meta descriptionとは

SEOで使われる用語 「meta description」 について解説しています。

meta descriptionとは

meta descriptionはhead内に記述される、ページの概要を表すテキスト情報です。meta descriptionを最適化することでの順位上昇などの効果は現在のGoogleではほとんどありません。

しかしmeta descriptionはサマリーとして検索結果に表示される可能性があるため、オーガニック検索のクリック率には大きく影響を与えます。そのためmeta descriptionはページ内容を端的にまとめ、正しく記述します。

meta description最適化のコツ

検索結果にmeta descriptionに記述した内容がそのまま表示されるとは限りませんが、検索エンジンは検索キーワードとページの内容を照らしあわせ、meta descriptionの内容が最適と判断される限り、そのまま検索結果に表示されます。

そのためmeta descriptionはページ内容を端的にまとめ、記述します。この際必ずしも正しい文章である必要はなく、ユーザーにとって有益な情報が端的にまとまっていることが重要です。

文字数は全角50文字+70文字の120文字以内を目安に

meta descriptionは最大120文字前後となるよう記述します。
スマートフォンとPCでは検索結果で表示されるmeta descriptionの文字数が異なります。スマートフォンでは50文字前後、PCでは120文字前後となっています。
そのため、前半と後半に分け、前半50文字・後半70文字の構成にすることで、スマートフォンユーザーにもPCユーザーにも対応したmeta descriptionを作成することができます。

検索キーワードを含む

なるべく検索されるキーワードを含むような文章を記述します。ユーザーが入力したキーワードがmeta description内に含まれる場合、そのキーワードはボールド(太文字)化されクリック率に影響を与えるからです。
ユーザーが検索したキーワードがmeta description内に含まれるとそのキーワードがボールド化される

それぞれのページに異なるmeta descriptionを設定する

meta descriptionは各ページ異なる内容を記述します。各ページ内容が異なればその説明も異なるものになるはずだからです。

meta description最適化のまとめ

  • SEO上の順位上昇の効果はほとんどない
  • 検索結果上のクリック率には大きく関与する
  • ページ内容を端的にまとめた内容にする
  • 全角50文字+70文字の120文字以内で対策キーワードを含む内容にする
  • 各ページ異なる内容にする

※こちらの記事も合わせてご覧頂ければと思います。基本的なタイトルタグとメタディスクリプションの考え方

 

meta descriptionはtitleと並んで非常に重要です。ただ、実務となると「ではどうしたらよいのだろう」や「これで正しく設定できているのだろうか」とご不安になることもあると思います。もしお困りでしたら弊社のコンサルタントがサポートいたします。弊社は、戦略策定から実装支援まで一貫してサポートしております。

【1000社以上のコンサル実績】

ナイルのSEO成果事例を見る

関連記事

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

初級者から上級者まで幅広くコンテンツマーケティングの知識を学べるセミナーもございます

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×