グローバルナビゲーションとは

SEOで使われる用語 「グローバルナビゲーション」 について解説しています。

意味:グローバルナビゲーションとは

グローバルナビゲーションとは、Webサイトの全てのページに共通して設置された案内リンクを指します。会社概要やサービス紹介などWebサイト内の主要なページに対してリンクされ、Webサイト内のショートカット機能として活用することが一般的です。

グローバルナビゲーションの役割

ユーザーを目的のコンテンツページへ導くだけではなく、サイト全体のコンテンツ構成を分かりやすくすることや、ユーザーがWebサイトの中のどのコンテンツページを閲覧中であるかを伝える役割もあります。
※検索エンジンからWebサイトの末端ページに訪れたユーザーにとってもサイト全体のコンテンツが見渡せるような内容でメニューの設置が望ましいでしょう。

グローバルナビゲーション(グローバルメニューともいいます)は、全ページに共通して設置されるため、TOPページの次にサイト内からリンクを集めることができますので、検索エンジンに”主要なコンテンツはこれです!”と伝えることもできます。
また、主要コンテンツ以下のコンテンツ内容を分かりやすく伝えることもできる重要な役割を果たします。

グローバルナビゲーションに設置するメニュー(コンテンツ)は十分に情報を整理し、検討した上で設置することをお勧めします。

「マジックナンバー 7プラスマイナス2」の法則

心理学者のジョージ・A・ミラー氏が提唱する、人間が一度に記憶できる要素(言葉)の数についての概念です。最大で7つ程度までの要素なら、人間はスムーズに把握して識別できるという考え方です。

この考え方に即して言えば、普段見慣れない要素(言葉)の場合は7つ以下の認識しかできないので、グローバルナビゲーションに設置するメニューは7つ以下に抑えることが推奨されています。

グローバルナビゲーションの例

例として、要素(言葉)が7つ程度のときと5つ程度のときのグローバルメニューを示します。覚えやすいグローバルメニューはもしかしたらこの法則に沿って作られているかもしれません。

ナビゲーションの要素(言葉)が分かりやすい場合は7つ程度のナビゲーション

例)北海道/東北/関東/甲信越・北陸/東海/関西/中国・四国/九州・沖縄

要素が7つのときのグローバルナビゲーション例

ナビゲーションの要素(言葉)が分かりづらい場合は5つ程度のナビゲーション

例)企業固有商材名/企業固有商材名/企業固有商材名/企業固有商材名/企業固有商材名

要素が5つのときのグローバルナビゲーション例

これだという正解があるわけではありませんが、基本的なWeb上の重要な情報設計項目の一つですので、こうしたことを意識して作ってみて頂ければと思います。

少人数でSEO業務を担当されている方へ

社内外の関係者へ報告するためのレポート作成業務や日々の状況把握に追われ、施策の実行がおろそかになってにいませんか?Refractなら1つの画面で重要なデータを全て把握でき、その上ワンクリックで詳細なレポートを作成することが可能です。

SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中!

ワンクリックでレポート作成可能。SEOレポーティングツール「Refract」無料トライアル実施中、15日間無料でお使い頂けます。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ(無料)

0120-304-864
受付時間:平日 10:00~18:30

フォームでのお問い合わせ

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×