DSP(Demand-Side Platform)とは

DSPとは

DSP(Demand-Side Platform)とは、広告主が広告効果の最適化を行うためのプラットフォームです。DSPは広告枠の購入や広告配信、クリエイティブ分析を自動で行い、最適化を行います。

DSPの仕組み

1.ユーザーが広告枠のあるウェブサイトを訪問すると、SSPから各DSPへ広告配信枠があることを通知します。
2.訪問したユーザーの情報として、属性情報(性別、年齢等)を提供します。
3.各DSPはSSPに対して広告配信枠を巡り入札を行います。
4.SSPは、最高額で入札したDSPの広告を配信します。

DSPのメリット・デメリット

メリット

広告運用担当者の手間を大幅に削減することができます。他のプラットフォームに比べて、DSPは入稿や入札を行うだけで複数の媒体に大量に出稿することができます。また、特定属性のユーザーに対して広告を配信することで、広告の効果を向上することができます。

デメリット

広告費以外に初期費用や手数料が発生します。また、DSP会社によっては配信先が明示されない場合があります。

加えて、DSPは最適化を自動で行いますが、最適化の結果が思わしくないこともあり得ます。特にキャンペーンなどの開始直後や、外的要因によりKPIが変化するタイミングでは、安定した広告効果が得られないこともあります。配信結果に異常が見られないか、定期的にKPIをチェックする必要があります。

まとめ

DSPは、広告主側が広告効果の最適化を目指すためのプラットフォームです。DSPは入稿や入札を行うだけで複数出稿するなど、広告配信を効率化する技術ですが、広告費以外に初期費用や手数料が発生します。そして、定期的に効果を見直す必要があります。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

  • 資料ダウンロード

    会社紹介資料・事例集からSEOのお役立ち資料まで無料でダウンロードできます。

  • メルマガ登録

    SEO・コンテンツマーケティングを中心にWeb戦略に役立つ情報を週一でお届けします。

×