スポットCMとは?メリット・注意点について解説

更新日: 公開日:
スポットCMとは?メリット・注意点について解説

テレビCMには、スポットCMとタイムCMという大きく2つの種類があります。スポットCMは、番組を特定せずにCMを放映する方法で、タイムCMは、番組を特定してCMを放映する方法です。

ここでは、スポットCMについて、メリットや注意点を詳しく解説していきます。

\テレビCMを成功させるために!資料ダウンロードはこちらから/

スポットCMとは番組を特定せずに放映する方法

スポットCMとは、番組を特定せずに流すCMのことを指します。ただし、ランダムに放送されるわけではなく、スポットCMでは曜日や時間帯はある程度、指定することができます。

例えば、会社員をターゲットとしたテレビCMを放映したい場合、スポットCMを選択して、平日の夜と土日の全日を指定することが可能です。逆L字型といわれるCMの放映方法になります。

逆L字型

スポットCMの放映時間の最小単位は、15秒からになります。タイムCMの最小単位は、30秒からになりますので、その点でも利用しやすいCM方法といえるでしょう。

スポットCM 3つのメリット

スポットCMは、使い勝手のいいCM方法になります。スポットCMのメリットについて、3つに絞って説明していきましょう。

スポットCM

メリット1 柔軟な出稿ができる

スポットCMの最大のメリットは、柔軟に出稿できることでしょう。

自社が放映したい時期、期間、曜日・時間帯を選んで、どのくらいの量のCMを流すかも決めることができます。CM効果を狙うには、放映する本数は大事になります。スポットCMなら、予算や効果と照らし合わせて、CM出稿量を調整することが可能です。

例えば、ECサイトの期間限定のキャンペーンに合わせて、CMを打つことを考えてみましょう。この場合、1ヵ月間、平日の夜と土日に集中して、CMを大量投下したいという戦略が、スポットCMなら対応可能なのです。

メリット2 低予算でCMを流すことができる

スポットCMは、低予算でのCM放送が可能になります。具体的には、スポットCMなら、15秒という短い時間から購入でき、短期間の放送でも対応可能です。

費用が高いイメージのあるテレビCMですが、スポットCMを活用することで、「15秒のCMを短期間だけ放送する」という購入ができるため、低予算でCMを流すことができるのです。

メリット3 幅広い層が視聴してくれる

スポットCMは、さまざまな時間帯や曜日に放送されることになります。そのため、非常に幅広い層が視聴してくれる可能性があるといえるでしょう。

先ほどご紹介したL字型を選択した場合、平日の夜と土日の全日にCMが流れることになります。メインターゲットとなる会社員はもちろんのこと、主婦層や若年層が視聴する可能性が十分にあるわけです。

このように、幅広い層が視聴してくれるのは、スポットCMの魅力といえます。

スポットCMの注意点

利用しやすいスポットCMですが、当然ながらデメリットもあります。スポットCMを検討するときの注意点について、確認していきましょう。

スポットCM

注意点1 CMが流れるタイミングを細かく指定できない

スポットCMの注意点としては、CMが流れるタイミングを指定できないことがあります。曜日や時間帯は指定できても、実際に放送される枠は、テレビ局側が決定することになります。この番組は、自社のターゲットとマッチしていると思っても、、スポットCMでは、その番組にCMが流れない可能性が高いのです。

注意点2 スポンサー提供のアナウンスが流れない

CM提供となると、「ご覧のスポンサーの提供でお送りしました」というアナウンスをイメージする方も多いのではないでしょうか。このアナウンスは視聴者にとっては印象に残るものですが、スポットCMの場合は流れません。どうしてもアナウンスを流してほしい場合は、番組を指定できるタイムCMを選択する必要があります。

\テレビCMを成功させるために!資料ダウンロードはこちらから/

スポットCMの料金の決め方

スポットCMの料金は、テレビ局、放送時間帯、放送期間といった要素によって決められます。

テレビ局は、地上波の「キー局」「ローカル局(地方局)」「独立U局」、衛生放送の「BS放送」「CS放送」といった選択肢があります。そこに放送時間帯、放送期間が、スポットCMの料金に関わってきます。

これらの条件およびCM予算を伝えて、テレビ局に見積もりを依頼することで、スポットCMの料金が提示されます。スポットCMの料金は、「GRP」と「パーコスト」の掛け合わせで構成されます。GRPとは、番組の視聴率とCM本数を掛け合わせた数字のこと。パーコストとは、1%の視聴率を獲得するために必要な費用のことです。

例えば、視聴率10%の番組に10本のCMを流せる100GRPを想定して、テレビ局からパーコスト10,000円と提示されたとしましょう。100GRP×10,000円になりますので、予算は100万円となります。

注意したいのは、パーコストは常に一定ではなく、繁忙期や閑散期など時期によって変動する点。繁忙期になるとCM枠の競争率が上がるためパーコストが上がり、結果として必要な予算は高くなります。

スポットCMで提示される線引きとは?

スポットCMの場合は、放送前にどの時間帯にどのくらいの本数のCMが流れるか、「線引き」といわれるタイムスケジュール表が提示されます。線引きには、赤い線が引かれていて、番組のどのタイミングでCMが放送されるかがわかります。

斜めの赤い線は、PTといって番組中に流れるCMになります。真っすぐ水平な赤い線は、SBといって番組から次の番組へと移るタイミングで流れるCMです。

・PT(ピーティー)

PTはParticipating Commercialの頭文字を取った略語で、番組中に流れるCMのことを指します。線引きでは、斜めの赤い線で示されます。

・SB(ステブレ)

SBはStation Breakの頭文字を取った略語で、ステブレと呼ばれます。番組から次の番組へと移るタイミングに流れるCMのことで、線引きでは真っすぐ水平な赤い線で示されます。

フリースポットCMという単価が安い方法もある

スポットCMのなかには、フリースポットCMといわれる方法が提供される場合があります。フリースポットCMは、時間帯や曜日をまったく指定しない方法で、放映する枠はテレビ局が決定することになります。その分、スポットCMよりも、フリースポットCMのほうが、料金は安く提供されます。

なぜ安くなるかというと、通常のスポットCMや、番組を指定するタイムCMで、先に放映枠を埋めて、その空いた放映枠で、フリースポットCMを流すから。

もちろんCMを流す本来の目的があるわけで、フリースポットCMで効果があるのかは考えるべきです。ただ、安価であるため、フリースポットCMの活用はぜひ検討してみたいところです。

スポットCMを活用してCM効果を高めよう

テレビCMにはいくつかの種類があり、それぞれメリットと注意点があります。スポットCM、フリースポットCMなどの特徴を踏まえて、CMを打つ目的に合わせて検討してみてください。

なお、ナイルでは大手広告代理店と提携し、テレビCM支援を行っています。効果が出ないCMを出稿し続けることがないように、ナイルが広告代理店との交渉をお手伝いさせていただきます。ぜひお気軽にご相談ください。

 

また、テレビCMを成功させるためのポイント5選をまとめた資料もご用意しております。

    • ポイント1.商品の便益
    • ポイント2.GRPの単価
    • ポイント3.線引き
    • ポイント4.クリエイティブ
    • ポイント5.代理店交渉

    具体的な内容については、ダウンロードの上、ご確認ください。

    関連記事

    ユーザビリティとは

    ユーザビリティとは

    Googleタグマネージャを用いたイベントトラッキングやeコマーストラッキングの設定方法

    CM 線引き

    テレビCMの線引きとは?種類とチェックポイントを解説

    新着記事

    マーケティング 集客

    集客はマーケティングの1つ!押さえておきたい4つのポイントを紹介

    ウェブ集客

    ゼロからわかる!ウェブ集客の方法やメリット・デメリットを解説

    リスティング広告

    リスティング広告の6つのメリット・5つのデメリットを解説

    サイト内検索