プライムタイムのテレビCMはどの時間帯を指すのか解説

更新日:
プライムタイムのテレビCMはどの時間帯を指すのか解説

テレビ放送では、番組はいくつかの時間帯に区切って編成されています。その理由は、放送時間帯によって視聴率や視聴者層が異なるためで、CMの放送料金もこれに伴って変動します。

ここでは、プライムタイムのCMがどの時間帯を指すのか解説するほか、ゴールデンタイムの違いなどを解説します。

プライムタイムとは?

テレビCMを放送する際に大事なポイントとなるのが放送時間帯です。ターゲットがテレビを視聴する可能性がもっとも高いタイミングで、CMを放送することを考えなければなりません。

テレビ業界では、視聴率の高さに応じて時間帯ごとに名称が付けられており、プライムタイムはその1つです。

プライムタイムとは、19〜23時の時間帯を指します。1日のなかで特に視聴率が高く、夜の看板番組が並ぶのが特徴です。多くの人がテレビを見るので視聴率も高く、プライムタイムの番組にはスポンサーが付きやすくなります。そのため、ほかの時間帯と比較した場合に、CMの放送料金も割高に設定されているのが特徴です。

ゴールデンタイムとプライムタイムの違いとは?

プライムタイムのほかに、テレビ業界にはゴールデンタイムと呼ばれる時間帯があります。ゴールデンタイムは、プライムタイムの中でも特に視聴率が高い時間帯である、19〜22時を指します。

プライムタイム CM

ゴールデンタイムとプライムタイムの違いは、視聴者の年齢層です。ゴールデンタイムは、大人から子どもまで幅広い視聴者が対象となります。そのため、子ども向けのアニメやファミリー層を対象としたバラエティー番組が多数放送されています。一方、プライムタイムは、ゴールデンタイムに含まれない23時までが範囲となります。視聴者の年齢層が少し高めに想定された番組が制作され、大人向けのドラマやバラエティー番組、報道番組などが多く放送されています。

さらにゴールデンタイムは、子どもを含む幅広い年齢層がテレビを視聴する時間帯のため、青少年育成に関連する制限も存在します。例えば、一部の業種はCM枠を設けることができない、時間量も限度が設けられている、といったルールがあります。

全日、ノンプライム、プラチナとは?各時間帯の名称と特徴

プライムタイムやゴールデンタイムのほかにも、テレビ放送の時間帯にはさまざまな名称が存在します。ここではさらに詳しく、時間帯の名称と特徴について見ていきましょう。

全日とは?

全日にあたる時間帯は、6〜24時までになります。つまり、多くの人が起きてから寝るまでの時間帯です。

こうした特徴から、全日の視聴率は、そのテレビ局の業績を判断する指標となっています。さらに、全日・プライムタイム・ゴールデンタイムのすべてにおいて、平均視聴率のトップを取ったテレビ局は、「三冠王」と呼ばれます。

プライムタイム CM

ノンプライムとは?

全日からプライムタイムを抜き出した時間帯を、「ノンプライム」と呼びます。つまり、6〜19時、23〜24時までに該当する時間帯です。ノンプライムの番組で代表的な例が、情報系の帯番組です。平日の日中に放送されるワイドショーや、深夜の報道系番組などが、この時間帯によく組まれています。

​​

プラチナとは?​​

ほかにも、深夜の一定時間を指した「プラチナ」と呼ばれる時間帯もあります。プラチナは、日本テレビが

独自に設定している時間帯で、23〜25時までを指しています。

プラチナという響きから、ゴールデンタイムのような視聴率の高さをイメージするかもしれませんが、深夜のため高視聴率を獲得することが難しい時間帯です。加えて、ゴールデンタイムやプライムタイムのように、CM広告料も高くありません。

視聴率には2種類ある

視聴率は、テレビの媒体力や広告効果を測る指標です。したがって、プライムタイムやゴールデンタイムのように時間帯を区切ることで、視聴者の年齢や生活習慣、趣味嗜好などの分析が可能になります。視聴率には、大きく分けて「世帯視聴率」と「個人視聴率」があります。

世帯視聴率とは、テレビを所有している世帯で、どのくらいの世帯がテレビをつけていたかを示す割合です。同じ世帯で2台テレビを所有している場合、どちらも同じ番組を見ていれば1として数えます。一般的に視聴率として使われているのは、この世帯視聴率を指す場合がほとんどです。

個人視聴率とは、1世帯内での4歳以上の家族全員のうち、誰がどのくらいテレビを視聴したかを示す割合です。個人視聴率では、1つの世帯で何人がテレビを見ているのか、性別や年齢層の割合はどうなっているのか、ということがわかります。つまり、より詳細な視聴者層を把握することができる指標といえます。番組やCMを打ち出す際の、マーケティングなどに利用されている視聴率です。

視聴スタイルの変化でプライムタイムが変わる?

テレビの視聴スタイルの変化は、視聴率や視聴者の動向にも影響を与えることになるでしょう。それに伴い、プライムタイムやゴールデンタイムといった時間帯の区切り方や、CMの放送料金も変わってくるかもしれません。

なお、ナイルでは大手広告代理店と提携し、テレビCM支援を行っています。効果が出ないCMを出稿し続けることがないように、ナイルが広告代理店との交渉をお手伝いさせていただきます。ぜひお気軽にご相談ください。

\テレビCMを成功させるために!資料ダウンロードはこちらから/

編集者情報

大澤 心咲
大澤 心咲
新卒でアクセンチュア株式会社を経て、2018年ナイル入社。
コンサルタントとして大手企業SEO戦略策定・コンテンツマーケティング支援を担当。
現在はナイルのマーケティングとセールスの統括マネージャーとして従事。
著書:「ひとりマーケター成果を出す仕事術

監修者情報

ナイル編集部
ナイル編集部

2007年に創業し、約15年間で累計2,000社以上の会社にマーケティング支援を行う。また、会社としても様々な本を出版しており、業界へのノウハウ浸透に貢献している。(実績・事例はこちら

PIVOTにもスポンサード出演しました!

PIVOTにもスポンサード出演しました!
チャンネル登録者数が100万人を超えるYoutubeチャンネルPIVOTにスポンサード出演しました!
動画内では、マーケティング組織立ち上げのための新しい手段についてお話しています。
マーケティング組織に課題がある方はぜひご覧下さい。
動画を見る

関連記事

視聴率

視聴率とは?視聴率の種類やCM広告費との関係性、計測の仕組みを解説

検索窓 テレビCM

テレビCMに検索窓を表示させるとどんな効果があるかを解説

ホワイトペーパー ダウンロード

【DL率改善】ホワイトペーパーのダウンロード数を伸ばす方法

新着記事

下層ページはSEO対策が必要 メリット、対策方法を詳しく解説

下層ページはSEO対策が必要!メリット、対策方法を詳しく解説

【初心者向け】オンページSEOとは?SEO対策との違いや対策方法を詳しく解説

【初心者向け】オンページSEOとは?SEO対策との違いや対策方法を詳しく解説!

SEO対策における検索ボリュームの目安は?対策方法や調べ方を解説

SEO対策における検索ボリュームの目安は?対策方法や調べ方を解説

サイト内検索

目次に戻る

もっと効果的な集客施策
してみませんか?

Web戦略の情報を
定期的に受け取りたい方

取材・メディア掲載に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。