スマートフォンの電話コンバージョンを取得!リスティング広告とGoogleアナリティクスのイベント設定方法

スマートフォンの電話コンバージョンを取得!リスティング広告とGoogleアナリティクスのイベント設定方法

Webサイトの最終的なゴールはPVではなく、売上やお問い合わせという方も多いのではないでしょうか。リスティング広告を出稿していますと電話コンバージョンの測定は提供されているのですが、その設定が意外に面倒という声を聞きます。

本記事では、電話コンバージョンの設定方法について、解説します。

本記事はユニバーサル アナリティクス(UA)の情報です。UAは2023年7月1日をもって利用できなります。
後継のGA4の情報については「サクッと分かる!Googleアナリティクス4」資料をご確認ください!

電話コンバージョンとは

とくにスマホサイトなどでは、クリックで電話をかけるというタグを仕込むことがあります。タグに以下のように記述するだけで、タップから簡単にコールすることができます。


<a href="tel:000-0000-0000">電話をかける</a>


ただ、実際の通話内容を聞いてコンバージョンを計測する、ということは出来ません。ですので、一般的には電話をかけるタップ(クリック)をゴールとしてコンバージョン設定します。これを電話コンバージョンといいます。

タグを使って、タップを検知させ、そこでコンバージョンタグを発動させることになります。

一般的なコンバージョンの設定

一般的なコンバージョンの場合、ゴールとなるページにコンバージョンタグを貼り付ければOKです。そのページが閲覧(=ゴール)されたならばコンバージョンタグが発動となります。

いっぽう、電話コンバージョンの場合は、タップ(クリック)をコンバージョンと設定して便宜上のコンバージョンとして割り当てるのです。

一般的なコンバージョン設定と電話コンバージョンの違い

ですので、以下のような特徴は理解しなければなりません。

  • メリット:一般的なフォームでのゴールとともにコンバージョンの選択肢を増やせるためCPA向上が期待できる。
  • デメリット:かけ間違いや、通話内容次第ではコンバージョンと呼べない場合などがある。

このようなメリット・デメリットはありますが、今後スマホトラフィックが増えていくなかでは、ぜひとも設定しておきましょう。

電話コンバージョン設定のおもな流れ

電話コンバージョン設定のおもな流れは以下のとおりです。

広告流入の場合

  1. 電話コンバージョンタグを発行
  2. タグにクリック検知の設定
  3. クリックでコンバージョンタグを稼働

非広告流入の場合

  1. タグにクリック検知の設定
  2. Googleアナリティクスでイベントをコンバージョン計測

広告流入については、AdWordsとYahoo!プロモーション広告について述べます。また広告流入と非広告流入共通で、タグマネージャー利用と直接記述とがあります。それぞれ解説しましょう。

UA終了迫る!GA4導入がまだの方は資料をお申し込みください!

広告流入の場合:電話コンバージョンタグの発行

Google AdWordsの場合

AdWordsにログインし、運用ツール>コンバージョントラッキングを選びます。コンバージョンの発生元を「コール数」とします。

Adowordsコール数

電話発信コンバージョンで「モバイルサイトでの電話番号クリック」とします。すると、コンバージョンタグが発行されます。これを控えておきましょう。

Adowords電話発信コンバージョン

Adowordsコンバージョンタグ

Yahoo!プロモーション広告の場合

Yahoo!プロモーション広告にログインし、ツール>コンバージョン設定>コンバージョン測定の新規設定 を選びます。

Yahoo!プロモーション広告コンバージョン設定

コンバージョンの内容を画面にしたがって入力しますと、最後にコンバージョンタグが発行されます。

Yahoo!プロモーション広告コンバージョンタグ

これらのコンバージョンタグが、ユーザーのタップ(クリック)で発動してくれれば良いわけです。

広告流入の場合・非広告流入の場合共通:クリック検知を仕込む

タグに直接書く場合

前述の<A>タグに直接、電話コンバージョンを仕込む場合は以下のように記述します。AdWordsとYahoo!プロモーション広告の両方で発動させるためには、続けて記述すればOKです。


onClick="javascript:goog_report_conversion('tel:000-0000-0000');yahoo_report_conversion(undefined);return false;"


Googleタグマネージャー(GTM)を使う場合

Googleタグマネージャー(GTM)を使う場合には、電話クリックでコンバージョンタグを発動させるようなタグとトリガーを設定します。

まず、変数でページURLとクリックURLが検知できるようにします。変数メニューから、Page URLとClick URLにチェックします。

Googleタグマネージャー(GTM)変数

変数をあらかじめ設定した上で、クリック検知をさせるトリガーを仕込みます。トリガー>クリック>リンクのみ を選び、続行します。

Googleタグマネージャー(GTM)変数

その上で、有効化のタイミングに「PageURL」「正規表現に一致」「.*」とします。さらに、配信するタイミングは、「ClickURL」「含む」「tel:」 とします。

Googleタグマネージャー(GTM)変数

これで、クリック検知のタグはすべてのページ(正規表現で.*はすべてのという意味)でまずは有効化され、そして、クリックのURLに電話をかけるtel: が含まれていれば、トリガー発動となるわけです。

広告流入の場合:コンバージョンタグを組み込む

広告計測の場合クリック後にコンバージョンタグが稼働する必要があります。あらかじめゴールとなるページのソースに組み込んでおくか、タグマネージャで稼働させます。

Googleタグマネージャでは、カスタムHTMLに電話コンバージョンを貼り付け、その発火(稼働)させるタイミングを、前述のトリガーにします。これで、電話番号を含むリンクのクリックでコンバージョンタグが発動することになります。

Googleタグマネージャー(GTM)電話コンバージョン

非広告流入の場合:Googleアナリティクスの設定

イベントをコンバージョン設定する

自然検索流入も含めGoogleアナリティクスでも電話番号タップ(クリック)が、コンバージョンとして認識できます。

まずは、Googleアナリティクス側でコンバージョン設定をしておきます。コンバージョンの種類に「イベント」を選んでおき、そのアクションなどに、「tel:」を含んだらカウントさせるようにします。

Googleアナリティクス目標

イベントトラッキングを仕込む

<A>タグに直接記述する場合は、以下のようにすればOKです。


onClick = “ga(‘send’,’event’,’click’,’tel-cv’,location.hre ,1000,{‘nonInteraction’:1});”


イベントトラッキングの意味は以下のようになります。それぞれの値は、コンバージョン設定と連携するようになっていれば、任意で構いません(カテゴリーとアクションは必須)。

また、Googleタグマネージャー(GTM)を使う場合は、ユニバーサルアナリティクスのタグを発行し、トリガーを前述のクリック検知のものにします。イベントトラッキングは以下のように設定します。nonInteraction という項目は、クリックを直帰率に影響させない(1)とい意味になります。影響しても良い場合は、0を指定します。


ga('send', 'event', 'カテゴリ', 'アクション', 'ラベル',値,{'nonInteraction':1});


イベントトラッキングパラメータ

{{Page URL}} というのは、クリックされたURLがラベルとして記録される、という意味でいちおう設定しました。これらは任意の内容で構いません。わかりやすい名称やコンバージョン設計を試みてください。

まとめ

通話というゴールは、フォームに比べればユーザーにとって敷居の低いものです。CPAを下げるなどの効果が期待できますので、スマホユーザーをターゲットにしているのであれば、ぜひとも導入したいゴールといえます。

いっぽうで、クリックと通話申し込みなど、必ずしもゴールとならないなどの限界をふまえ運用しましょう。そのさい、前述のようなクリック検知のタグを仕込んでさえあれば、簡単に費用対効果を測れます。

ぜひ、みなさんも電話コンバージョンの計測にチャレンジしてみてください。

Googleアナリティクス4(GA4)何から始めたいいかわからない方へ

本資料では、GA4の導入や移行で最低限押さえておくべきポイントを解説しています。2023年7月1日以降、Googleアナリティクス(ユニバーサルアナリティクス)がいつ見れなくなるかわかりません。急に困らないよう、資料の内容を参考にGA4の設定をしましょう!

無料で資料を受け取る

ナイルの無料相談に申し込む

編集者情報

金子 光
金子 光(かねこ ひかる)
新卒で楽天グループ株式会社に入社。
営業管理として40人規模のチームをマネジメント。その後社員3人のベンチャー企業に入社し新規事業立ち上げを経験。
現在はナイルのマーケティング相談室編集長として、Webマーケティングに従事している。
無料相談はこちらから

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

テレビ局 広告代理店 CM制作会社の違い

テレビ局、広告代理店、CM制作会社の違いは?それぞれの役割を解説

MA シェア

シェア率が高いMAツール8選!各サービスの特徴を紹介

テレビCM メリット

テレビCMのメリットとは?どのような効果があるか解説

新着記事

【下書き_五十嵐】コンテンツマーケティングの記事作成の基本!手順やコツ、種類をわかりやすく解説

コンテンツマーケティングの記事作成の基本!手順やコツ、種類をわかりやすく解説

SEOで売上をアップするコツとは?仕組みや7つの解決施策を紹介

【2024年バレンタインギフト購買調査】

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。