DMCAとは

デジタルコンテンツに関する著作権として事実上の基準となっているDMCAについて解説します。

DMCAとは

DMCAとは、デジタルミレニアム著作権法(Digital Millennium Copyright Act)の略称であり、デジタルコンテンツに関する著作権として事実上の基準となっています。

従来では自身のサイトのコンテンツが盗用された時、盗用したサイト運営者が分かる場合に限って、直接削除要請をすることで盗用コンテンツを削除することが出来ました。

しかし、サイト管理者が分からなかったり連絡が取れなかったりした場合、直接要請を出すことは出来ず盗用されたコンテンツが検索結果に残ってしまい、本来自分のサイトに来るはずだったユーザーが盗用サイトへと流入して機会損失を招くほか、盗用コンテンツが存在している場合、プロバイダー側にも賠償責任が発生する可能性があります。

そこで、この問題を解決するために2000年にアメリカでDMCAという連邦法が成立しました。
これによって、プロバイダーに対して著作権侵害を申し立て削除することが可能となりました。

また、日本でも2001年に「プロバイダー責任制限法」が成立し、権利を侵害する情報が掲載されていて被害者側から情報の発信者が分からない場合でも、プロバイダーへの削除依頼やコンテンツを盗用した管理者の情報の開示を要求することが可能となりました。

Googleにおける削除申請方法

それでは、どのように削除申請を出すのか、Googleを例に見ていきたいと思います。

1.オンラインフォームにアクセスします

(このフォームにアクセスするためにはGoogleサーチコンソールへのログインが必要です。)

https://www.google.com/webmasters/tools/dmca-notice?pli=1&hl=ja

2.氏名と会社名、メールアドレスなどの個人情報を記入します。

1

3.盗用されている箇所や内容を詳しく記載します。

2

申請を確認する人が分からないような不明瞭な書き方だと、申請が通らない可能性があるので注意してください。

4.盗用されていると断定できるURL(掲載しているWebページのURL)を記述します。

3
そして間違いがないか確認してから送信ボタンを押して申請完了です。申請できたかどうかは、Web上から削除用ダッシュボードで申請状況を確認できます。

削除申請の悪用とその対処方法

DMCA侵害の訴えが増えている今、本来は問題ないページであるにも関わらず消されるという問題が発生しています。そのはっきりとした理由は明確ではありませんが、アメリカではDMCA申請代行業者が存在しており、そこが大量のDMCA侵害申請を送信しているそうです。

では、本来は問題がないページであるのに、侵害申請を出された場合どのように対処すればいいのでしょうか。その方法としてGoogleサーチコンソールからの議申し立てがあります。何らかのDMCAの訴えにより自分のサイトから特定のURLが削除された場合、Google サーチコンソールに無料登録していればこの通知が届きます。

コンソール

この通知が届いた場合、直ちに異議申し立てを行ない、問題ないコンテンツだった場合検索結果に復活します。

まとめ

今までに著作権侵害をされているものの、削除依頼が出せなかったサイトに対してDMCAの成立によって削除することが可能となりました。ただし、現在では悪用されるなど本来の目的ではない使われ方がされているケースも出てきています。自分のサイトを守るためにも日ごろから注意を払い対応できるように心がけましょう。

少人数でSEO業務を担当されている方へ

社内外の関係者へ報告するためのレポート作成業務や日々の状況把握に追われ、施策の実行がおろそかになってにいませんか?Refractなら1つの画面で重要なデータを全て把握でき、その上ワンクリックで詳細なレポートを作成することが可能です。

SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中!

ワンクリックでレポート作成可能。SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中、15日間無料でお使い頂けます。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×