ドメインとは

インターネットのシステムの基礎概念である 「ドメイン」 について解説しています。ドメインとは、ウェブページのアドレス(URL)の一部であり、固有の「住所」のようなものです。

ドメインとIPアドレス

インターネットに接続されるコンピュータはすべてIPアドレスで識別されています。
※会社や自宅内のネットワーク環境の場合はルーターのIPの場合もあります。

Webサイトを閲覧しようとしたとき、接続先のWebサイトを管理(データを保有)しているサーバも個別にIPアドレスを個別に持っています。

ですが、ブラウザにIPアドレスを入力するのは非常に面倒ですし、人間が覚えにくいため分かりやすい名前にしたいということでIPアドレスをドメインに置き換えて活用されています。

例:Yahoo!JAPANの場合、

www.yahoo.co.jp
124.83.235.204

ブラウザのアドレスバーにどちらを入力してもサイトを閲覧することができます。

Yahoo!トップページ

ドメインの種類

ドメイン名には大きく分けて2種類あります。「ccTLD」と「gTLD」です。

「ccTLD」とは「Country Code Top Level Domain」の略称で、トップレベルドメイン (=Top Level Domain=TLD)が決められたコードに基づき国や地域単位で割り当てられているドメイン名の事です。

例)JP(日本)、US(アメリカ)、AU(オーストラリア)、FR(フランス)等。

これらのドメイン名の取得と使用について「その国に在住していなければならない」「個人では取得できない」等の制限がある場合があります。

「gTLD」とは「Generic Top Level Domain」の略称で、セカンドレベルを申請者が登録することができるドメイン名の事です。「COM/NET/ORG/INFO/BIZ/NAME 等」が該当します。これらのドメイン名は誰でも登録申請する事ができます。※一部異なる場合があります。

各レベルのドメイン

例えば2014年1月16日には、Googleが初のひらがな表記のトップレベルドメイン「.みんな」の提供をはじめました。「.みんな」は、上記でご説明した.net」「.org」などと同じ、gTLDに位置づけられるトップドメインです。

2011年までは「.com」や「.net」「.org」といったドメインのみがgTLDとなっていましたが、トップレベルドメインの自由化進んだことで基準を満たした希望者に解放されるようになりました。

 

もしサイトの運用でお困りでしたら弊社のコンサルタントがサポートいたします。弊社は、戦略策定から実装支援まで一貫してサポートしております。

Webサイトの運用・集客でお困りではありませんか?

デジタルマーケティング全般についてのご相談はこちら

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

  • 資料ダウンロード

    会社紹介資料・事例集からSEOのお役立ち資料まで無料でダウンロードできます。

  • メルマガ登録

    SEO・コンテンツマーケティングを中心にWeb戦略に役立つ情報を週一でお届けします。

×