CM進行表とは?テレビCMの納品に必要な基本4点を解説

更新日: 公開日:
CM進行表とは?テレビCMの納品に必要な基本4点を解説

「CM進行表」とは、CM素材の情報やCMの放送スケジュールなどを詳細に記入したもので、テレビ局がCMを事故なくスムーズに放送するために必要な情報です。

CM進行表がどのように作成され、どういった場面で必要となるのか、CM制作のフローにのせて解説します。本記事を読むことで、CM放送までに準備しておく事柄やCM制作の全体像を把握することができます。

\テレビCMを成功させるために!資料ダウンロードはこちらから/

CM進行表とは

CM進行表とは、提供表示に関する情報やCM素材の情報(放送番組、放送日、時間枠、秒数など)を表にあらわしたものです。CM入稿の際に、CM映像の素材とセットでテレビ局に提出します。

CM進行表の種類

CM進行表には、放送したいCM枠の種類によって2つのタイプがあります。それぞれ見ていきましょう。

タイムCMに必要な「テレビ番組CM連絡票」

特定の番組のスポンサーとして、その番組のCM枠で放送する「タイムCM」の場合、「テレビ番組CM連絡表」を使用します。

CM進行表

画像引用:テレビCM素材搬入基準【2021年7月改訂版】

スポットCMに必要な「テレビスポットCMスケジュール表」

ステーションブレイク(番組と番組の間のCM枠)など、特定の番組に関係なく、テレビ局が指定した時間帯で放送するCMを「スポットCM」といいます。このスポットCMの場合は、「テレビスポットCMスケジュール表」を使用します。

CM進行表

画像引用:テレビCM素材搬入基準【2021年7月改訂版】

ほかにも、15秒CMを1本単位から放送できるSAS(スマート アド セールス)もありますが、いずれも記載する項目は素材内容、放送日時、秒数などが基本となります。

CM放送までのフロー

CM進行表がどの段階で必要となるのか、CM放送までのフローとともに見ていきましょう。

1 放送局やCM種類の検討

CM制作が決まったら、CMを流す放送局やCMの種類を検討します。CMの種類は、番組のスポンサーとして放送するタイムCM、番組に関係なく時間枠を指定して放送するスポットCM、放映日時や番組、本数を指定して放送するスマートアドセールスなどがあります。

2 業態審査

各放送局において、CM出稿が初めての企業を対象に、業種や商品、健全性などがテレビCMの放送基準に適しているかどうかを審査します。

3 CM放送枠の交渉・契約

CMの種類が決まったら、テレビ局と交渉し、CM契約を結びます。

スポットCMの場合、企業側が時間枠やGRP(視聴率)などの希望を伝えて、放送局がタイムスケジュールを元に放送日時や本数を提案します。その後、企業側がCM素材を割付けをします。割付けは、例えばA商品のCMは〇日に何本、B商品は〇日に何本放送したいなどの要望を出していくことです。双方が合意すれば契約成立、CM放送が決定します。

無事にCM契約を結んだら、CM素材の作成と並行してCM進行表の作成を進めていきます。

4 CM素材の作成

広告代理店と打ち合わせをしながら、どのようなCMを作るか企画を立て、内容をまとめます。広告主(自社)として、CMを作る目的や期待する効果などをできるだけ明確に伝えましょう。実際のCM制作は広告代理店を通じて制作会社に依頼します。

5 CM表現考査

仕上がったCM素材を再度、テレビ局の審査にかけます。CMは繰り返し放送されるという特性上、視聴者に大きな影響を与えます。そのため、CMの表現が放送倫理に反してはいないか、放送基準が守られているかなどを厳しくチェックし、テレビ局が放送してもよいと判断した場合のみ、CMを流すことができます。

6 入稿

CM表現考査をクリアしたらいよいよテレビ局にCMを入稿します。

入稿するものは主にCM進行表(スケジュール表)、CM素材、CM素材交換メタデータ、10桁CMコードです。

CMの入稿に必要な基本4点を解説

テレビ局にCMを入稿する際、CM素材も含め、少なくとも以下の4点を提出する必要があります。それぞれ解説します。

CM進行表

タイムCM用の「テレビ番組CM連絡表」、スポットCM用の「テレビスポットCMスケジュール表」など、CMの種類に応じたCM進行表をテレビ局に提出します。

素材データ(CM映像)

CMの素材データはXDCAM形式のデータをメディア(XDCAM用プロフェッショナルディスクなど)、またはオンラインでテレビ局に入稿します。映像データと併せてCM素材に関するデータ(CM素材交換メタデータ)を添付します。

なお、以前は一般的だったHDCAM形式のカセットテープによる入稿は、2021年3月をもって終了しているので注意しましょう。

CM素材交換メタデータ

素材データには併せて「CM素材交換メタデータ」というデータファイルを同梱する必要があります。CM素材交換メタデータとは、CM素材に関わる詳細な情報(スポンサー名・素材名・素材秒数など)をXML形式で示したもので、テレビ局がCMをスムーズに管理するために必要なデータです。

なお、スポンサー名・素材名・素材秒数などのCM素材に関する情報は、CM素材交換メタデータ以外でも表示する必要があります。CM映像の冒頭にクレジット表記させたり、メディア媒体で入稿する場合は媒体やケースにシールで貼るなど、入稿に当たって細かい規定があります。

10桁CMコード

4桁の広告事業者コードと6桁の素材コードで構成された「10桁CMコード」は、テレビCMを放映するまでのステップにおいて、確認用のIDとして利用されます。10桁CMコードがなければ、CM放送をすることができないほど重要なコードとなります。

CM進行表、CM素材、メタデータなど提出するものすべてにこの10桁CMコードが必要となるので、早めに申請して取得しておきましょう。

CM制作は大変?企業側がすべきこと

CM制作は進行表の作成から放送枠の交渉、素材制作、納品に至るまで、やることが多く、細かな規定もたくさんあります。

しかし、通常は企業(広告主)とテレビ局は直接やり取りすることはなく、広告代理店が仲介することになっています。つまり、広告代理店が企業に代わってCM枠の交渉から各種申請、制作から納品まで一手に担うので、企業として動くことは実はほとんどありません。それだけに、広告代理店がテレビCMの成功を左右するといっても過言ではなく、広告代理店選びこそ、企業がもっとも注力すべきことでもあるのです。

なお、ナイルでは大手広告代理店と提携し、テレビCM支援を行っています。効果が出ないCMを出稿し続けることがないように、ナイルが広告代理店との交渉をお手伝いさせていただきます。ぜひお気軽にご相談ください。

また、テレビCMを成功させるためのポイント5選をまとめた資料もご用意しております。

  • ポイント1.商品の便益
  • ポイント2.GRPの単価
  • ポイント3.線引き
  • ポイント4.クリエイティブ
  • ポイント5.代理店交渉

具体的な内容については、ダウンロードの上、ご確認ください。

関連記事

運用型テレビCM

運用型テレビCMとは?広告の種類とともにわかりやすく解説

テレビ局 広告代理店 CM制作会社の違い

テレビ局、広告代理店、CM制作会社の違いは?それぞれの役割を解説

セグメントって何?アクセス解析で発見を得るための基本的な考え方と設定方法

新着記事

本日のSEOニュース(2021年11月24日収集分)

noindexとcanonicalの併用に関して

本日のSEOニュース(2021年11月18日収集分)

コアアップデート実施(November 2021 Core Update)

オウンドメディア 企画書

オウンドメディアの企画書を通すには?社内プレゼンのポイントを解説

サイト内検索