介護業界のサイトでSEOを効果的に実施するためのポイント

更新日: 公開日:
介護業界のサイトでSEOを効果的に実施するためのポイント

高齢化に伴い、介護業界の市場規模は急速に拡大しています。介護業界のサイトに集客するために、実施すべきSEO施策がいくつかあります。

ここでは、介護業界のサイトでSEOを効果的に実施するためのポイントを解説します。

\SEOで成果につなげる!資料ダウンロードはこちらから/

介護業界のサイトで実施すべきSEO施策

介護業界のサイトにおいて、どんなことに注意を払い、SEOを実施する必要があるのでしょうか。しっかり把握しておきたい介護業界サイトのSEOについて確認していきましょう。

介護 SEO

「地名 老人ホーム」が最重要キーワード

まず意識したいのは、掲載する高齢者施設が開設されている「地名」をしっかりとキーワードに盛り込むことです。ポータルサイトであればカバーする地域すべての地名ということになり、施設サイトであれば所在地の都道府県や市町村名がキーワードになります。特に「都道府県名 老人ホーム」は重要キーワードです。ほかにも、「介護施設」や「デイサービス」といったキーワードとの掛け合わせもポイントとなります。

また、施設の場合は、Googleマイビジネスへのオーナー登録は必須です。Googleマイビジネスならば、費用をかけることなく、外観などの画像掲載をはじめ、施設の詳細情報を管理・更新ができるようになるといったメリットがあります。Googleマイビジネスを活用することで、Googleマップにも表示されやすくなり、SEOにも高い効果があると考えられます。

提供するサービスをわかりやすく紹介する

高齢者施設の情報を集めるユーザーは、立地や施設の規模にはじまり、利用料やスタッフの雰囲気など、さまざまな項目をチェックします。その中でも必ずチェックするのが「どんな施設で、どんなサービスが提供されているか」です。

食事やレクリエーション、見守りや声がけ、機能訓練、生活相談、医療体制といった項目は入居を判断するうえで重要なポイントとなりますので、特にわかりやすく記載する必要があるでしょう。

コラム系のキーワードを強化する

コラム系のキーワードを強化することで、潜在層のユーザーとの接点が生まれる可能性があります。

例えば「親 介護 疲れた」「介護 難しい」など、介護者の気持ちに寄り添ったコラムをコンテンツとして発信してもいいでしょう。

介護業界サイトでのコンテンツ作りのコツ

家族の決断を後押しし、ユーザーに寄り添ったコンテンツを作るにはどうしたらいいのでしょうか。ここからは、コンテンツ作りのコツを紹介していきます。

内観や外観の写真を充実させる

まず必要となるのは、どんな施設なのかをビジュアルで示すことです。内観・外観のフォトギャラリーが用意されていると、ユーザーが施策についてイメージしやすくなります。また、施設マップや各部屋の間取り、共有施設、防犯・災害用の各種設備について、併せて紹介するといいでしょう。

日常が伝わる内容にする

施設の日常が伝わる内容で、コンテンツ作りをしていくことで、ユーザーの安心感につながる可能性があります。例えば、食堂で食事している様子、レクレーションの開催風景などをサイトに掲載することで、施設で働くスタッフの雰囲気を伝えていくことができます。

利用料金や入居条件を記載する

どの施設を利用するかの判断材料として、料金や入居条件は欠かすことができません。入居費用・月額費用・オプション料金・施設内の設備やサービス利用料をきちんと掲載し、条件面も明確に示す必要があります。

施設見学案内への導線を明確にする

実際に高齢者施設の利用を決断するにあたって、施設見学が必要になります。問い合わせフォームや見学申し込みへの導線は、わかりやすく提示するようにしてください。

【事例】老人ホームのポータルサイトのSEO施策

老人ホームのポータルサイトについて、弊社がSEO施策の支援を行ったケースを紹介します。

【課題】

  • 検索経由での流入が少ない
  • 「都道府県×老人ホーム」など、狙いたいキーワードで上位表示ができていない

【改善施策】

  • キーワードを選定し、ユーザーニーズを満たすコンテンツを企画
  • 集客につながるキーワードで検索上位に表示するためのLPO(ランディングページ最適化)を実施
  • タイトルタグのチューニングや老人ホーム一覧ページの情報量を改修

【結果】

  • 「都道府県 老人ホーム」や「親 介護 疲れた」といったコラム系キーワードで、検索の上位表示されることで、自然検索流入の増加を達成

わかりやすいサイト作りと明確なSEOを実行する

介護業界のサイトは、わかりやすい構成にすることが必須です。また、ユーザーの役に立つ優良コンテンツやビジュアルで伝わる工夫が必要となります。そこに的確なSEO施策が加わることで、高い集客効果が期待できます。

なお、ナイルではSEOを内製化する支援も行っており、SEO内製化の4つのプランをご用意しております

  • A.編集部強化プラン
  • B.編集部立ち上げプラン
  • C.ウェブ制作強化プラン
  • D.ウェブマーケティング強化プラン

具体的な内容については、ダウンロードの上、ご確認ください。

関連記事

代替テキストとは

代替テキストとは?SEOに効果的な画像・動画のalt属性の書き方について

SEOとSEMの違い

SEOとSEMの違いとは?成果につなげるための施策を解説

手動による対策(ペナルティ)とは

手動による対策(ペナルティ)とは

新着記事

本日のSEOニュース(2021年11月24日収集分)

noindexとcanonicalの併用に関して

本日のSEOニュース(2021年11月18日収集分)

コアアップデート実施(November 2021 Core Update)

オウンドメディア 企画書

オウンドメディアの企画書を通すには?社内プレゼンのポイントを解説

サイト内検索