Googleタグマネージャとは

Googleタグマネージャとは

Googleタグマネージャとは、Googleが提供する、Webサイトやモバイルアプリなどに含まれている「タグ」(トラッキングコードや関連するコードの抜粋)を簡単に更新することができるタグ管理システムとなっています。

Googleタグマネージャとは

Googleタグマネージャの導入方法

Googleタグマネージャは次のような手順で誰でも無料で導入することが可能です。(1)アカウントの設定→(2)コンテナの設定→(3)タグの設定→(4)タグの公開の手続きを終えれば、正常にGoogleタグマネージャが機能するようになります。

アカウントの設定

Googleタグマネージャを利用するためには、Googleのアカウントが必要となります。そのため、まずはGoogleアカウントの設定をしましょう。その上で、Googleタグマネージャの公式サイトの画面、右上にある“Sign in for Tag Manager”を選択して、Googleタグマネージャのアカウントの設定を行います。

Googleタグマネージャ アカウントの設定方法

コンテナの設定

アカウントの設定を終えたら、次に行わなければならないのがコンテナの設定です。コンテナは、Googleタグマネージャでタグを管理するための箱です。コンテナを設置すれば、そのコンテナでタグを自由に出し入れすることができるようになります。

Googleタグマネージャ コンテナの設定方法

タグの設定

コンテナの設定を終えたら、タグを取得してページに埋め込んでいきます。前の手順で利用規約が出てくるので、右上にある「はい」を選択すると、Googleタグマネージャ共通のタグが表示されるので、このタグをコピーした上で、指示の通りにサイトへと実装していきます。

Googleタグマネージャ タグの設定方法

タグの公開

最後に、タグが正しく設定されているかを確認します。画面右上の「プレビュー」を選択すれば、プレビューモードとなり、画面中央にオレンジの枠が表示されることになります。きちんと立ち上がれば、正しくタグが設定されていることになります。

Googleタグマネージャ導入のメリット

Googleタグマネージャ導入のメリットとしては、(1)様々なタグを一元管理できる点、(2)バージョン管理ができる点、(3)テスト確認ができる点、を挙げることができます。以下では、それぞれ3つのメリットについて説明していきます。

様々なタグを一元管理できる

一般に、タグが増えてきてしまうと、どのタグがどのウェブページに埋め込まれているのかがわからなくなってしまいがちです。その結果、タグの設置漏れなどが生じてしまうことがあります。Googleタグマネージャを使っていれば、すべてのページにタグを一気に設置することができたり、どのタグをどのページに埋め込んでいるのかもわかりやすくなっています。

バージョン管理ができる点

Googleタグマネージャを使えば、いつウェブページが更新されたか、何番目に公開された記事かなどを確認することができます。この機能があれば、公開中のバージョンの記事に問題が生じた場合でも、トラブルの前の状態戻すこともできるようになります。変更を加えると、自動的に新しいバージョンが作成され、途中で編集を止めても続きから編集作業を行うことも可能です。

テスト確認ができる点

Googleタグマネージャには、設定内容の動作確認ができる機能としてプレビューモードが搭載されています。プレビューモードで実際にページ設定内容が正しいかどうかを確認することができるので、ミスなく確実にウェブページなどの更新ができます。

まとめ

Googleタグマネージャとは、Googleが提供しているタグを一元的に管理するためのツールです。タグには様々な種類のものがありますが、Googleタグマネージャであれば、色々な種類のタグを一元的に関することができるので非常に便利です。

関連記事

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

  • 資料ダウンロード

    会社紹介資料・事例集からSEOのお役立ち資料まで無料でダウンロードできます。

  • メルマガ登録

    SEO・コンテンツマーケティングを中心にWeb戦略に役立つ情報を週一でお届けします。

×