SEOに効果的なURL形式は?Googleが推奨するURL構造を解説

公開日:

この記事では、以下のポイントを解説しています。

・Googleが公開している「ウェブマスター向けガイドライン」や「検索エンジン最適化スターターガイド」といったSEOの基本ルールとなるガイドラインを参考に、SEOに効果的なURL形式について解説

・Googleから適切に評価してもらうために、URL構造にもこだわろう

・わかりやすいURLにする3つのポイント

・日本語URLはSEOに直接影響はない

・分析のことも考えたURL構造にしておくと便利

これらの要点を踏まえれば、URLについての悩みはかなり減るはずです。

SEOにURLは影響する?

まずは、SEOとURLの関係について見ていきましょう。SEOでは、なぜURLの構造も考慮する必要があるのでしょうか。

Googleに対するURLの正規化が重要

Googleに対するURLの正規化が重要

冒頭でも触れたように、SEOではGoogleのクローラーに対象となるウェブサイトやページをきちんとクロールしてもらい、適切な評価を受ける必要があります。Googleのクローラーはユーザーと同じように、URLへアクセスしてそのサイトをチェックしているのです。そこで重要なのが、Googleに対して「URLの正規化」を行うことです。

URLによっては「www」や「index.html」があるものとないもの、同じファイルを見ることができても一部のテキストが異なるものなど、URLが異なる場合でも同じページが表示されることがあります。このような場合、同じコンテンツに対して貼られるリンク先URLが、ユーザーによって異なってしまう可能性が非常に高くなります。その結果、該当するサイトやページに対するGoogleからの評価がURLごとに分かれてしまうリスクが生じるのです。

Googleからの評価の分散を防止するためにも、サイト内でページをリンクする場合は特定のURLを貼るようにして、正しいURLをGoogleに伝えるようにすることが重要なのです。このような理由もあり、Googleは「検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」で「URLの正規化」を行うことを推奨しています。

URLのわかりやすさはユーザーの満足度にも影響する

URL構造を考慮することは、Googleのクローラーに対してだけではなく、ユーザーに対して配慮することでもあります。クローラーやユーザーはそのサイトやページの内容を理解するにあたって、URLの内容やわかりやすさも見ているということです。Googleは「Search Consoleヘルプ」でも、サイトのURL構造はできる限りシンプルにして、わかりやすいURLでコンテンツを分類するよう推奨しています。

検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド8ページ目のスクリーンショット

シンプルなURL構造のスクリーンショット

Googleが推奨するシンプルなURL構造とは?

ここでは、SEO効果が期待できる、シンプルでわかりやすいURL構造にするためのポイントを解説します。

シンプルなURL構造にするための3つのポイント

まずは、シンプルなURL構造にするための3つのポイントを見ていきましょう。

・なるべく短くする

URLはなるべく短いものにしましょう。Googleの「Search Consoleヘルプ」や「検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」でも、長い URLはユーザーに対しても不親切なものとして扱われています。

特に、そのページの内容に関連する単語が含まれていないURLや、極端に長く暗号のようなURL構造は避けた方が良いでしょう。

・不要なパラメータは削除する

複数のパラメータを含んだものなど複雑なURLの場合、そのサイト内の同じまたは似ているコンテンツのURLを多数作成してしまう可能性があります。その結果、クロールに問題が生じ、サイトやページがインデックスされないリスクも生じかねません。できる限り不必要なパラメータは削除して、短いURLとなるようにしましょう。

・ハイフン(-)を使う

URLでは、2つ以上の単語を区切る記号として「ハイフン(-)」を使うとよりわかりやすくなります。同じく単語を区切る記号として「アンダースコア(_)」がありますが、GoogleはURLでは「ハイフン(-)」の使用を推奨しています。

わかりやすいURLにするための3つのコツ

 

わかりやすいURLにするための3つのコツ

URLはシンプルなだけでなく、できる限りそのページの内容をわかりやすくする必要があります。URLのコンテンツの内容をわかりやすくする3つのコツを確認しておきましょう。

・URLにコンテンツと関連した単語を入れる

必ずしも行う必要はありませんが、URLにページに記載されているコンテンツに関する単語を入れることで、そのページのわかりやすさがアップします。逆に“page1.html”のように一般的なファイル名は、コンテンツの内容がわからないため避けるべきでしょう。例えば、「SEOのメリット」に関するページのURLであれば、”~~~/seo/merit.html”といった単語を入れるとシンプルでわかりやすくなります。

サイトやページの内容・構成に関する単語を含んだURLは、そのURLのリンクを貼りたいユーザーに対しても、またそのリンクを見るユーザーにとっても親切なものとなるでしょう。

・ディレクトリ構造を簡潔に

ディレクトリ構造を使うことで、サイト管理者はサイト内コンテンツを管理しやすくなりますし、ユーザーは自分がサイトのどこにいるのかがわかりやすくなります。また、URLを見ればコンテンツ内容を判断しやすくなるというメリットもあります。

ただし、このディレクトリの階層が深いほどディレクトリ名も複雑なものとなるため、URLも長くなってしまいます。ユーザーからはわかりづらいURLで利便性も下がってしまうため、SEO効果が上がらなくなることもありえます。そのため、内容と関係のないディレクトリ名を使わずに、ディレクトリ構造は深い階層構造にはしないようにしましょう。

・1つのページに1つのURLが必要

1つのページに対して、正規URLが1つになるようにしましょう。これは、1つのページに対して複数のURLがあった場合、ユーザーによってリンクを貼るURLが異なり、そのページに対するGoogleからの評価が分散してしまう可能性があるためです。サイト内でほかページへのリンクを設置する際は、常に特定のURLを貼るようにしましょう。

日本語URLとSEO効果

日本語URLについて

URL構造を考える際、日本語を含めたいと考える方もいるかもしれません。一見、慣れ親しんだ日本語のほうが、英語や記号よりもわかりやすいようにも思えます。ただし、日本語記述のURLはいくつか注意点があります。

日本語URLは使用可能ではある

多くのURLが英語表記となっていますが、現在は日本語のドメインを取得してURLを作成したり、ページのパーマリンクを日本語にしたりすることも可能です。SEO対策においても、URLに日本語を含めることで効果が落ちるということはなく、基本的には問題ありません。ただし、日本語URLは場合によっては上手く表示されないケースがあるため注意が必要です。

日本語URLの注意点

日本語URLの注意点は、必ず日本語で表示されるわけではないということです。

というのも、日本語を認識できないブラウザの場合は日本語の部分がエンコードされるため、うまく表示できなくなってしまうのです。日本語部分は英数字と記号に変換され、ユーザーにとっても長くわかりにくいURLになってしまいます。URLの日本語部分がエンコードされてしまうのは、ブラウザが認識できない以外にも、次のようなケースがあります。

・コピー&ペーストするとURLは日本語ではなくなる

日本語を含むURLをブラウザからコピー&ペーストすると、日本語部分がエンコードされ、冗長でわかりにくいURLとなってしまいます。

・SNSで通用しないこともある

FacebookやtwitterなどのSNS上でリンクをシェアしようとURLをコピー&ペーストした場合も、日本語の部分はそのまま表示されず、エンコードされてしまいます。

長々とした英数字と記号で構成されたリンクは怪しく思われがちということもあり、思うようにクリックしてもらえないというデメリットもあります。エンコードされたURLは、ユーザーに対して悪い印象を与えやすくなります。

このような理由もあり、Googleとユーザーの両方が認識しやすい文字列である、小文字の英語で簡潔に表記する、という手法をとっているURLが多いのです。URLにおける日本語表記は、SEOで不利となるわけではありませんが、有利にもなりません。コピー&ペーストによるエンコードもネックになりがちなため、英語(小文字)表記をおすすめします。

URLと分析の関係も意識しよう

URLの正規化とわかりやすさは、サイト分析のしやすさにも大きく関係してきます。ウェブサイトのKPIや分析を行う際に、ディレクトリ単位やURL単位で数値を集計することも多いはず。複数のページの分析結果を集計するとなると、URLの正規表現が必要となることも珍しくないですから、そういった意味でもURL構造は慎重に決める必要があるといえるでしょう。

URL構造は、SEO対策だけでなくサイトの分析との関係も意識した上で考えてみましょう。

GoogleとユーザーにとってわかりやすいURLづくりが大切

英数字表記で冗長なものもあるため、一見SEOやユーザビリティにはさほど関係ないようにも思えるURLですが、実はGoogleとユーザー両方に対して配慮した構造を心がけることが大切です。

既存のURLをすべて修正するといったことはしなくてもいいですが、今後作成するURLの構造は、シンプルかつコンテンツの内容がわかりやすいものとなるよう意識してみてはいかがでしょうか。また、サイトをリニューアルする際に、URLをまとめてわかりやすいものにしてみるという方法もおすすめです。

ナイル流SEO資料の
ダウンロード

Download

弊社では1,500社を超える企業のコンサルティング経験から、事業成果に結びつくSEO支援が可能です。本資料では、弊社のご紹介と合わせナイル流SEOの考え方、プロジェクトの進め方を余すところなく公開いたしました。本資料が貴社のSEO推進において、お役に立てましたら幸いです。

スライドサンプル スライドサンプル3 スライドサンプル スライドサンプル

以下の項目をご入力の上、
送信してください。

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら