サイトマップとは?SEO効果、XMLサイトマップの作成方法を解説!

サイトマップには2種類あります。HTMLサイトマップとXMLサイトマップです。

前者は、サイトを訪れたユーザー向けに設置されるサイトマップで、ユーザーがサイトを見るときの参考にします。後者は、ユーザーの目には触れない場所に設置される検索エンジンのクローラー向けのサイトマップです。

サイトマップとは

サイトマップとは、サイトの構造をわかりやすく整理して一覧にしたものを指します。HTMLサイトマップとXMLサイトマップがあり、それぞれ役割が異なります。

HTMLサイトマップとは

HTMLサイトマップはサイトを訪問したユーザーに見せるためのサイトマップです。サイトのページ数が増えて構造が複雑になっていくと、検索で訪れてきたユーザーにとってサイトが使いにくいものになってしまう恐れがあります。そこでサイト全体を俯瞰し、どのページにどんな情報があるのかをわかりやすく示すのがHTMLサイトマップの役割なのです。

HTMLサイトマップ用に1ページ用意してもいいですし、すべてのページに共通する下部のフッター部分に記述するのもいいでしょう。HTMLサイトマップは手動で設置することもできますし、Wordpressの場合は、「PS Auto Sitemap」というプラグインで簡単に設置することもできます。

XMLサイトマップとは

XMLサイトマップとは、ユーザーではなく検索エンジンのクローラーにサイトの構造を伝えるためのサイトマップです。サーバのトップディレクトリにファイルを入れておくと、クローラーが読み取ってサイトの構造を正確に把握し、ページをインデックスします。

また、どこからもリンクしていないページがある場合はそのページの情報もXMLサイトマップに記述しておくことで、クローラーがインデックスする手助けになります。

サイトマップのSEO効果

サイトマップにはSEO効果があるのでしょうか。結論からいえば、SEOの観点からサイトマップを設置することは非常に重要であるといえます。特にXMLサイトマップは必ず設置すべきサイトマップです。

サイトマップは2種類あり、役割が検索エンジン向けとユーザー向けとで異なる

HTMLサイトマップの効果

HTMLサイトマップは自社サイト内へリンクを貼り、ページ同士の関係性を高めることでSEO的な効果も期待できますが、最大の目的はユーザーがサイト内で迷子にならず探しているページにたどり着きやすくするためのサポートです。

XMLサイトマップは、SEOの観点から必須といえるほど重要な施策です。

SEOでは検索順位を上げることが目的ですが、順位以前にGoogleのクローラーにインデックスされなければそもそも検索結果に表示すらされません。クロールされることでインデックスされ、インデックスされることで検索結果に初めて記事が表示されるのです。クローラーにページがインデックスされるためには、クローラーの「道」を作ってあげることが重要です。この道が「XMLサイトマップ」なのです。

XMLサイトマップはSEOにおいて非常に重要

XMLサイトマップを設置することで、サイト内からリンクされていない、あるいはリンクが少ないページなど、クローラーが気づきにくいページもインデックスさせることができます。せっかく良質なコンテンツを作成しても、クローラーに存在を伝えられなければ意味がありません。XMLサイトマップは必ず設置して、速やかにインデックスされるよう心がけましょう。

現実社会でも「良いものは何もしなくても勝手に売れる」ということはありません。どうにかして商品をユーザーに見えるところに届けて、初めて認識され売上につながります。XMLサイトマップは、いわば検索エンジンというメディアで自社商品を宣伝するための提案書や企画書なのです。

XMLサイトマップの記述方法

XMLサイトマップの記述方法の詳細について解説していきます。

サンプル

<?xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″?>
<urlset xmlns=”http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9″>
<url>
<loc>http://www.example.com/
<lastmod>2014-01-01</lastmod>
<changefreq>monthly</changefreq>
<priority>1.0</priority>
</url>
<url>
<loc>http://www.example.com/contents/
<lastmod>2014-01-01</lastmod>
<changefreq>monthly</changefreq>
<priority>0.5</priority>
</url>
<url>
<loc>http://www.example.com/contents/0001/
<lastmod>2014-01-01</lastmod>
<changefreq>weekly</changefreq>
<priority>0.5</priority>
</url>
</urlset>

各タグの説明

<?xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″?> 

⇒文字コード宣言です。UTF-8コードで作成します。

<urlset xmlns=”http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9″>

⇒ネームスペース宣言 です。最新バージョンの0.9を記述します。

<url>

⇒<url> から<url>の間に個々のURL情報を記述します。

<loc>

⇒URLをフルパスで記述します。

<lastmod>

⇒ファイルやソースの最終更新日を記述します。
 時刻の部分を省略して YYYY-MM-DD の形式で記述します。
 ※省略可

<changefreq>

⇒更新頻度を記述します。
 値はalways / hourly / daily / weekly / monthly / yearly / neverから選択します。
 記述した更新頻度以外でもクロールされることもあります。
 ※省略可

<priority>

⇒Webサイト内の全URLを比較した際の優先順位を記述します。
 0.0~1.0の値内で設定します。
 例)第一階層1.0、第二階層0.8、第三階層0.5
 ※省略可

複数のXMLサイトマップを準備する場合

1つのXMLサイトマップファイルに記述できるURLは50,000 URLまでで、ファイルサイズは10MB(10,485,760 バイト) 以下とする必要があります。

※gzip 形式で10MB以下に圧縮することも可

上記の条件を超える場合は、複数のXMLサイトマップに分割し、分割したXMLサイトマップをまとめるインデックスファイルを作成します。

インデックスファイルの記述方法はXMLサイトマップと大きく変わりません。

サンプル

<?xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″?>
<sitemapindex xmlns=”http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9″>
<sitemap>
<loc>http://www.example.com/sitemap1.xml.gz
<lastmod>20141-01</lastmod>
</sitemap>
<sitemap>
<loc>http://www.example.com/sitemap2.xml.gz
<lastmod>20141-01</lastmod>
</sitemap>
</sitemapindex>

記述方法の説明

<sitemapindex>

⇒<sitemapindex>~/sitemapindex> タグの間に分割したXMLサイトマップを記述します。

<sitemap>

⇒<sitemap> の間に個々のXMLサイトマップのURL情報を記述します。

<loc>

⇒XMLサイトマップURLをフルパスで記述します。

<lastmod>

⇒ファイルの最終更新日を記述します。
 時刻の部分を省略して YYYY-MM-DD の形式で記述します。

サーバへのアップロード

ここまで作成できたら、ファイルをサーバにアップロードします。ファイル名、設置場所は任意で設定できますが多くのサイトでは下記のように設定されています。

  • XMLサイトマップ(1つの場合)はhttp://example.com/sitemap.xml
  • 複数のXMLサイトマップはhttp://example.com/catalog/sitemap_index.xml

Google ウェブマスターツールへの登録

サーバへのアップロードが完了したら最後の作業です。Google ウェブマスターツールにXMLサイトマップを設置したURLを登録し、検索エンジンに通知します。

登録するとXMLサイトマップに記述したURLが順次インデックスされていきますが、検索エンジンに送信したURLが必ず登録されるわけではありません。原因はさまざまですが、URLが異なる重複コンテンツがある場合などは送信したURL数に対して、インデックスに登録済みになるURL数が少ない状況が発生します。

そのような場合は、サイト内のコンテンツを検索エンジンが評価しづらい状況となっている可能性があるためSEO施策を元にサイト全体の見直しを実施することをお勧めします。

Webサイトの運用・集客でお困りではありませんか?

デジタルマーケティング全般についてのご相談はこちら

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら