オーガニック検索からの流入を増やすための方法

公開日:
オーガニック検索からの流入を増やすための方法

ウェブマーケティングの施策において、オーガニック検索からの流入を増やす方法を検討すべきです。オーガニック検索からの流入を増やすことは、メリットだらけ。

ここでは、オーガニック検索からの流入を増やすための方法について解説します。

オーガニック検索からの流入はメリットだらけ

オーガニック検索は、GoogleやYahoo!といった検索エンジンで検索した際に表示される、広告枠以外の検索結果を指します。オーガニックサーチあるいは自然検索とも呼ばれます。このオーガニック検索からの流入を増やすことは、メリットだらけです。

まず、低コストで集客できるというメリットがあります。ウェブ広告は広告料がかかりますし、リスティング広告もユーザーがリンクをクリックするたびに課金されます。しかし、オーガニック検索からの流入には、直接的なコストはかかりません。

もう1つのメリットが、中長期に渡る流入が期待できるという点です。オーガニック検索からの流入を増やすためには、検索順位を上げることが重要ですが、一度順位が上がれば、継続的な流入を見込めます。もちろん検索エンジンのアルゴリズムが変更になることで、検索順位が変動することはありますが、それでも広告のように掲載期間が終わったら、流入が激減するということはないのです。

これらのメリットがあるために、オーガニック検索からの流入は、ウェブマーケティングの施策において重視されるのです。

オーガニックサーチ オーガニック検索 自然検索

オーガニック検索からの流入を増やす方法は?

では、オーガニック検索からの流入を増やすためには、どうすればいいのでしょうか?

前提として、オーガニック検索からの流入を増やすには、2つの視点を持っておく必要があります。まず、検索結果に表示される回数を増やすこと。より多くの人の目に触れることで、クリックされる回数を増やすという考え方です。もう1つは、クリック率を上げること。クリックされる確率を高めることで、流入数を増やすという発想です。流入を増やすためには、これら2つの視点を持っておくようにしてください。表示回数を増やし、多くの人の目に触れるようにして、さらにリンクをクリックされやすいように工夫するという、二段構えの施策を進めていきます。

オーガニックサーチ オーガニック検索 自然検索

表示される回数を増やすには?

検索結果で自社サイトの表示回数を増やすには、検索順位を上げていかなければなりません。

2017年にInternet Marketing Ninjas社が調査した、検索順位ごとのクリック率を見てみると、検索1位に表示された場合はクリック率21.1%ですが、10位に表示された場合はわずか1.6%となります。それだけ上位表示しなければ、意味がないことがわかると思います。

検索上位を狙うために実施すべきなのが、SEO(Search Engine Optimization=検索エンジン最適化)です。

SEO施策としては、まずは検索キーワードに対して適したページを用意することが基本です。自社と接点を持ってほしいユーザーが、どんなキーワードで検索するのかを、しっかりリサーチしましょう。例えば、「オーガニック検索」というワードで検索すると、「オーガニック検索とは何か」というページが上位表示されます。ですが「オーガニック検索 増やす」を検索すると、オーガニック検索での流入を増やすための情報を盛り込んだ、より具体的なページが上位に現れます。このように、キーワードごとに、検索ニーズが変わってきますので、ページの内容も変えて受け皿を用意する必要があります。

ほかにも、内部リンク構造を最適化する、スマホユーザーに対応する、ページスピードに気を配る、といった改善施策が考えられます。SEOについては、ぜひ下記の記事をご覧ください。

SEOとは?SEO対策の仕組み、技術対策、コンテンツ制作まで解説

クリックされる回数を増やすには?

クリック回数を増やす、クリック率を高めるためには、ユーザーの注意を惹き、「役に立つ情報がありそうだ」「このページを見てみたい」と思わせることになります。具体的な方法について解説しましょう。

タイトル、ディスクリプションを工夫する

検索結果を見ると、タイトルとディスクリプションが表示されます。タイトルの下に小さく表示される概要文が、ディスクリプションです。タイトルとディスクリプションで、ページの内容を伝え、ユーザーの興味を惹ければ、クリックされる確率は高まります。

例えば、「オーガニック検索をどのように活用すべきか」というタイトルだと、漠然としたイメージしか湧きません。しかし「オーガニック検索で流入を増やす4つの方法」とすれば、より具体的に内容がわかります。さらにディスクリプションで補足することで、「どんなことが書かれているのか」「自分に役立つページかどうか」ということを、ユーザーが判断しやすくなります。

構造化データのマークアップを行う

構造化データのマークアップも、検討したいSEO施策です。構造化マークアップとは、決まったルールに従って、ページ内のデータに印をつけることです。こうすると検索エンジンが「そのデータが何であるか」を理解しやすくなります。そして状況によって、検索結果の画面に「リッチリザルト」と呼ばれる追加情報が表示するようになります。

よく、検索結果に「よくある質問」が表示されることがありますが、これも「FAQ」というリッチリザルトです。FAQは検索結果に表示されるとユーザーの目を惹きますし、その場で疑問を解決できるため、クリック率が高いといわれます。

リッチリザルトには、FAQのほか、パンくずリストやレビューなど、30種ほどがGoogleによって規定されています。ページの内容に応じて活用することで、検索結果画面での差別化を図り、流入を増やすことにもつながるでしょう。

オーガニック検索の流入を増やすためのブランディング

ほかにも、オーガニック検索での流入を増やす方法はあります。自社のブランド名の露出を増やし、認知度を上げるという方法です。

これは「オーガニック検索の流入を増やすため」だけに行うものではありません。しかし各種の広告やプロモーションで、自社や主力商品が人々に知られることで、社名やブランド名、商品名で、指名検索されるケースが増えていきます。結果として、オーガニック検索からの流入を増やすことができるでしょう。

テレビCMでの展開、SNSでの情報発信、展示会への参加、プレスリリースなど、自社ブランドの認知を高める手法はさまざまあります。手間やコストなどを勘案しながら、自社に合った手法を探してみてください。

オーガニック検索の流入を増やすには中長期的な視点で

オーガニック検索からの流入を増やすことは、ウェブマーケティング担当者であれば、誰もが考えておきたいこと。そのためにできることは数多くあります。ただし、いずれもすぐに効果が表れるものではありません。

試行錯誤を繰り返しながら結果を検証して、中長期的な視点から取り組んでください。

なお、ナイルでは、集客だけではなく成果につなげるためのSEOコンサルティングが可能です。自社でSEOを実施するインハウスSEOに向かうためのサポートも可能です。ぜひ一度、ご相談ください。

関連記事

SEOの内部対策で確認すべき24のSEOチェックリスト

SEOの内部対策で確認すべき24のSEOチェックリスト

本日のSEOニュース(2021年4月13日収集分)

最近ソフト404が急に増えたサイトは、検索エンジンの不具合が影響しているかも

URLパラメータとは?パラメータ使用URLでの注意点

URLパラメータとは?パラメータ使用URLでの注意点

新着記事

ホワイトペーパー メリット

ホワイトペーパーを活用する5つのメリット

GA4導入状況に関するアンケート調査

GA4導入状況に関するアンケート調査【2022年7月実施】

seo対策 意味ない

SEO対策は意味がないって本当?成果が出ない原因と成功ポイントを解説