【事例】構造化データ「よくある質問」実装による順位・クリック数・セッション数などの改善事例

更新日:
【事例】構造化データ「よくある質問」実装による順位・クリック数・セッション数などの改善事例

この記事では構造化データを実装することにより、順位・クリック数・セッション数・クリック率がどの程度増えたのかをご紹介します。

今回は「FAQ(よくある質問)」に構造化データを実装し、リッチリザルトを表示した結果の成果をご説明します。
構造化データを実装することで、どのような数値成果が実際に得られるか、あまりイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか?
この記事ではそのような方の参考になれば幸いです。

また構造化データが何か分からない方も、本記事を一度読んでみた上で、構造化データの関連記事を見ていただくと、構造化データが一体何なのか、自社のサイトにどんな貢献をする可能性があるのか、イメージできるようになると思います。

\プロのノウハウを詰め込みました!資料ダウンロードはこちらから/

「よくある質問(FAQ)」のリッチリザルトとは?

FAQ(Webサイトにある、よくある質問のページ)のリッチリザルトは、特定のトピックに関する質問と、回答が、meta descriptionの下にリスト形式で並び、質問をクリックすると対応する回答が表示されます。

▼検索結果のイメージ

FAQのリッチリザルトのイメージ

引用:検索ギャラリーを見る 

もし構造化データを実装していない場合、検索結果にはmeta descriptionまでしか表示されません。
FAQの リッチリザルトを表示させるためには構造化データを実装する必要があります。具体的な実装方法はGoogle検索ディベロッパー (構造化データを使用して「よくある質問」をマークアップする)をご参照下さい。

構造化データとは

構造化データとは、HTML上のデータを検索エンジンが理解しやすいようにタグ付け、データに意味を付与することです。

たとえば今回の記事では、構造化データを実装することで検索エンジンに「この文章はFAQである(質問と回答の関係になっている)」と理解させることができ、それに適した検索結果(リッチリザルト)になるイメージです。

構造化データを実装するメリットは、主に2つあります。

①検索エンジンがサイトコンテンツの把握を容易に行えるようになる
②検索結果にリッチスニペットを表示できる

今回は「②検索結果にリッチスニペットを表示できる」ことで得られる成果についてご説明いたします。

構造化データについてよくわからないな、という方は、初心者向けに解説している記事もありますので、以下を読んでみてください。

構造化データにより表示されるリッチリザルトの種類

構造化データを実装することで表示される、リッチリザルトの種類は以下のようなものがあります。

  • Article
  • パンくずリスト
  • Event
  • よくある質問(FAQ)
  • ハウツー(How-to)

など。

その他、Googleが発表しているリッチリザルトの種類はGoogle 検索デベロッパー(ガイド検索ギャラリーを見る)を参照下さい。

その中でこの記事では「成果に結びついた事例」の1つとして、「よくある質問(FAQ)」に構造化データを実装した事例を取り上げます。

よくある質問(FAQ)構造化データを実装した成功例

実装した2つのサイトでクリック率、オーガニックセッション数、順位が向上しました。

電子機器メーカー様事例

▼クリック数1.24倍、CTR1.25倍に増加しました。

2020-07-28_13h20_05

※Google Search Consoleでの結果 期間:実装前日60日間、実装翌日から60日間の比較

 

▼オーガニックセッションが1.24倍増加しました。

2020-07-28_13h21_44

※Googleアナリティクスでの結果 期間:実装前日60日間、実装翌日から60日間の比較

 

▼検索結果順位の推移。メインキーワードAおよびサブキーワードで1位を獲得しました。

2020-07-28_13h22_51

※Googleでの検索順位

BtoB向けサービス業様事例

▼クリック数1.39倍、CTR1.05倍増加しました。

 2020-07-28_13h23_30

※Google Search Consoleでの結果  期間:実装前日60日間、実装翌日から60日間の比較

▼オーガニックセッションが1.38倍増加しました。

2020-07-28_13h24_03

※Googleアナリティクスでの結果

期間:実装前日60日間、実装翌日から60日間の比較

▼検索結果順位の推移。メインキーワードAおよびサブキーワードで順位が向上しました。

2020-07-28_13h24_31

※Googleでの検索順位

成果として、2社の事例では各々のオーガニックセッション数、クリック率、CTR率、順位が向上しました。

実は、実装前に「ユーザーが検索結果上のFAQの内容で満足してしまい、FAQ構造化データを実装することでクリック率等が減少するのではないか?」とクライアント様より懸念の声がありましたが、結果は上記の通り良好なものでした。

SEOについて詳しく知りたい方はこの記事も読んでみてください。

まとめ

構造化データの重要性・有用性をFAQリッチリザルトの成功例を取り上げて紹介いたしました。構造化データにより表示されるリッチリザルトの種類はFAQ以外にも多岐に渡るため、サイト特性や状況にあった構造化データを実装することで流入増加等の成果が見込める可能性があります。Web集客に課題をお持ちのお客様のヒントになれば幸いです。

お問い合わせ

資料ダウンロード

メルマガ(Webマーケティングの質問にコンサルタントが回答しています)

編集者情報

大澤 心咲
大澤 心咲
新卒でアクセンチュア株式会社を経て、2018年ナイル入社。
コンサルタントとして大手企業SEO戦略策定・コンテンツマーケティング支援を担当。
現在はナイルのマーケティングとセールスの統括マネージャーとして従事。
著書:「ひとりマーケター成果を出す仕事術

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

SEOの効果はいつ表れる?早めるための施策を解説

SEOの効果はいつ表れる?早めるための施策7つと3つの事例

準備は大丈夫?ペンギンアップデート3.0の順位回復事例から見るペンギン対策

本日のSEOニュース(2021年4月8日収集分)

Google Search Consoleに「正規表現を使用した検索機能」追加

新着記事

【保存版】SEO記事の書き方を9ステップで解説!ポイントや注意点まとめ

【保存版】SEO記事の書き方を9ステップで解説!ポイントや注意点まとめ

【初心者向け】GA4のコンバージョン設定を画像付きで徹底解説

【初心者向け】GA4のコンバージョン設定を画像付きで徹底解説

製造業に効果的なSEO対策とは?ポイントや事例を紹介

製造業に効果的なSEO対策は?ポイントや事例を紹介

サイト内検索

目次に戻る

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。