリダイレクトすることがわかります。

このため、「(not provided)」の占める割合は今後も増加することが予想されます。「(not provided)」の占める割合が増えるということは、サイトに流入している検索キーワードがわかりにくくなります。そのため、SEOで効果を測ることや、SEO上の施策に集中するポイントを見極めることが難しいくなります。

流入キーワードを知るための代替策

そこで、流入キーワードを知る代替案として以下の3つが挙げられます

  • ウェブマスターツール
  • Yahooのオーガニックのみを指標とする
  • Adwords等のリスティング広告

それぞれ簡単に説明します。

ウェブマスターツール

ウェブマスターツール「検索クエリ」という項目があります。アナリティクスほど正確な流入キーワードをだすことはできませんが、過去90日間に限定されますが、大まかな流入キーワードを知ることができます。

Yahooのオーガニックのみを指標する

Yahooから検索キーワードは、「(not provided)」の対象にはなりません。したがって「(not provided)」による影響はありません。しかしながら、サイトの性質上YahooよりGoogleからの流入のほうが多い場合など参考にできない場合があるで注意が必要です。

Adwords等のリスティング広告

Adwordsでは、リスティング広告だけでなくオーガニックからの流入キーワードの情報を入手することができます。Adwordsで広告を出稿しているのであれば、使ってみるとよいでしょう。
参考:https://support.google.com/adwords/answer/3097241?hl=ja

\プロのノウハウを詰め込みました!資料ダウンロードはこちらから/

まとめ

  • 「(not provided)」とは、Googleから提供されなかった検索キーワードのこと
  • Googleで検索する際に、SSL通信を使用すると「(not provided)」になる
  • Googleが強制的にSSL通信を使用するようになったため、「(not provided)」の占める割合は増加している。
  • サーチコンソールやAdwordsなど他のツールを使用することで、流入検索キーワードを知ることも可能

 


◎SEO戦略設計・運用コンサルティング
ナイルのSEOコンサルティングは戦略立案~運用改善~コンテンツ制作まで、コンサルタント・編集者がお客様に伴走し、全体を通して支援します。

編集者情報

金子 光
金子 光(かねこ ひかる)
新卒で楽天グループ株式会社に入社。
営業管理として40人規模のチームをマネジメント。その後社員3人のベンチャー企業に入社し新規事業立ち上げを経験。
現在はナイルのマーケティング相談室編集長として、Webマーケティングに従事している。
無料相談はこちらから

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

インバウンドマーケティング アウトバウンドマーケティング

インバウンドマーケティングとアウトバウンドマーケティングの違い

DAUとは?アクティブ率の調べ方とMAU・WAUについて

DAUとは?数値の活用方法とMAU・WAUとの違いについて解説

サーバーとは?サーバサイドでのページスピード高速化の7つのポイント

サーバーとは?サーバサイドでのページスピード高速化の7つのポイント

新着記事

就活企業リサーチ行動調査

【就活における企業リサーチ行動調査】

Webマーケティング外注先の選び方ガイド!おすすめ企業や費用相場も紹介

Webマーケティング外注先の選び方ガイド!おすすめ企業や費用相場も紹介

【完全ガイド】Webマーケティングの依頼の仕方と相場・ポイントを紹介

Webマーケティングの依頼の仕方と相場・ポイントを紹介

サイト内検索

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。