noindexとは?noinddexタグの書き方と注意点について

意味:noindexとは

noindexとは、HTMLの<head>内に記載するmetaタグの値の一つであり、これが設定されたURLは検索エンジンにインデックスされなくなります。noindexが設定されているURLは、原則としてどのようなキーワードで検索しても検索結果に表示されることがなくなります。

noindexの基本

noindexとは検索エンジンのロボット(クローラー)を制御するメタタグの一つで、検索エンジンに対して、該当するページを検索エンジンのインデックスへ登録しなくてよい、と伝える効果があります。そのページのHTML内のhead要素に下記の記述を設定してください。

<meta name=”robots” content=”noindex” />

検索結果には表示されなくなりますが、ロボットによるページの巡回(クロール)は行われます。noindexと混同されがちなものにrobots.txtによるdisallowがありますが、そちらはロボットのアクセス自体を禁止する点がnoindexとは異なります。

noindexされていてもロボットの巡回は行われるため、そのページにページランクはつきますし、noindexが指定されているページからのリンクは評価されます。

特定のクローラーに対してのみnoindexを指示する

noindexはname属性の値を変更することで、特定のロボットに対してのみ設定することも可能です。

<meta name=”googlebot” content=”noindex”>

参考: robots メタタグ、data-nosnippet、X-Robots-Tag の仕様  |  検索  |  Google Developers

 

noindexの使用例

ECサイトや不動産物件情報サイトなど、状況によって「URLはアクセスできても、中のコンテンツはなくなっている/もしくはごくわずかになる」といったサイトにおいては、たとえば該当する商品が1件以下のページにnoindexを設定することで、「キーワードの受け皿として、低品質なコンテンツを多くインデックスさせている」といった検索エンジンからの低評価に繋がる状況を回避できます。

他にも作成中のページやテストページなどの完成していないページが検索結果に表示されるのを防ぐために使うことがあります。本番環境にアップロードする際はnoindexを外すのを忘れないよう注意する必要があります。

注意点

検索結果に表示させない、ということは基本的には流入が減るなどのマイナスの効果を及ぼします。むやみなnoindexの使用は流入の減少も招くため注意が必要です。

  • ページ自体は必要
  • 検索結果には表示させたくない

といった場合に限って使用してください。

またnoindexを設定する場合、そのページはrobots.txtでdisallowの対象にはしないでください。クローラーがアクセスできないと、そもそもnoindexがついているのか認識できず、インデックスからそのURLが消滅しない可能性があります。

参考: noindex を使用して検索インデックス登録をブロックする – Search Console ヘルプ

SEOを考える上でnoindexはあまり頻出するものではありませんが、サイトに大きな影響を及ぼすため、よく分からずに乱用することは大変危険です。また、ページのインデックスが消えてしまった場合は、誤ってnoindexを指定していないかの確認も行ってみてください。

 

SEO対策の全体像を知りたい方は以下の記事も読んでみてください!
SEOとは?SEO対策を分かりやすく徹底解説!
検索エンジンの仕組み、リスティング広告との違い、技術要件、コンテンツ制作について1つ1つ解説しています。


◎SEO事例

経営直下のプロジェクトでSEO改善、昨対比売上71%増を実現した事例《株式会社鎌倉新書》

コンテンツのリライトで検索流入を700%に改善した事例《freee株式会社》

BtoB向けサービスサイトへの自然検索流入を40倍にした事例《ちきゅう株式会社》

SEO事例一覧へ


サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら