ビッグキーワード/スモールキーワードとは

SEO、リスティング広告などのキーワードマーケティングにおける基礎用語である「ビッグキーワード」と「スモールキーワード」について解説します。

ビッグキーワード/スモールキーワードとは

サイトがターゲットとする検索キーワードのうち、検索回数が多いキーワードを「ビッグキーワード」、より具体的で語句数が多いキーワードを「スモールキーワード」と呼びます。SEOやリスティング広告において対策キーワードを考える上で、よく用いられる用語です。

誰でも思いつくような、影響力の大きい「ビッグキーワード」を取りに行くことはもちろん重要ですが、費用対効果の高いキーワードマーケティングを行うためには、「スモールキーワード」に対しても正しく理解し、両方を意識した施策を講じる必要があります。

ビッグキーワード/スモールキーワードの比較

それぞれの性質の違いを以下にまとめました。

ビッグキーワード

  • 検索回数が多い分、上位表示させることでインプレッションの大きな増加が期待できる。
  • 競合する他サイトが多い分、相対的に順位を上げづらい。
  • 時間・金銭的コストが高い。

スモールキーワード

  • 検索回数が少ない。1つだけ取っても流入にさして影響がない。
  • 競合が少ないので順位が上げやすい。
  • 具体的で明確なニーズをもった検索ユーザーを拾える。

両者の具体例

たとえば「Appliv」を例にするなら、

ビッグキーワード・スモールキーワードの例

といった具合になります。

「ノート」より「メモ帳」の方が検索回数が多いor少ないといった話ではなく、あくまでそのサイトが拾うことが出来る検索キーワードの中での比較である点に注意してください。

サイトの末端のレベル(ECサイトであれば個別の商品一覧ページなど)でスモールキーワードを拾っていくことによって、全体の検索流入を効率よく高めることが出来ます。

具体的な施策

具体的な施策については用語集内では割愛しますが、本サイトのブログのエントリー、キーワード選定方法と利用すべき無料ツールやデータで詳しく解説しております。

また、ビッグキーワードに留まらない施策によって、検索流入を増大する手法については、用語集のロングテールSEOとはを参考にしてください。

参考

SEOに取り組む上で知っておきたいキーワードの考え方をご紹介しています。こちらの記事も合わせてご覧ください。
[寄稿] 「検索順位で1位になる」ことがSEOの成功なのか?を、事例を踏まえて考えてみる

Webサイトの運用・集客でお困りではありませんか?

デジタルマーケティング全般についてのご相談はこちら

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

  • 資料ダウンロード

    会社紹介資料・事例集からSEOのお役立ち資料まで無料でダウンロードできます。

  • メルマガ登録

    SEO・コンテンツマーケティングを中心にWeb戦略に役立つ情報を週一でお届けします。