特定キーワードでの上位表示の難易度を左右する要因

更新日: 公開日:

適切なキーワード配置や外部リンク集めだけで上位表示が実現するわけではありません。検索キーワードの種類、サイトとの関連性の高さや競合の多さなどにより、難易度が変わります。

この記事ではキーワードの上位表示の難易度を決める要因を説明します。

SEO対策の全体像、検索エンジンの仕組みをより詳しく学びたい方はこちらの記事もご覧ください。
SEOとは?SEO対策を検索エンジンの仕組みと絡めて技術要件、コンテンツ制作など詳しく解説

同じキーワードで対策するサイトがどれだけあるか

まず、競合サイトが多ければ多いほど、上位表示の難易度はその分高くなります。 例えば検索回数が多いキーワードは、上位表示後のアクセス増が多く見込めるため、より多くのウェブサイトがSEOの対策キーワードとして上位を狙う傾向があります。

また、そうした人気のキーワードとの掛け合わせで対策されることの多い複合キーワード(例:「FX」と「FX 口座開設」「FX 比較」など)についても、合わせて多くの競合サイトに対策されやすいキーワードと言えます。

ですので必ずしも、検索回数の多さと競合サイトの多さが比例するわけではありません。

従ってキーワードの選定を誤れば、上位表示後のリターンがそこまで多く見込めないキーワードに対して、多大なコストや労力をかけて上位表示対策を行うことになりかねませんので、そうした意味でもメインとする対策キーワードの選定は入念に検討する必要があると言えます。

どのような目的で検索されるキーワードであるか

ユーザーが検索するという行為は、ほとんどの場合、ユーザーが何かしらの目的や意図を持っている前提で発生するものです。それに対して、検索エンジンが単純な「文字列」というくくりで全ての情報を処理していたのでは、適切な検索結果を提示することは困難です。

例えば・・・・

例1:「オフィス用品」と検索するユーザーの大半は「買う」ことを前提に情報を探していると考えられます。
オフィス用品

例2:「Excel IF 関数」と検索するユーザーの大半は「やり方」を知る目的での検索だと考えられます。
Excel IF 関数

例3:シーズン中に「プロ野球」と検索するユーザーは、最新の試合結果を確認したいのかもしれません。
プロ野球

ユーザーが検索する言葉やその環境によって、おおよそどのような情報が検索上位に表示されることが好ましいか、は想像しやすいと思います。ですので、例えば「オフィス用品」という検索に対して、「オフィス用品業界の発展の歴史」というウェブサイトが1 位に安定表示されることはあまり考えにくいと思います。

このように検索キーワードには意味があり、それを踏まえた上で対策するキーワードを検討する必要があります。

コンテンツと検索キーワードとの関連性はとても重要

検索エンジンには、上述した通り「この検索を行うユーザーが求めているのはどのような情報か」ということの理解・解釈をするための仕組みがあります。

従って、検索キーワードに見合うと判断されるようなコンテンツをそもそも有していない場合、有していたとしても該当するコンテンツが極端に乏しい場合など、例え同じキーワードでの競合サイトが少なかったとしても、そのままでは上位表示が非常に困難な場合があります。

また、曖昧な言葉の検索であったり、同じ言葉で複数の意味を持つようなキーワードでの検索(例:「ワンピース」「マック」など)の場合、検索エンジンがキーワードをどのように解釈するかによってランキングが大きく左右される場合もありますので、対策キーワードを検討される際には、少なくとも実際の検索結果での上位サイトの傾向を把握しておくこともとても重要です。

以上のように、基本的なキーワード最適化手法だけではなく、その他様々な要因において総合的に高い評価をされて初めて安定した上位表示が実現されます。

ナイル流SEO資料の
ダウンロード

Download

弊社では1,500社を超える企業のコンサルティング経験から、事業成果に結びつくSEO支援が可能です。本資料では、弊社のご紹介と合わせナイル流SEOの考え方、プロジェクトの進め方を余すところなく公開いたしました。本資料が貴社のSEO推進において、お役に立てましたら幸いです。

スライドサンプル スライドサンプル3 スライドサンプル スライドサンプル

以下の項目をご入力の上、
送信してください。

関連キーワード

サイト内検索

SEO・サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら