ロボット型検索エンジンとは

SEOで使われる用語「ロボット型検索エンジン」について解説しています。

ロボット型検索エンジンとは

ロボット型検索エンジンとは、WWW(World Wide Web)上のWebサイトのページ情報を自動で収集し、あらかじめデータベース化しておくことで、ユーザーが入力した検索キーワードをもとにデータベースに登録されたページのランキング付けを行い、検索結果を表示する仕組みのことです。主要な検索エンジンはほぼこの仕組みが導入されており、GoogleやYahoo!、Bingもロボット型検索エンジンを採用しています。

一方、手作業で情報を収集し、人力で分類を行う検索エンジンをディレクトリ型検索エンジンといいます。ロボット型検索エンジンが主流になるまでは、ディレクトリ型検索エンジンが主流でした。代表的な例では、Yahoo!カテゴリがこれにあたります。

ロボット型検索エンジンの仕組み

まず、クローラーあるいはスパイダーと呼ばれるロボットがWebサイトを自動で巡回し、訪れたページの情報を収集します。

クローラーによって集められたページ情報は、内容を単語ごとに分解して解析され(形態素解析)、データベースに登録されます。この処理を「インデックス」と呼びます。ユーザーの検索行動の前に、インデックスまでの一連の流れが完了しています。

ユーザーが実際に検索キーワードを入力すると、形態素解析により検索語が分解され、ランキングアルゴリズムに基づいて、インデックスされたWebページのスコアリングが行われます。順位付けされたページは、最終的な調整を経て、点数の高いものから順に検索結果に表示されます。

ロボット型検索エンジンの特徴

ロボット型検索エンジンは、原理的には世界中全てのWebページをクロールすることも可能であるため、ユーザーは膨大な範囲の情報から検索することができます。また、定期的にクローリングが行われるため、新鮮な情報からも検索することができます。

一方、検索キーワードによっては、検索エンジンがユーザーの意図を正確に読み取れないことがあります。また、扱うデータの量が膨大であるため、ユーザーが意図しないWebページが検索結果上に表示されてしまうこともあります。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

初級者から上級者まで幅広くコンテンツマーケティングの知識を学べるセミナーもございます

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×