CTA(Call To Action)とは

意味:CTAとは

CTAとは「Call to Action」の略で一般的に「行動喚起」と訳され、Webサイトに訪れたユーザーの行動を誘導することや、行動を喚起するためのテキスト・画像・ボタンなどを意味します。下記の画像の赤枠の部分がCTAの一例になります。

FireShot Capture 310 - 無題のプレゼンテーション - Google スライド_ - https___docs.google.com_presentati

CTAの改善の重要性

サイトに訪れるユーザーは意図が一様ではありません。例えば、SEO HACKSではナイルのサービス内容を知ろうと訪れたユーザーや、SEOの用語を調べようと思い検索結果から用語集のページを訪れるユーザーなど様々です。これらの意図や訪れたページが異なるユーザーに対して、それぞれに応じたCTAを用意することがサイト全体でコンバージョンを増加させる重要な要因になります。

CTAを考える上でのポイント

CTAは商品購入、資料請求、会員登録などの、支払いやユーザーの情報の記入などの行動を喚起したい時に設置される場合が主なケースです。

また、ページのヘッダーやコンテンツの末尾などページ内の目立つ場所に設置する場合が多いです。そして、設置場所だけなく、ユーザーの行動を促すような適切な文言であることも大きくコンバージョンに影響します。

まとめ

・CTAはWebサイトに訪れたユーザーの行動を誘導することや、行動を喚起するためのテキスト、画像、ボタンなどを意味する

・ユーザーのニーズとページに応じたCTAを設置することがコンバージョンの増加につながる

・CTAはページの目立つ場所に設置し、ユーザーの行動を促すような文言を使用するとよい

関連記事

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

初級者から上級者まで幅広くコンテンツマーケティングの知識を学べるセミナーもございます

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

SEOやコンテンツマーケティングに
ご関心のある方はぜひご利用ください。

×