noindexとは

SEOで使われる用語「noindex」について解説しています。

意味:noindexとは

noindexとは、特定のURLを検索エンジンにインデックスさせないようにするための構文です。noindexの記述されているURLは、原則としてどのようなキーワードで検索しても検索結果に表示されることがなくなります。

noindexの基本

noindexが使用されているページは、検索結果に表示されなくなります。noindexとは検索エンジンのロボット(クローラー)を制御するメタタグの一つで、検索エンジンに対して、該当するページを検索エンジンのインデックスへ登録しなくてよい、と伝える効果があります。そのページのHTML内のhead要素に下記のnoindexメタタグを埋め込みます。

<meta name=”robots” content=”noindex” />

検索結果には表示されなくなりますが、ロボットによるページの巡回は行われます。noindexと混同されがちなものにrobots.txtによるdisallowがありますが、こちらはロボットのアクセス自体を禁止するため、noindexとは異なります。

noindexされていてもロボットの巡回は行われるため、そのページにページランクが付くこともありますし、ページランクの受け渡しも行われます。noindexが指定されているページからのリンクは評価されます。

noindexの使用例

作成中のページやテストページなどの完成していないページが検索結果に表示されるのを防ぐために使うことがあります。本番環境にアップロードする際はnoindexを外すのを忘れないよう注意する必要があります。

なお、noindexを指定していながらもそのページからのリンクは検索エンジンにたどって欲しい場合、followのメタタグも入れることが望ましいです(必須ではありません)。その場合、head要素に入れるタグは下記のようになります。

<meta name=”robots” content=”noindex,follow” />

注意点

検索結果に表示させない、ということは基本的には流入が減るなどマイナスの効果を及ぼします。そのため、noindex使用する際は本当そうする必要があるか考えたほうがよいでしょう。特にパンダアップデートの話題で、価値の低いページをnoindexすることで対処するという話が出ましたが、むやみにnoindexを使用したことでむしろ流入が減ったサイトもあるのではないかと思います。

  • ページ自体は必要
  • 検索結果には表示させたくない
  • robot.txtやベーシック認証で制御するまでのものではない

という場合のみ使用することになります。

SEOを考える上でnoindexはあまり頻出するものではありませんが、サイトに大きな影響を及ぼすため、よく分からずに乱用することは大変危険です。また、ページのインデックスが消えてしまった場合は、誤ってnoindexを指定していないかの確認も行ってみてください。

少人数でSEO業務を担当されている方へ

社内外の関係者へ報告するためのレポート作成業務や日々の状況把握に追われ、施策の実行がおろそかになってにいませんか?Refractなら1つの画面で重要なデータを全て把握でき、その上ワンクリックで詳細なレポートを作成することが可能です。

SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中!

ワンクリックでレポート作成可能。SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中、15日間無料でお使い頂けます。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ(無料)

0120-304-864
受付時間:平日 10:00~18:30

フォームでのお問い合わせ

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。