MA入門!マーケティングオートメーションの基礎知識を解説

公開日:
MA入門!マーケティングオートメーションの基礎知識を解説

企業のマーケティング活動を強力にサポートし、新規顧客の獲得や営業効率の向上に効果を発揮してくれるツールがMAです。しかし実際にMAを使ったことがない人にとっては、その機能や発揮できる効果を具体的にイメージするのは難しい部分もあるはずです。

そこで今回はMA入門として、マーケティングオートメーションの概要や機能、効果について網羅的に解説していきます。

MAとは

MAとは、マーケティングオートメーション(Marketing Automation)の略で、マーケティング活動を自動化したり、より効果を発揮させたりするためのツールの総称です。マーケティング活動は、新規見込み顧客を獲得して受注へとつなげていく、企業運営において非常に重要なステップです。そこには非常に多くの作業があるため、すべてを人の手で行おうとすると、相当なマンパワーと時間を必要とし、さらに作業の漏れやチャンスの見落としなどのヒューマンエラーとも戦っていなかければなりません。こうした課題を解決し、より少ない作業でより大きな効果を出すためのツールがMAです。

MA 入門

MAの代表的な機能

まずは、MAの代表的な機能について見ていきましょう。

図版

リード管理機能

MAの核ともいえる機能が、リード管理機能です。リードとは見込み顧客のことで、名前や役職といった属性はもちろん、ウェブサイトへのアクセスやメールの開封といった細かい行動履歴を記録・管理することができます。そしてこれらの情報を分析することで、見込み顧客が持っているニーズを明らかにしていくことが可能。その後に続くすべてのマーケティング活動の根拠資料として活用していくことができます。

スコアリング機能

スコアリング機能とは、リードの一つひとつのアクションに点数をつけ、評価する機能のことです。例えば「メールを開封したら1点」「サイトにアクセスしたら2点」といったように点数をつけることで、リードの興味・関心度を可視化します。この点数が一定の値を超えたリードに対してアプローチすることで、営業効率を高めることが可能です。

メールマーケティング機能

リードに対して一斉にメールを送ったり、リードの属性や状況に合わせた文面を作成したりできるのが、メールマーケティング機能です。マーケティング手法として、メールを活用するのは非常にメジャーな方法であり、その作業を強力にサポートしてくれる機能となっています。

コンテンツ作成機能

リードの獲得や育成、さらにはリードの状況を細かく把握し分析していくためには、豊富な量と高い質を備えたコンテンツが必要不可欠です。MAにはこのコンテンツの作成をサポートしてくれる機能も備わっています。制作会社などを介さず、スピーディーにコンテンツを制作することが可能になります。

CRM・SFAとの連携機能

MAはリードの獲得・育成を得意とするツールですが、その後のステップである営業活動を支援するSFAツールや、顧客のフォローやリピーター獲得を得意とするCRMツールもあります。MAには、こうしたCRMやSFAと連携できる機能があり、顧客の獲得からフォローまでを一気通貫で行うことが可能です。

MAのメリット

次に、MAを導入するメリットについて見ていきましょう。

新規顧客の獲得に効果を発揮

MAはマーケティング活動を強力に支援してくれるツールであるため、新規顧客の獲得に特に効果を発揮してくれます。まったく新しい顧客を獲得することはもちろん、顧客になる可能性があるにも関わらず眠らせてしまっていたリストを復活させ、より多くの受注につなげていくことができます。

効率的な営業活動を実現

MAを活用し、リードの状況を細かく把握することができるようになれば、確度の高いリードに対して集中的にアプローチすることが可能になります。営業活動を効率化させることで、非常に生産性の高いマーケティング組織を作り出すことができるでしょう。

コスト削減による収益の最大化

マーケティング活動にかかるマンパワーを軽減し、さらに営業効率も高めてくれるMAは、企業活動全体のコストを削減し、収益の最大化にも効果を発揮します。軽減されたマンパワーや削減されたコストを元に、新しいチャレンジに乗り出すこともできるかもしれません。

代表的なMA紹介

最後に、さまざまなMAツールのなかで、特におすすめしたいツールを紹介します。

SATORI

MA 入門

SATORIは、海外製が多いMAツールの中で、日本製という強みを持ったMAツールです。操作や設定に関するマニュアルはもちろん、日本語でのサポートも充実しているため、使用に際して頭を悩ませてしまう心配がありません。またMAツールとしては、特にリードを育てることに重点を置いており、メールマーケティング機能やスコアリング機能の充実度に定評があります。

b→dash

MA 入門

b→dashは、国産のMAツールで、グッドデザイン賞も獲得した優れたUIや操作性が魅力です。また機能性にも妥協なく、リードの管理からそれぞれに対するアプローチ、コンテンツの制作まで、幅広いマーケティング活動をサポートしてくれます。

Marketo Engage

MA 入門

アメリカ発のMAツールで、世界中で導入実績を持つのがMarketo Engageです。リードの獲得から育成、受注まで、マーケティング活動のすべてをこれ一台で完結できるという点を強みとしています。海外製のツールではありますが、サポート体制が整っており、日本語で対応してもらえます。

List Finder

MA 入門

シンプルな設計かつ月3万円台から導入可能など、初めてMAを使用する企業におすすめなのが、List Finderです。BtoB向けのMAツールとしての基本的な機能も揃っており、また手厚いサポート体制も用意してくれているため、安心して導入することが可能です。

MAへの理解を深め、導入を検討しよう

MAを使いこなすことができるようになれば、単にマーケティングに関する作業を効率化するだけでなく、受注確度や営業効率の向上など、企業活動全体にプラスの効果を発揮してくれます。まだMAを導入していなかったり、検討していたりする段階であるならば、ぜひ前向きにMA導入に取り組んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

ltv 意味

LTVはどんな意味?マーケティングで重要な指標について解説

CM制作の流れは?企画、撮影、編集といった工程を解説

マーケティングオートメーションとは2

マーケティングオートメーションとは

新着記事

リード文 書き方

効果的なリード文の書き方とは?その方法を一から解説

オウンドメディア 事例記事 書き方

オウンドメディアにおける事例記事の書き方とは?

オウンドメディア 意味ない

オウンドメディアは本当に意味がないのか?成果が上がらない原因と成功へのポイントを探る